教員紹介

教員一覧

広兼 道幸

教授 広兼 道幸

HIROKANE Michiyuki

博士(工学) 広島大学

教授 広兼 道幸 博士(工学) 広島大学

専門領域
応用情報学
キーワード
システムの知能化、センシング情報処理、災害における安全知
学部担当科目
大学院担当科目
Mインテリジェントコンピューティングの応用、M論文指導、Mカオス理論、Dソフトコンピューティングのセンシング応用特殊研究 講義A、Dソフトコンピューティングのセンシング応用特殊研究 講義B
関連リンク
メールアドレス
hirokane@kansai-udotacdotjp

研究内容

 「安全・安心な社会の実現」を目標として、大量の情報に内在する知識の見える化(機械学習)、現実社会に存在する様々なリスクの見える化(AR/VR)、人間の行動の見える化(シミュレーション)、人間の感性の見える化(感性情報処理)など、様々な情報の見える化手法についての研究に取り組んでいます。
 主に進めている研究テーマは、(1) 膨大なマルチメディア情報の分類・認識・ビジュアル化への機械学習手法の適用、(2) 効果的な安全教育や防災教育へのAR/VRの適用、(3) 自然災害や人災などに関連した人間の行動分析へのシミュレーション手法の適用、(4) マルチメディア情報の評価・デザインへの感性情報処理手法の適用、などがあります。

主な研究業績

  • Study on Monitoring Method Using a Wrist Watch Type Device for Unsafe Behavior, SCIS&ISIS2016,pp.426-431,2016.8.
  • 集中豪雨疑似体験アプリケーションにおける環境変化と防災教育の効果,土木学会論文集F6,Vol.72,No.2,土木学会,pp.I_35-I_40,2017.2.
  • 高力ボルトの軸力診断のための振動波形データにおける特徴量の検討,土木学会論文集F6,Vol.72,No.2,土木学会,pp.I_177-I_182,2017.2.
  • 地震疑似体験シミュレータの開発と仮想空間内におけるオブジェクト配置機能の実装,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,1G3-04,p.2(Web),2017.9.
  • 社会インフラの安全-維持管理における人材育成のMRの活用-,安全工学シンポジウム,日本学術会議,OS-7-3,pp.158-161,2018.7.

このページの先頭へ