教員紹介

教員一覧

長谷 海平

准教授 長谷 海平

HASE Kaihei

st_hase_title.gif
専門領域
映像学
キーワード
動的表現、映像とその制作、映像と教育
学部担当科目
大学院担当科目
M感性情報処理と可視化、M映像芸術とテクノロジー
関連リンク
教員のページへ | 教員の基本情報(学術情報システムへ)
メールアドレス
hase@kansai-udotacdotjp

研究内容

 芸術の枠組みを超えて、創作行為そのものを社会に関連づけるための研究に取り組んでいます。とくに、映像表現について扱っており、映像の創作行為を社会に役立てる方法はないか、などの研究です。現在は映画製作を組み込んだ学習体験のデザインについて研究を進め、その価値や有用性を高めるための方法などを明らかにしようと取り組んでいます。
 また、映像表現についても研究に取り組んでいます。たとえばVR的表現についてです。360度動画などVirtual Reality的視覚表現を支える技術の歴史は若くありません。しかしVR的表現について積極的な取り組みがはじまったのは近年のことであるため、映画などと比べると表現技法開発の余地が十分に広がっている領域です。このような状況にある3次元的な動的表現について、新しい表現技法の可能性を探求しています。

主な研究業績

  • Hase, Kaihei. "Problems Related to the Practice of Video Education in Japan." Journal of Cultural Research in Art Education 31 (2014): 196-209.

  • 長谷海平. "芸術を通じた教育の方法として捉える 「映画の制作」." 美術教育学: 美術科教 育学会誌 36 (2015): 341-349.
  • 長谷海平. "メディアで 「書く」 力を育成するための体験デザイン: 映画制作をモチーフにしたメディア作品制作体験のデザインについて." デザイン学研究 59.2 (2012): 87-94.

このページの先頭へ