KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

社会学専攻

社会学を学ぶと、どんな役に立ちますか?
A社会学は、日常で生じているさまざまな出来事がどのような社会のしくみと関係して生じたのかを研究する学問です。こうした学びを日々行うことによって、広い視野で柔軟にものを考えられるようになります。自分とちがう立場の人はどのように考えるか、ちがう国、ちがう時代では、同じようなことは起きているのだろうか、起きていないとしたらそれはなぜなのかといったことを常に考えられる思考力をもつことは、この複雑にからみあった社会を生き抜くうえで、あなたの大きな力になるはずです。

社会学とは何か

法学や経済学にくらべると、社会学は漠然としていてイメージしにくいという声を耳にします。これは、社会という言葉そのもののイメージが明確ではないからです。しかし、社会は私たちが生活する場であり、私たちが自分たちの手で創りあげた産物です。
この「社会」のしくみについて、既成の学問の垣根を越え、さまざまな方法を用い、さまざまな視点から研究するのが社会学なのです。

社会学の視線

社会学では、「常識を疑う」という思考方法を重視します。私たちが「常識」だと思っていることについて、〈いつの時代でも、どんな社会でも、あらゆる人にあてはまることだろうか〉と問い直してみることです。
この発想法によって、〈いま・ここ・わたし〉を相対化することで、私たちの生活を強く拘束している力のはたらきについて知ることができ、問題解決の糸口を見いだすことが可能になります。日常的な現象を、総合的に把握する。それが社会学で身につく力です。

社会学の「なんでもできる」は、奥深い。

社会学専攻では、社会現象や社会問題について、ひろく学ぶことができます。身近で小さな出来事が出発点でも、社会のしくみについての知識や、調査の方法を駆使することで、より大きな問題への理解を深め、解決の道を見出すことができます。

基礎的な社会現象や理論の枠組みを理解し、現代社会を多面的に捉える力を養います。科目例 理論社会学/社会学概論/現代社会論/家族社会学/都市社会学/産業社会学/国際社会学/社会システム論/社会階層論/社会変動論 音楽、スポーツ、食文化など、日常生活のなかのさまざまな文化現象や社会関係の成り立ちについて学びます。科目例 文化社会学/大衆文化論/教育社会学/文化人類学/社会的ネットワークと社会システム/組織と社会的ネットワーク 差別、犯罪、障がい、高齢化、環境問題等への理解を深め、よりよい社会の姿を構想する力をつけます。 科目例 社会福祉概論/地域福祉論/社会福祉行政論/ソーシャルサポート論/福祉社会論/社会保障論/差別と社会/社会病理学/環境社会学 見えづらい社会の姿を確実に捉 えるためのさまざまな方法を身につけます。社会調査士資格を取得できます。 科目例  計量社会学/社会調査論/社会調査方法論/社会調査実習/社会調査演習/社会学研究法/情報処理演習 社会の仕組み 自分が生きている社会の成り立ちを、より根本的に理解したいなら… 文化と社会関係 身のまわりの出来事や文化的な事象について、じっくりと学問的に考えてみたいなら 社会問題と福祉  社会のさまざまな問題について自分で考え、実践していく力を養いたいな 社会調査 「調べる技術」を専門的に身につけて将来の仕事に活かしたいなら…

※特定の系統の科目をより集中的に学ぶか、よりまんべんなく学ぶかは、関心や進路目標にあわせて決めることができます。

2つの「プログラム」

もっと学びたい人に向けた、社会学専攻の学生を対象にしたプログラムです。

  • 社会調査実践学習プログラム
  • 社会福祉実践学習プログラム

詳しくはこちら