MENU

COILについて

 >  COILについて

COILとは

COILは、ニューヨーク州立大学(SUNY)COILセンターによって開発された、オンラインコミュニケーションを用いて2カ国以上の国の間で教育と学習の両方を実現する革新的な教育方法です。海外の大学と日本国内の大学の科目間で共同シラバスを開発するなどといったプロセスを通して日本と諸外国の大学教員やスタッフが互いに協力したり、両国の学生が共通の課題に取り組むためにチームを形成しプロジェクト型の学習を行うといった取り組みが行われます。
2004年にSUNYが開始して以来、COILを授業に取り入れる大学は世界中で増え続けています。
日本では、2014年に本学が全国に先駆けて導入しました。
より多くの日本人学生に国際教育と異文化体験を提供することは、関西大学が大変重要視する活動です。IIGEは、COILに関する情報発信やCOIL実践を通して、それを実現しようと試みています。