BLSP

BLSP(Business Leader Special Program:ビー・エル・エス・ピー)

BLSP(ビジネスリーダー特別プログラム)

プロアクティブなビジネスリーダーをめざす、少数精鋭のプログラムを展開。

海外でプレゼンテーションをするのに十分な英語力を身につける

 2年次でプレゼンテーションの基礎を学んだうえで、3〜4年次にかけてプロジェクトに取り組み、プレゼンテーション能力を磨いていきます。

1クラス15名程度の少数精鋭のゼミ形式

 3~4年次は、少人数制のゼミできめ細かい指導を行います。チームでプロジェクト研究に取り組み、リーダーシップとプロジェクト実践力を身に付けます。

現地企業・大学でプロジェクト研究のプレゼンテーションを

 3年次の春学期より準備を始め、夏の海外ワークショップにて、現地企業や大学でプロジェクトの調査・発表を英語で行う予定です。

BLSPキャンパスライフ

BLSP座談会

BLSPコース詳細

BLSP 留学レポート (3年次生 / 大場 千晴)

実践的な英語力とビジネススキルの両方を身に付けることができます。

 入学した時点から、4年間で社会に通用する力を身に付けようと思っていました。まず必要だと考えていたのは、グローバルな社会で通用する、実用的な英語運用能力。そして、ビジネスを前に進めるリーダーシップ、コミュニケーション力も欠かせません。それを総合的に身に付けるために、BLSPに参加しました。例えばBLSPにはグループでビジネスプランを考え、それを英語で発表する授業があります。参加者のさまざまな意見を集約しながら、より良いプランを練るという経験は、実際のビジネスのシーンにも通じるものだと考えました。さらに、そのプランを英語で発表することで、自ずと実用的な英語を習得できます。このように、BLSPは社会で活躍するための力が身に付く機会がたくさん用意されています。現在は「製品のオススメ表示は消費者を悩ませるか?」をテーマに、6人グループでアメリカ・マーケティング協会に提出する研究資料の作成に没頭する毎日です。研究内容が認められれば、実際にアメリカで発表する機会が与えられるので、グループ一丸となって取り組んでいます。

4年次生 大場 千晴

(2020年度)
BLSPでの経験
2年次3年次4年次
文理融合プロジェクトの活動の1つである「AjiCon」に参加。パン屋さんと協働して新商品を開発しました!他大学とのディベート大会に参加。社会で必要なスキルと知識をさまざまな経験から身に付けることができます。アメリカのマーケティング協会の国際会議で発表できるように研究資料作成に没頭中です!

BLSP 留学レポート (3年次生 / 久保 涼夏)

海外での研究発表を通して、実践的な英語力とプレゼン力を養いました。

 プロジェクトの実践力と英語力を同時に身に付けることができる点が最も魅力的で、さまざまな特徴を持つゼミの中でもBLSPに参加することを決めました。研究テーマは「インターネット上のクチコミが消費者の製品評価に与える影響」で、活動の大半はグループワークでした。意見が対立したこともありましたが、仲間と研究内容を完成させた時の達成感は凄まじく、苦楽を共にした仲間は一生の宝物になりました。シンガポールでは、特に現地企業での研究発表が、これまでBLSPで身につけた全ての力を発揮することができ、人生で一番大きな達成感と手応えを感じました。私は大学で“新しいことに挑戦したい”“考えの幅を広げたい”と思っていたので、BLSPはまさにうってつけのプログラムでした。今後の目標は、この研究論文を英語に訳し国際学会で発表することをめざすとともに、世界で活躍する人材になることです。

4年次生 櫻本大雅

(2019年度)

BLSP 留学レポート (3年次生 / 久保 涼夏)

英語の4技能に加え、考える力やプレゼン力も養います。

 先輩方の研究発表の様子に憧れ、BLSPに挑戦。本格的な学術研究を行い、国際学会へ投稿するため英語の論文を執筆しています。私の研究テーマは、流行の製品に対する消費者心理の存在を明らかにすること。研究にあたって仮説を立てるのが難しく、立てては崩れの繰り返しで、ゼミの仲間と毎日のように話し合い考えを深めました。シンガポールでの研究発表では、現地の先生にアドバイスをいただいたり、ポスターセッションや企業見学に参加したりと「読む・書く・聞く・話す」の4技能が試されることばかりでした。達成感と手応えは大きく、プレゼン力もかなり身に付いたと思います。(2018年度)

    
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
  • Banner
Back to Top