KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

メディア専攻講義・実習

★…必修科目

1年次
    • ★基礎研究I
    • ★基礎研究II
    • ★メディア総論
    • メディアと社会
    • メディアと心理
    • メディア研究方法論
    • メディア・リテラシー論
    • 基礎社会学I
    • 基礎社会学II
    • 入門心理学I
    • 入門心理学II
    • 情報処理基礎演習
    • 情報処理演習I
    • 寄附・連携講座(各テーマ)
2年次
    • ★基礎演習
    • ★文章演習
    • マス・コミュニケーションの効果
    • メディア史
    • 世論とマス・コミュニケーション
    • コミュニケーション論
    • インターネット・コミュニケーション論
    • ジャーナリズム論
    • ジャーナリズム史
    • 地域社会とジャーナリズム
    • メディアの法と倫理
    • 情報の法と倫理
    • 情報メディア論
    • 情報社会論
    • メディア産業論
    • 放送論
    • 広告コミュニケーション論
    • 広告クリエイティブ論
    • 国際コミュニケーション論
    • メディア文化論
    • メディアと音楽
    • メディアとスポーツ
    • メディアとジェンダー
    • メディア表現論
    • 映像コミュニケーション
    • ニュース英語
    • 時事問題研究I
    • 時事問題研究II
    • マスコミ・セミナー
    • メディア調査実習I
    • メディア調査実習II
    • 映像基礎実習
    • ジャーナリズム実習I(調査)※
    • ジャーナリズム実習II(文章)※
    • 情報処理演習II
    • 情報処理演習III
    • 差別と社会I
    • 差別と社会II
3年次
  • ★専門演習I
  • ★専門演習II
  • 広報論
  • 広告と社会
  • コミュニケーションと言語
  • メディア外国文献講読
  • マス・コミュニケーション特論A
  • マス・コミュニケーション特論B
  • メディア特論A
  • メディア特論B
  • コミュニケーション特論A
  • コミュニケーション特論B
  • メディア・セミナーA
  • メディア・セミナーB
  • マスコミ制作実習
  • ジャーナリズム実習III(制作)※
  • メディア企画演習(広告)※
  • メディア企画演習(音楽)※

(4年次配当)

  • 映像応用実習
4年次
  • ★卒業研究I
  • ★卒業研究II

※印がついている科目は、プログラム受講許可者のみ履修可。

各講義・実習の詳細は、関西大学シラバスシステムでご確認ください。

クローズアップ授業 メディアと音楽

音・音楽と人間の関わりがどう変化してきたかを探る。

メディアと音楽の関係を、映像・音響設備の整った教室で、具体的な例を通して考えていく授業です。20世紀は電気・電子メディアが発達・普及し、音・音楽と人間との関係が大きく変化した世紀でした。日本の場合、それは近代化・西洋化の時期でもありました。テクノロジーによって音・音楽と人間の関係はどのように変化したのか、音楽における西洋化とは何だったのかを、社会の諸条件との関連のなかで考察します。授業は二つに大別され、「日本の近代化と音楽」では、日本の流行歌の流れをさまざまなメディアとの関連で検証します。次に「メディアとサウンドスケープ」では、音の複製メディアとサウンドスケープ(音風景)の関係に注目しながら、20世紀の音楽史の流れをみていきます。

クローズアップ授業 ジャーナリズム専門プログラム

ジャーナリズムの実践的な実習特別コース。

ジャーナリズム専門プログラム(J.P.)は、2年次から始まり3、4年次へと、3年に及ぶ、ジャーナリズムの実践的な実習特別コースです。このプログラムは、〈取材力〉=ものごとを捉える力と、〈文章力〉=表現力・伝える力、を身につけることを目標としています。そんな基本的な力を備えた「ジャーナリスト」を養成し、マス・コミ、メディアの仕事の世界はもとより、他のどんな仕事の分野でもこの力を活かせる精鋭を、社会に送り出すのがこのプログラムの狙いです。J.P.は2005年度からスタートし、2010年3月には第3期生が卒業しました。卒業生は、新聞・通信社、放送局、出版社などをはじめ、さまざまな関連分野で活躍しています。1年次の秋、メディア専攻の学生を対象にJ.P.履修生を募集し、約30名を選抜します。J.P.の授業は2年次にスタートし、向こう3年間クラスの同じ仲間で互いに切磋琢磨し、「知」と「実践」を身につけていくことになります。本学専任教員に加えて、マスコミ現場からプロの講師が多面的に指導します。