KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

教員紹介

浅野 晃

教員一覧

浅野 晃

教授 浅野 晃

ASANO Akira

博士(工学) 大阪大学

教授 浅野 晃 博士(工学) 大阪大学

専門領域
視覚科学・色彩学
キーワード
形・色彩・画像と感性、形を扱う数学、色と形を視て感じる情報科学
学部担当科目
大学院担当科目
M知能システムの構築、Mマセマティカル・モルフォロジ、Dソフトコンピューティングの視覚情報処理特殊研究 講義A、Dソフトコンピューティングの視覚情報処理特殊研究 講義B、Dソフトコンピューティングの視覚情報処理特殊研究 演習1
関連リンク
教員のページへ教員の基本情報(学術情報システムへ)
メールアドレス
a.asano@kansai-udotacdotjp



研究内容

デジタル画像処理は大変身近なものになり、現在では「写真」といえば コンピュータで処理されるデジタル画像をさすようになりました。私は、デジタル画像を取り扱う基盤となる科学である「画像科学」と、人が画像を見た時に受ける印象を定量的に評価する「視覚感性科学」、それに色のもつ効果を研究する「色彩学」をテーマとしています。この中には、画像に写っているものの形を数学を使って表現する研究や、人がテクスチャ(布地のような模様)を見た時の印象を定量的にとらえて、思い通りの見た目を持つ布を制作するなど「質感を制御する」技術の研究、色彩から人がうける印象を調べて適切な色使いをさぐる研究などがあります。画像は視覚でとらえられて直感に訴えるものですが、画像をコンピュータで取り扱うには、画像を数値で表し、計算で操作しなければなりません。そのため、この研究は数学や統計学を基盤としており,さらに情報科学・心理学などさまざまな分野の知識を融合するものになっています。

主な研究業績

  • A. Asano, S. Tatsumi, C. Muraki Asano, K. Okajima, and M. Kawasumi, "Temporal Transition Enhances the Consonance of Color Arrangements," Proc. 25th Color and Imaging Conference (CIC25), 240-244 (2017. 9).
  • C. Muraki Asano, A. Asano, and T. Fujimoto, "Application of size distribution analysis to wrinkle evaluation of textile materials," Proc. 13th International Symposium on Mathematical Morphology (ISMM2017), 478-485 (2017. 5).
  • L. Li, A. Asano, C. Muraki Asano, and K. Okajima, “Statistical Quantification of the Effects of Viewing Distance on Texture Perception,” Journal of the Optical Society of America A, 30, 7, 1394-1403 (2013. 7).
  • L. Yang, A. Asano, L. Li, C. Muraki Asano, and T. Kurita, “Multi-structural Texture Analysis Using Mathematical Morphology,” IEICE Trans. Fundamentals, E95-A, 10, 1759-1767 (2012. 10).
  • 浅野晃他,非線形画像・信号処理 モルフォロジの基礎と応用,丸善,東京 (2010. 10).

このページの先頭へ