KANSAI UNIVERSITY

BLSP

BLSP(Business Leader Special Program:ビー・エル・エス・ピー)

BLSP(ビジネスリーダー特別プログラム)

BLSPの詳細情報はこちら

BLSP 留学レポート (3年次生 / 久保 涼夏)

英語の4技能に加え、考える力やプレゼン力も養います。

 先輩方の研究発表の様子に憧れ、BLSPに挑戦。本格的な学術研究を行い、国際学会へ投稿するため英語の論文を執筆しています。私の研究テーマは、流行の製品に対する消費者心理の存在を明らかにすること。研究にあたって仮説を立てるのが難しく、立てては崩れの繰り返しで、ゼミの仲間と毎日のように話し合い考えを深めました。シンガポールでの研究発表では、現地の先生にアドバイスをいただいたり、ポスターセッションや企業見学に参加したりと「読む・書く・聞く・話す」の4技能が試されることばかりでした。達成感と手応えは大きく、プレゼン力もかなり身に付いたと思います。

BLSP 留学レポート (4年次生 /富 勘四郎)

英語プレゼンテーションの全国大会で上位入賞。

  私の研究テーマは、「英語格差」です。英語力への不安から生じる劣等感についてアンケート調査したところ、英語でのコミュニケーションになると消極的になってしまう人が多い傾向が浮き彫りになりました。そこから、ゼミの仲間と改善策を考案し、入念な準備を経てジェームズ・クック大学シンガポール校で発表。学生や教授の他に、現地企業の方々と意見交換する機会もあり、価値観が広がったと感じます。帰国後、BLSPで得た自信を胸に全国学生英語プレゼンテーションコンテストに出場した結果、上位入賞することができました。

BLSP 留学レポート (北島慎吾)

仲間との激しい議論の末、研究プロジェクト完成!英語による発表は、自信と、さらなる意欲へ。

深く、そして広く。思考力を鍛えました。

 バイト、遊び、バイト、遊び、テスト前だけ勉強……。2年次までバイトと遊びばかりだった私は、「このままでは、大学に入った意味がない!」と、BLSPへの門戸を叩くことを決意。
 3年次には、飲食店での行列が必ずしも顧客満足を低めないということを、統計分析を用いて研究。既存の知識を獲得しつつ新しい知識を創造するという、まさに大学!なクリエイティブな学びを経験し、より深く・広く思考することができるように。活動の大半を占めるグループワークでは、意見が対立してイライラ……。人間関係の難しさやリーダーシップの取り方、そしてコミュニケーションの大切さを学び、自分の成長へとつなげることができました。
 不得手の英語は、海外ワークショップで強化。シンガポールのヒューレット・パッカード社やジェームズ・クック大学でのプレゼンテーションは、自信へ、そして、英語で「日本語並みに」自分の考えを伝えたい!という意欲へ。研究論文も英語化し、国際会議に投稿中!

Playful & Coolにビジネスリーダーをめざす、少数精鋭のプログラムを精力的に展開。

 2008年度から「英語に強いプロアクティブ・リーダーの育成」という目標を掲げ、ビジネスリーダー特別プログラム(BLSP:Business Leader Special Program)を立ち上げています。このプログラムはプロジェクト実践力と英語力を同時に育成することを目的にしています。チームでプロアクティブに(自ら率先して)行動し、国外でプレゼンテーションするのに十分な英語力を持つリーダーをめざします。
 2年次では英語プレゼンテーション、ビジネスモデル論といった科目でBLSPにおける基礎を学習します。3・4年次は1クラス15名程度の少数精鋭のゼミ形式で、プロジェクトとビジネス英語の「ダブル・ゼミ」による徹底指導を行います。3年次の夏には海外ワークショップに参加し、現地企業・大学で英語のプレゼンテーションも行う予定です。3年次の秋学期には企業とのプロジェクトを、4年次には英語による長文のレポートを完成させます。
 BLSPの参加者は、プログラムによって鍛えられた企画力や実践力をもとに、学内外でアクティブに活動しています。学外の研究発表会、英語によるマーケティングプランコンテスト、企業とのコラボレーションコンテストで数々の賞を受賞しています。

BLSPの特徴

※【2013年度以降入学生の方へ】

  • 「リーダーシップ論」は、第7類「BLSP科目」から第2類「共通科目」に変わりました。
  • 「アントレプレナーシップ」「テクノロジーマネジメント」は廃止になりました。
    ご注意ください。

少人数教育

  • 2 年次 ………… 1クラス 25名まで
  • 3・4 年次 …… 1クラス 15名まで
  • プロジェクトとビジネス英語のダブル・ゼミによる徹底指導

プロジェクト実践

  • 企業・教員と連携したプロジェクト
  • グローバル企業との提携による日本国外での英語ワークショップ
  • データの収集や統計分析の実施

ビジネス英語教育

  • ビジネス英語担当教員による英語表減と英語プレゼンの指導
  • ジェームズクック大学シンガポール校での集中講義と英語セッション

BLSPの授業科目

【第7類】「BLSP」(許可制科目)〔13科目〕

必修科目群(8科目) 単位数 配当年次
データ分析論 2 2
プレゼンテーション 2 3
プロジェクト研究1 2 3
プロジェクト研究2 2 3
プロジェクト研究3 2 4
プロジェクト研究4 2 4
プロジェクト・ペーパー 2 4
英語コミュニケーション1 2 3
英語コミュニケーション2 2 3
選択科目群(5科目) 単位数 配当年次
ビジネスモデル論 2 2
サービス・イノベーション 2 3
海外ワークショップ 2 3
英語コミュニケーション3 2 4
英語コミュニケーション4 2 4

BLSPのプロセス

履修モデル

BLSPで培われる力

プロジェクト実践力

リーダーシップ

  • 見通しカ(Vision and articulation)
  • 立ち上げ力(Initiating structure)
  • 思いやり力(Consideration)
  • 率先力(Proactivity)
  • 品格(Organizational citizenship)
  • 相互理解(Mutual understanding)

調査・研究能力

プレゼンテーション能力

チームワーク

英語力

TOEIC 800点目標

  • 理解力(Understanding)
  • リスニング能力(Listening)
  • (例)講演、会議等への参加
  • リーディング能力(Reading)
  • (例)ビジネス雑誌(TIME等)の理解

スピーキング力(Speaking)

  • 会話カ(Speaking interaction)
  • (例)ネイティブと議論や意見交換
  • 表現力(Speaking production)
  • (例)専門分野のプレゼン、電話交渉

BLSPの詳細情報はこちら

  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
Back to Top