KANSAI UNIVERSITY

めざせ公認会計士

合格者からのメッセージ

花枝 朋弥さん
商学部3年次合格

人生の選択肢の一つとして会計士を考えてみては。

 公認会計士という資格の存在を知っていましたか?大半の人が大学に入学してから知ったかと思います。そんな状況では、公認会計士は国家三大資格の一つであり、社会的地位が高い資格だ、と会計士の魅力を言われても目指そうとすることに敷居の高さを感じてしまいます。しかし、私は会計士という資格に距離を置かず、人生の選択肢の一つとして考えてもらいたいと思っています。
 まずは、就職活動でも重視される日商簿記検定3級から始めてください。そして次に、2級を目指してください。基本的には会計士試験も3級、2級の流れと同様で、一つひとつの論点を着実に積み重ねていけば、合格できる資格です。単に論点の範囲が広がり、組み合わさって出題されるだけにすぎません。このように考えれば、会計士という資格に敷居の高さを感じなくなると思います。
 最後に、会計士を目指すきっかけは何でもよいと思います。事実、私は会計士の年収の高さが会計士を目指すきっかけでしたが、後悔していません。人生の選択肢の一つとして会計士を考えてみようと思う人が1人でも増えれば幸いです。

川口 達也さん
商学部3年次合格

部活をするつもりで、公認会計士試験に挑戦することを決めました。

 大学生になってすぐ、公認会計士についてお話を聞く機会がありました。将来に対して漠然とした不安を持っていた私は、「安定」、「高所得」という言葉に惹かれ、公認会計士という資格に興味を持ちました。それから、日商簿記検定3、2級を勉強して行く中で、簿記が自分に向いているのではないかと思いました。それでも、公認会計士が難関の国家試験資格であることから、自分が合格する姿を全く想像できませんでした。また、大学卒業後に友人が働いている中、受験勉強するのは自分には無理だと思いました。そこで、大学3年次で合格できなかったら、公認会計士を諦めればいいと、部活をするつもりで、公認会計士試験に挑戦することを決めました。
 私は、これまで、挑戦する前に考えすぎて挑戦せずに諦めることが多くありました。しかし、今回の経験を通して、挑戦することの大切さを学びました。何かを始めるときは、少し楽観的に考えてみてもよいのかなと思いました。
 皆さんも大学生の間に何かに挑戦しようと考えていると思います。その選択肢の一つとして公認会計士があると嬉しいです。

末吉 加奈さん

公認会計士試験は努力が報われる試験なので、短期合格が可能です。

 大学1年次の時、エクステンション・リードセンターに通い、日商簿記2級に合格しました。その時の友人が公認会計士試験に在学中合格し、「自分も頑張れば合格できるかも」と思ったことが公認会計士を目指すきっかけとなりました。
 関西大学商学部は、受験勉強に専念できるような環境が充実しており、公認会計士を目指す人が数多くいます。予備校に通うと、同じ目標に向けて頑張っている他大学や他学部の受験仲間と知り合うこともでき、共に困難を乗り越えた友人は一生の宝物となります。
 約2年の試験勉強を通じて、自分の限界に常に挑戦すること、地道にコツコツ頑張ることの重要性を学びました。公認会計士試験は努力が報われる試験なので、商学部生が真面目に頑張れば短期合格が可能です。若いうちからいっぱい勉強して自分に投資しておけば、自信にもなり、また、将来の所得も跳ね上がります。
 まずは、エクステンション・リードセンターなどの専門学校に通い、日商簿記2級に挑戦してください。もし合格できたら会計センスがあると思うので、公認会計士試験に挑戦してはいかがでしょうか?

