KANSAI UNIVERSITY

CORES

CORES(CORE Skill:コレス)

CORESプログラム)

CORESの詳細情報はこちら

CORES発表レポート (3年次生 / 大喜多 久子)

文理融合プロジェクトで今までにない発想の商品を生み出しました。

商品開発の全プロセスを体験し、本格的なプレゼンにも挑戦しました。

 昨年度のテーマは、化学生命工学部の河原秀久教授が開発された「不凍タンパク質」を使った商品の開発でした。私のグループは、2013年12月25日に大阪市と共同で開催したワークショップ「こんなアイデアどうですか?~学生が挑む不凍タンパク質の新応用~」において、通常のコンビニ弁当に比べて賞味期限が長い「冷凍コンビニ弁当」のプランを提案。味・栄養バランスに優れていると同時に、弁当の廃棄量を減らす環境配慮型の商品である点をアピールしました。
 3つのゼミから10チームが発表した後は、河原先生やゲスト企業の方から、貴重なアドバイスをいただくことに。商品化への現実的な課題点をうかがいながら、メーカー、コンビニ、消費者それぞれに歓迎される商品を作りたいと改めて思いました。
 CORESに参加することで、今、社会で何が求められているかを観察し、ビジネスにつなげる力が身についたように感じます。3年次からはゼミが本格的にスタート。新たな商品企画の課題に向かって、今まで以上に知識や発想力の幅を広げていきたいと思っています。

CORES発表レポート (3年次生 / 佐古 夏海)

理工系学部とのコラボで生活を快適にする商品企画にチャレンジ。

ビジネスの全体像をイメージしながら商品企画を考えました。

 2014年度のテーマは、化学生命工学部の河原秀久教授が開発した「接着タンパク質」を使った新食品の開発。私のグループは、果物の食感を楽しめる新感覚の和菓子を作ろうと考えました。  日常で気軽に買いたくなるような和菓子を目標にグループでアイデアを出し合い、荒木孝治先生や他のゼミ生から意見をもらって最終的にまとまった商品は、果物入りのもなか。コンセプトがわかりやすく伝わるように「くだもなか」とネーミングしました。
 中間発表を経て、12月にはグランフロント大阪で河原先生、商学部の先生方、企業の方々など、大勢の人を前に最終発表。プレゼンの練習を重ね、コンセプトの意図がきちんと伝わるよう精一杯工夫して臨みました。
 CORESに参加したおかげで、商品開発はモノを作るだけでなく、売り方まで深く考え抜かねばならないことを実感できました。理系の先端技術を活用して商品企画に挑んだ今回の経験をもとに、今後はさらに企画力、プレゼンテーション力を高めていきたいと思っています。

CORES発表レポート (4年次生 / 石崎 和希)

企業とのコラボ活動に参加。自ら企画、発表することで生きた知識が身についた!

マーケティングの現場が実感できる、貴重なチャンスでした。

 マーケティングを実践的に学ぼうと、CORESプログラムに参加しました。「合同ゼミ発表会」には、3つのゼミから12のチームがエントリー。インテリアメーカーが開発した「発電する床」の活用法を考えるという課題について、企業の方からコメントをいただきつつ、提案を練り上げていきました。
また山崎製パン株式会社の依頼により、コンビニエンスストア向けの「ランチパック」を企画。私たちが考えた商品が店頭に並ぶという、またとない体験ができました。
 その後応募したKUBICでは「普段アイスを食べない人に、アイスを食べてもらうには?」という食品メーカーからの課題に挑戦。初めて試作したアイスは「まずい」と言われ、何度も作り直しました。こうした過程を通じ、ニーズをとらえた商品を作るには地道な取り組みが大切だと実感できました。

「行動力」「思考力」「チームワーク」、実社会で求められる3つの力を実践的な学びを通して身につける。

 私たちの学部では、ビジネスプランの作成を通じて、「行動力」、「思考力」、「チームワーク」といった社会人としての基礎力を養う、CORES(CORESkill:コレス)プログラムを実施しています。KUBIC(関西大学ビジネスプラン・コンペティション)への応募を考える学生が2年次の演習のなかでゼミの教員に指導を受けながら、少人数のチームに分かれてビジネスプランを作成するプロジェクト型の正規授業です。
 毎年200名近い学生が参加し、学期末には、各参加ゼミの代表チームがビジネスプランをプレゼンテーションする「合同ゼミ発表会」を開催しています。「合同ゼミ発表会」という形式が学生の学習意欲を刺激し、KUBICに応募するビジネスプランの質の向上につながるとともに、学生及び教員同士の情報交流を促す仕組みとしても機能しています。
 また、CORESのなかで、科学技術(テクノロジー)を応用したビジネスプランを作成するプログラム「テクCORES」も実施しています。商学部生であっても、就職後には企業が持つ様々な科学技術を利用する商品開発等に携わる機会があります。消費者のしばしば情緒的なニーズを分析・整理し、それを技術部門との議論・協力を通じて製品やサービスの具体的な機能に反映させるためには、理系と文系の橋渡しができる人材が必要となります。テクCORESでは、このような人材の育成を目標としています。  作成したビジネスプランは、企業家や企業人、研究者など、様々な背景を持った人たちの前で発表・披露し、経済的・経営的な面のみならず、技術的な面からも評価を受けます。2013年度は、大阪市との共催で、グランフロント大阪にある大阪イノベーションハブでワークショップの形で開催しました。

テクCORES
 「テクCORES」は、関西大学や産業界が持つ科学技術(テクノロジー)に基づいたビジネスプランを作成することを目標とするプロジェクト型の演習(2年次秋学期開講)です。この演習を通じて、アイデア創造のプロセスや評価法、そしてビジネスプランの作成に必要な様々な具体的スキルを学びます。比較的多くの商学部生にとって馴染みのない、または苦手意識を感じるような理系のテーマをあえて取り上げているところに特徴があります。
 2013年度は、化学生命工学部の河原秀久教授が開発した不凍タンパク質を利用したビジネスプランの作成を行いました。活動の最後に、ワークショップをグランフロント大阪で開催し、全チームが発表しました。産業界から多くの聴衆に参加していただくとともに、発表内容は高い評価を得ることができました。

CORESの詳細情報はこちら

  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
Back to Top