KANSAI UNIVERSITY

DSプログラム

DSプログラム

データサイエンス

 多くの実務家が認めるように、企業の内外で生まれる膨大なデータを、いかに適切に収集、管理しビジネスにかつようするかという課題が企業の重要な関心ごとの一つである。そこで膨大なデータ、いわゆるビッグデータから新しい価値を創り出す上で欠かせない存在、それがデータサイエンティストである。

 データサイエンティストとは、高度な情報通信技術を用い、企業内外に蓄積されている膨大なデータを活用して新しい価値を創出することができる人材である。そのため、高度な統計分析をはじめとするデータ分析の知識やスキルはもちろんのこと、業務オペレーションや企画開発といったビジネスに関する全般的な知識も必要とされる。企業にとって、ビッグデータの活用がビジネスチャンスをもたらし、競争優位性を確立しつつある時代、山のようなデータから新しい価値を発掘するデータサイエンティストの役割は大きく、その需要はIT業界、医療業界、流通業界など多様な業界において存在する。

DSプログラムの目的

 このプログラムの目的は、高度な情報通信技術を用い、企業内外に蓄積されている膨大なデータを活用して新しい価値を創り出すことができる人材、データサイエンティストを育成することである。データサイエンティストは、業務知識を含むデータに関する深い知見を持ち、データハンドリングやデータ分析に関する情報処理スキルを体得し、仮説提示や企画立案をコミュニケーションを通じて行える人材である。

 本プログラムでは、ビッグデータのビジネス活用に向けた一連のスキル習得に焦点を当てており、こうしたビジネスに関連する様々なデータを科学的に解析することができる人材を育成するため、統計数理、計算機科学、意志決定科学といった領域の学際的かつ文理融合の教育体制を提供する。

 今後、ビッグデータの活用が企業に定着していく中、このプログラムから輩出する人材の幅広い領域での活躍が期待できる。

独自のカリキュラムで、専門性を磨く

 ビジネスに関連する様々なデータを科学的に解析できる人材の育成を目指している。 そのためビッグデータのビジネス活用に向けた一連のスキル修得に焦点を当て、 データ科学、計算機科学、意思決定科学といった領域の学際的かつ文理融合のカリキュラムを提供している。

 今後、ビッグデータの活用が企業に定着していく中、 このプログラムから輩出された人材の幅広い領域での活躍が期待される。

履修モデルのイメージ

 入学者はまず1年目にベーシックおよびメソッド科目を中心に基礎から学習する。 2年目はプログラムの集大成として課題研究を行う。終了必要単位を満たした場合、「データサイエンティスト育成プログラム修了証」を授与する。

DSプログラムの詳細

  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
Back to Top