奥田 瑛子さん
研究科1年次合格

根気よく続けていると、少しずつ点数につながっていきました。

 5年前の商学部入学式ガイダンスで公認会計士に興味を持ったものの、膨大な勉強量に躊躇していました。1年次の間は、できるだけ多くの単位取得の側ら、BestA(商学部留学プログラム)やサークル活動を楽しみましたが、自分の夢に向かって努力する幼なじみの姿に感銘を受け「私も夢を実現する!」と覚悟を決め、2年次から公認会計士の勉強を始めました。
 はじめは勉強しても全く点数が取れず、情けなくて泣きながら答案練習を受けていましたが、根気よく続けていると、少しずつ点数につながっていきました。量より質と言う先輩もいましたが、私は要領が悪く、質を量でカバーしていたタイプでした。その後、4年次に短答式試験、大学院1年次に論文式試験に合格しました。合格発表の約2週間後には監査法人から内定をいただきました。
 大学初年度から公認会計士を目指すと、大学生活の大半は受験勉強に費やすことになる懸念があると思いますが、私は、1年次は様々な経験をしましたし、今年の大学院2年次在学中には、前回より長めの留学や多様な活動に取り組む予定です。
 どうぞ皆さんも、学生の間でしかできないことに精一杯チャレンジしてください。

山名 基さん
商学部3年次合格

全員が横並びでのスタートで、今からの努力が合格につながります。

 公認会計士試験は勉強すれば合格でき、合格すれば監査法人への就職に直結する、努力が報われる試験です。
 自分が合格できるのか、という不安は誰にでもあると思います。私自身、簿記3級も持っていないところから大学内のエクステンション・リードセンターで公認会計士講座を受講しました。当初は授業についていくのがやっとで、入門答練(単元毎の確認テスト)や模試の点数は悪く、「自分は大学在学中に合格することができるのか」、「どこかで公認会計士を諦める決断をしなくてはいけないのではないか」と不安に思うこともありました。
 しかしながら、大学入学前に公認会計士試験の勉強を始める人はほとんどいません。全員が横並びでのスタートで、今からの努力が合格につながります。そして、公認会計士という資格には、相当の努力をしてでも合格する価値があると私は感じています。また、関西大学では資格取得による単位認定制度や簿記コンテストの開催など、公認会計士を目指す環境が十分に整っています。
 公認会計士の資格、仕事に興味があれば、ぜひ公認会計士講座のガイダンスや監査法人オフィスツアーへ足を運んでみてください。パンフレットだけでは感じられないことがきっとあると思います。

角 和さん
商学部3年次合格

商学部が開催している簿記コンテストに入賞すると、奨励金を頂くことができます。

 公認会計士を目指そうとすると、大学との両立の面等で不安を感じるかもしれません。しかし、関西大学商学部の会計士受験生に対する支援は非常に手厚く、そのような不安は無用です。私はそれらの支援の中でも大きな物を3つご紹介しようと思います。
 まず短答式試験に合格すると、単位認定ができます。これにより、会計士の勉強に費やした時間が単位となってフィードバックされるため、その分試験勉強に集中することができます。
 次に、ALSP という制度です。この制度の下では、授業が会計士試験に直結するような内容であるため、大学の単位を取得しつつ、試験勉強にも繋がり、一石二鳥です。
 最後に、会計士の勉強をしていると、日商簿記1級など、会計士試験以外での結果を残すことにも繋がります。中でも、商学部が開催している簿記コンテストに入賞すると、奨励金を頂くことができます。私もそこで入賞をして奨励金を頂いたのですが、それがより一層、試験勉強に励むための後押しとなりました。
 これらは全て、関西大学独自のもので、他大学にはありません。このような話をすると、他大学の会計士受験生からは羨ましがられることが多かったです。せっかく関大生になったのであれば、これらの支援を活かして、公認会計士を目指してみませんか?

尾崎 ゆりさん

興味とチャレンジ精神さえあれば、会計士への道は近いです!

 公認会計士は専門知識をもったプロであること。女性も働きやすい環境であること。多種多様な業種の企業をみることができること。これらに単純にカッコイイなと思ったことが、私が公認会計士を目指した理由でした。もともとチャレンジ精神が強く、ポジティブな私にとっては、私でも目指すことができるんだ!会計士になれる可能性があるんだ!とワクワクしたことを思い出します。
 いざ試験勉強を始めたのは3年次生になった時でした。苦手な勉強に、難しい内容に、始めは苦戦しました。大学の友人たちは就活をし始め、取り残されているような不安な気持ちにもなりました。しかし、予備校で同じように会計士を目指す新しい友達ができた途端に不安は一気に解消され、切磋琢磨しつつ勉強に取り組むことができました。そうしてコツコツ勉強を積み重ねた結果、無事に合格することができました。
 少しでも会計士に魅力を感じるのであれば、ぜひこの機会に挑戦してみてください!興味とチャレンジ精神さえあれば、会計士への道は近いです!

