KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

社会システムデザイン専攻講義・実習

★…必修科目

1年次
    • ★基礎研究I
    • ★基礎研究II
    • ★社会システムデザイン総論I
    • ★社会システムデザイン総論II
    • 経営学I
    • 経営学II
    • 産業社会学
    • 社会システム論
    • 技術史I
    • 技術史II
    • ソシオ・エコノミクス
    • 計量社会学I
    • 計量社会学II
    • 情報処理基礎演習
    • 情報処理演習I
    • 寄附・連携講座(各テーマ)
2年次
    • ★基礎演習
    • 経済原論I
    • 経済原論II
    • 公共システムI
    • 公共システムII
    • 経済政策I
    • 経済政策II
    • 産業経済論
    • 経済システムデザイン論
    • 失敗とテクノロジー
    • テクノロジーのデザイン
    • 産業情報システム論
    • 情報ネットワーク経営論
    • 人と仕事の経済学
    • 人的資源論
    • 産業システム創成論I
    • 産業システム創成論II
    • 労使関係論
    • 経営管理論I
    • 経営管理論II
    • 人的資源管理論I
    • 人的資源管理論II
    • 科学社会論I
    • 科学社会論II
    • 社会階層論
    • 社会変動論
    • 社会的ネットワークと社会システム
    • 組織と社会的ネットワーク
    • 国際開発システム論
    • 人間開発論
    • 地域再生論
    • コミュニティの比較社会学
    • 国際社会とシステムデザイン
    • システムデザインリテラシーI
    • システムデザインリテラシーII
    • システムデザインリテラシーIII
    • クリティカルシンキングI
    • クリティカルシンキングII
    • 差別と社会I
    • 差別と社会II
    • コンピュータ・コンテンツ制作演習
    • コンピュータ・プログラミング演習
    • 情報処理演習II
    • 情報処理演習III
3年次
  • ★専門演習I
  • ★専門演習II
  • 国際経済システム
  • 地域経済システム
  • 環境とビジネス
  • 法とビジネス
  • 環境社会デザインI
  • 環境社会デザインII
  • 社会保障論
  • 社会システムデザイン特論I
  • 社会システムデザイン特論II
  • 社会システムデザイン特論III
  • 社会システムデザイン特論IV
  • 外国文献講読(社会システムデザイン)I
  • 外国文献講読(社会システムデザイン)II
  • 社会システムデザイン実習I
  • 社会システムデザイン実習II
4年次
  • ★卒業研究I
  • ★卒業研究II

各講義・実習の詳細は、関西大学シラバスシステムでご確認ください。

クローズアップ授業 社会システムデザイン実習I・II

商店街の魅力と底力を考える。

社会学では、大学の外に出て、人々の暮らしや言葉にじかに接することがとても重要です。社会システムデザイン実習では、単なる調査やフィールドワークにとどまらず、未来に向けた社会の発展の可能性まで考え出す実践的な学問を経験できます。
たとえば平成22年度は天神橋筋・高槻・淡路・関大前の4つの商店街をフィールドに、それぞれの街の魅力と、それをさらに活かすための学生の立場からの提案を行いました。写真にあるのは、調査にご協力いただいた商店街の方々や報道関係者をお招きして開催した学生による研究報告会の一コマです。この実習では毎年このようなかたちで社会と交流しながら大きな成果を得てきています。

クローズアップ授業 国際開発システム論

参加型の講義を通して、国際社会の課題と向き合う。

本講義では、「人々の幸せ」や「社会の豊かさ」に着目する国際開発学の理論と実践を学びます。この講義の特徴は、一方的な講義だけではなく、数人のグループに分かれるグループワーク手法を取り入れ、参加型講義を展開している点です。具体的には、「誰がどうやって途上国と先進国を分類していると思う?」「豊かさの物差しを作り出そう」などの問いを投げかけ、それらの問いに対して、各学生が持つ知識を総動員し、グループ単位で考え、共有していきます。この過程で、お互いに異なる見方に気づいたり、断片的な知識をつなげ合わせ、複雑な国際社会や経済のしくみ、課題に向き合うための知識の運用力や複眼的思考を身につけていくことをめざしています。