KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

教員紹介

森尾 博昭

教員一覧

森尾 博昭

教授 森尾 博昭

MORIO Hiroaki

Ph.D (フロリダアトランティック大学)

教授 森尾 博昭 Ph.D (フロリダアトランティック大学)

専門領域
社会心理学
キーワード
喫煙などへの社会的態度、自己愛と傷つきやすい自己、インターネットの心理
学部担当科目
大学院担当科目
M情報行動に関する心理学的モデルの構築、M社会的影響論、Dインターネット心理学特殊研究 講義A、Dインターネット心理学特殊研究 講義B、Dインターネット心理学特殊研究 演習1
関連リンク
ゼミ紹介 Research Focusへ | 教員の基本情報(学術情報システムへ)
メールアドレス
hmorio@kansai-udotacdotjp

研究内容

テレビのタレント、商品、政策、民族、何らかの行動、などなどありとあらゆる社会的な対象に対して、われわれは究極には好き嫌いへと還元される『態度』を持っています。このような『態度』を軸に、幾つかの方向へと研究を発展させています。まず、個人の社会的態度の構造を研究のテーマとした一連の研究では、パーソナル・コンピュータを用いて、態度をダイナミックに測定する手法を確立しようとしています。また、われわれはひとりで生きているのではありませんから、日々、身の回りの人と接触し、情報をやりとりします。この際、われわれは接触した相手に影響を受けます。このような個人間の接触の積み重ねが、集団や社会全体へとどのような影響を与えるのかを検討するのが、ダイナミック社会的インパクト理論です。仮想のネットワークに人々を配置し、実際に人々がコミュニケーションを行う実験を行い、この理論の発展を試みています。また、この実験から派生して、コンピュータ・ネットワークを介したテキスト・メッセージを、大学教育での協調学習へと結びつけることができないか、といった研究も行っています。

主な研究業績

  • Tafarodi, R. W., Nishikawa, Y., Bonn, G., Morio, H., Fukuzawa, A.,& Lee, J. (in press). Wishing for change in Japan and Canada. Journal of Happiness Studies.
  • 森尾博昭(編著)(2011). 対人関係の心理学:社会心理学でのぞく心の仕組み 技術評論社
  • Morio, H. (2009). Attitude as attractors: Toward dynamical systems of beliefs and values. Saarbrücken, Germany: VDM-Verlag.
  • Morio, H., & Buchholz, C. (2009). How anonymous are you online? Examining online social behaviors from a cross-cultural perspective. AI & Society, 23, 297-307.
  • Tafarodi, R. W., Shaughnessy, S., Lee, W. W-S., Leung, D., Ozaki, Y.,Morio,H., & Yamaguchi, S. (2009). Disregard for outsiders: A cultural comparison. Journal of Cross-Cultural Psychology, 40, 567-583.

このページの先頭へ