片山 大暉さん

こんな人間でも勉強すれば合格できるんです。

 実は、あなたも会計士試験に合格できるんですよ。そんな訳ないだろう、と思う方そんな訳あるんです。私は高校で留年して、さらに浪人して大学に入学しています。こんな人間でも勉強すれば合格できるんです。どうでしょうか、合格する気がしてきたんじゃないでしょうか。では、ここまで読んで、受験してみようという意思が湧いた方の参考に、気になる方も多いと思う勉強量について書いておきます。さすがに毎日2、3時間ぐらいでは合格は困難です。逆に、毎日10時間ほど勉強が必要かというと、ここまで勉強がいるのは上位合格者、超短期での合格者、あとは勉強の下手な合格者くらいでしょう。実際、私の場合は時折、勉強時間を計って見た時は、約6時間でした。また気晴らしするのも大事ですから、週末は友人と遊んで気晴らしすべきでしょう。ただメリハリはつけるべきで、私のように平日まで遊びに行きだすと短答3回、論文2回という長期戦になるので、気をつけてください。皆さんが、「実は、私も会計士試験に合格したんですよ」と言える日が来るのを楽しみにしてます。

斎藤功一さん
商学部3年次合格

始めてみれば気持ちを後押ししてくれる瞬間はきっとあります

 公認会計士は弁護士、医師と並ぶ日本の三大難解国家資格と呼ばれています。難解度の高い資格試験ですが、難解資格の中では比較的短期で取得することが可能な資格です。大学に入るまで簿記の知識が全く無かった私も、1年次生から勉強を始めて3年次生の夏に合格することができました。関西大学では、資格取得をサポートする「エクステンションリードセンター」というものがあり、簿記の3級講座、2級講座、公認会計士入門講座と初学者でもスムーズに公認会計士試験の受験勉強できるような講座が用意されています。商学部ではその他にも優秀者に奨学金が与えられる「簿記コンテスト」や、日商簿記検定や公認会計士試験に合格した場合に大学の単位が免除される「学外資格等単位認定制度」など、公認会計士試験の受験生をサポートする制度が数多くあります。このように、関西大学は公認会計士試験の合格者を輩出することに力を入れており、その成果もあって毎年多くの合格者が出ています。商学部に入学された皆さん、是非公認会計士を目指してみませんか。

谷上耕史郎
商学部3年次合格

受験勉強仲間は、人生の中で受験勉強期間を意義のあるものにします

 私からこれから公認会計士試験の勉強をはじめようと考えている方へのメッセージとしましては、受験勉強仲間を大切にすることをおすすめします。
 受験勉強されている先輩方は、合格された方から試験自体のアドバイスや科目ごとのアドバイスなどを受けていたりしているため、戦略的な勉強方法や勉強計画を知っています。そのような先輩から直接、あるいは同期の友達から間接的に受けるアドバイスは受験勉強をするうえで非常に為になるものです。
 また、競争しあえる良き仲間、自分が辛いとき手を差し伸べてくれたり笑かしてくれたりする仲間がいることは長期戦になる公認会計士試験において強力な武器となります。
 私は、高校は推薦入試、大学はAO入試で入学しており人生の中で一度も本気で勉強したこともなければ学校の宿題すら家でやることも滅多にありませんでした。そんな私が難解と言われる試験に合格できたのは、仲間がいたからだと強く思います。 受験勉強仲間は、あなたの人生の中で受験勉強期間を意義のあるものにしてくれるでしょう。

坂本亮介さん
商学部4年次合格

公認会計士試験受験生をサポートする制度が数多くあります。

 私は将来、専門知識を活かして社会に貢献できる職業に就きたいと思っていました。大学で会計士の存在を知り、この職業ならそれが実現できると思い、まずは簿記の勉強を進めました。
 2級の学習を終え、リードセンターの入門講座で会計士の勉強を始めましたが、私はこのような高度な試験に挑戦したことは無く、最初のうちは勉強のリズムが掴めませんでした。また、専門知識で社会貢献できる職業は他にもありますから、本当に会計士なのかと勉強に身が入らないこともありました。
 私が本気になったのは、監査法人のインターンに参加したときです。監査法人は、企業の重役の方が訪問されていることを考慮して、一流のオフィスビルにあります。私が参加したインターンでは、担当は全員関大出身の方でとても親切でした。私もこの場所でこのような方々と働きたいと思いました。
 会計士試験は始めるのにハードルの高さを感じるかもしれません。しかし、始めてみれば気持ちを後押ししてくれる瞬間はきっとあります。迷っている方には入門講座や監査法人のインターンはおすすめです!

田中賢也さん
商学部4年次合格

エクステンション・リードセンターは私のアドバンテージとなりました。

 関西大学に入学してすぐに商学部の入学生全体に対し実際に公認会計士として働いておられる方を呼んで頂き説明会を開催して下さりました。その際、会計士の仕事は「正義の仕事」という表現があり、その正義の仕事に憧れ私は公認会計士を目指しました。
 私はその説明会があった4月には関大エクステンション・リードセンター(以下リーセン)で簿記3級の対策講座から学びました。このリーセンの簿記講座や公認会計士入門講座は大原の講師の方が関大に来て授業をしてくださるので、資格取得のノウハウが詰まった大変質の高い授業を大学内で受けられるというものでした。簿記講座から大原の講師に教えて頂いたおかげで基礎知識がとても固まり、会計士試験の勉強においても計算科目が私のアドバンテージになりました。
 私が受験生の皆さんにお伝えしたいことは、関大にはリーセンという有利点がございますので是非それを活用すべきということと、行動は早いほうが良いということです。そして、目指したからには中途半端にならず、覚悟を持って挑んで頂きたいと思います。

利根川亮さん
商学部4年次合格

日々の努力を怠らなければ絶対に合格できます。

 公認会計士という資格は決して簡単に取得できるものではなく、日々の努力が必要不可欠な資格ではありますが、逆に言うと日々の努力を怠らなければ絶対に合格できる資格だと私は思っています。私は授業や答練にはほぼ出席し、暇があれば自習をしに行っていました。また授業や答練を受ける際には受け身の姿勢で受けるのではなく、「ここはこうだからこうなっているんだ」「これならどうなるかな」といった自分から向かっていったり、自分で考えたりする姿勢が大切だと感じました。日々の努力や受け身からの脱却は受験勉強に限らず、試験に合格し公認会計士として働き始めた時、それ以外にも様々な時に必要なものであり、資格取得を目指して行った勉強の内容に限らず、資格取得を目指したという行為自体が将来必ず役に立ちます。さらにここ数年は公認会計士不足であるため受験者にとってとても良い環境であり、この傾向はもう少し続くと思います。この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

坂田憲治さん
商学部4年次合格

大学生活で大きな達成感を得たい方は是非。

 私が公認会計士を志したきっかけは、大学生活の中で一つのことをやりきることで大きな達成感を得たかったからです。初めて簿記に出会ったのは、大学の講義受講でした。初めて学ぶ簿記は面白く、簿記2級、3級を連続で取得し、そこで手ごたえを感じ難関資格である公認会計士試験に合格できれば、大きな達成感と自信が得られると感じて受験を志しました。実際に勉強を始めると思うような結果につながらず、悩んだ時期もありました。そんな時にも自習室の周りを見渡せば、同じように勉強をしている関西大学生の仲間がおり、その姿を見てやる気を奮い立たせていました。そういった人たちとの多くの出会いや励まし合いがあり、4年次生の8月に行われた二次試験の論文試験に合格することができました。1年次生の頃から目指していた公認会計士試験に合格したときの喜びは大きく、結果発表の会場で「受かったー!」と叫んだことを今でも覚えています。大学生活で大きな達成感を得たいと感じている方、公認会計士試験の受験を選択肢の一つとして是非含めてください。

  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
Back to Top