MENU

IIGEについて

 >  IIGEについて

IIGEについて

関西大学では、「グローバル・キャリアマインドを培うCOIL Plus プログラム」の文部科学省「平成30年度『大学の世界展開力強化事業』~COIL型教育を活用した米国との大学間交流形成支援~」への採択を受け、グローバル教育イノベーション推進機構(IIGE)を設置しました。本事業は、国際的に活躍できる人材の育成と大学教育のグローバル展開力の強化を目的に、高等教育の質の保証を図りながら、米国の大学との間でCOIL型教育を活用しつつ、日本人学生の海外留学や外国人学生の積極的受入を伴う教育連携プログラムを補助するものです。IIGEは、こうした交流を実施しながら、COIL型教育を活用した大学間交流を推進するため我が国におけるプラットフォームとしての役割を果たします。

IIGEのミッション

IIGEは、日本と諸外国間の既存の高等教育交流を強化するとともに、新たな交流関係を構築することを使命としています。COIL型教育(オンライン国際交流学習)を導入することで、様々なICTを用いて、学生と大学教員が国境を越えて共に教育に取り組むことができます。IIGEでは、日本と海外、特に日米間の高等教育機関でのバーチャル・コラボレーションを発信することで、新たなパートナーシップを生み出していきます。

国内外の支援機関

本事業の質の向上を推進するため、IIGEは以下の団体と協力しています。

IIGE Associates

トレーニングプログラム & クオリティ・アシュアランス

COIL型教育手法による新たな教授法の創出及びCOIL型教育の実践

教材・Webinar開発支援

kumamoto-University
Research Center for Instructional Systemsty
COIL型教育を実施する上で必要なノウハウを学ぶセミナー・研修を各大学と共同で実施します。その上でCOILを実施する2つの大学の学生が共通の学習目標に沿った課題に取り組みます。

コンテンツの開発・トラブルシューティング支援

SUNY
  • SUNY州立大学システム内で開発したファカルティガイドトレーニングコンテンツなどの知見を活かした「日本に寄り添った」コンテンツ作り
  • 各大学でCOILを実践する教員が、COILの実践においてトラブルが生じた際のノウハウを助言

日本とアメリカのネットワーク

gateway
  • 日米の教育機関間のネットワーク構築を目的としたセミナーやワークショップの開催
  • 米国の教育機関に対する国際教育に関するコンサルティング

COILConnect
  • COIL Virtual Exchangeに参加しているすべての機関を対象に、フリーディレクトリ、リソース、コネクションを提供
  • COIL Virtual Exchange Foundation, Inc.のプロジェクト(CVEF)

プログラムの発展

COIL実践及びCOILの枠を超えた次世代の国際教育の発展への取り組みを通した学生モビリティプログラムの向上

教育の質保証・単位互換支援

UMAP国際事務局 東洋大学

次世代の国際教育プログラムの共同開発:

  • UMAP-COIL Joint Honors Program(発展型COIL交流プログラム)

    UMAP-COIL Joint Honors Program
    日米を中心とする大学から、優秀な学生を選抜してHonors Programを実施、7月から9月にかけて、2週間程度のプログラム(COIL型教育メソッドを活用し著名な日米の専門家などによる授業を受講したり、行先の現地の学生と日米の学生がCOILでつながり相互学習を行う)を2019年度から開始。

  • UMAP-COIL Joint Advanced Placement (AP) Program
     

    UMAP-COIL Joint Advanced Placement (AP) Program
    優秀な高校生を対象とする、APコースを実施。2019年度に準備を開始し、2021年度にスタート。米国大学の科目をUMAPを通して参加する高校生がCOIL型教育のスタイルで受講し、大学進学をした際にはUCTS(UMAP Credit Transfer Scheme)にのっとり単位認定を受ける。

研究

COILプロジェクトにおける学生の学習成果(語学・異文化理解)検証及びCOIL Plus Programによる学生モビリティ(留学)の効果検証

分析調査支援

COIL-BEVI Project

「COIL-BEVI(分析)プロジェクト」
を共同で遂行し、COIL学習成果検証、COIL+留学の効果検証などを実施

Study abroad programs

Offer Facilitates:

  • 海外留学プログラム
  • インターンシップ
  • カスタム派遣プログラム
学習成果の検証・評価
  • ets

    COIL学習、COIL+留学における語学能力の進捗を検証

  • Coil

    TOEFLやOPIcなどの語学テストを活用し、COIL及びCOIL Plus Programでの語学能力の進歩を検証

  • Coil

    COIL・COIL Plus Program実施前後におけるテストの実施

プロモーション

日米の高等教育機関におけるCOIL型教育手法の普及

米国におけるカウンターパート及びモビリティ支援

US Counterpart and Mobility Support

各大学でCOILを実践したい教員が相手先の大学を探すためのサイトを構築

COILプロモーション支援

US Counterpart and Mobility Support

大学ネットワークを活用し、COILを知らない大学や教員にCOILを知ってもらうための広報活動を実施

発展

次世代 COIL 型教育の開発支援

  • Panasonic

    ハードウェア、ソフトウェアに関する技術的な側面については、パナソニック株式会社の支援のもとで、COILに適したシステム検討で連携

  • ANA

    提案するプラットフォームの目的や活動、育成する人物像、今後COILプログラムが育成する人材の活用法について、民間企業からの助言役を担うとともに、次世代のキャリア・ディベロップメントを共同で創出

教員・スタッフ紹介

IIGEチームは様々な経歴を持つ教員と職員が一体となり、お互いのスキルや経験、強みを活かし、「日米間におけるCOIL型国際連携教育推進プラットフォームの構築」事業の推進及び海外大学との双方向の国際連携教育を推進していきます。

  • 藤田 高夫 教授(Ph.D)
    IIGE機構長
    藤田 高夫 教授(Ph.D)

    藤田 高夫 教授(Ph.D)

    IIGE機構長

    藤田 高夫 教授(Ph.D)

    関西大学副学長・国際部長

    本学文学部教授。現在は、関西大学副学長・国際部長を担当。文部科学省「平成30年度『大学の世界展開力強化事業』~COIL型教育を活用した米国等との大学間交流形成支援~」タイプB:交流推進・プラットフォーム構築プログラムに本学の「グローバル・キャリアマインドを培うCOIL Plusプログラム」が採択されたことに伴い、「日米間におけるCOIL型国際連携教育推進プラットフォームの構築」事業の推進及び海外大学との双方向の国際連携教育を推進する組織として新たに設置されたグローバル教育イノベーション推進機構(Institute for Innovative Global Education(IIGE))の機構長を務める。研究分野は中国古代史、とりわけ秦漢時代史であり、木簡や碑刻などの一次史料を使って古代帝国像の再構築に取り組んでいる。近年は日中の近代史学形成史、東アジア木簡の比較研究、軍事制度史などに研究分野を広げている。

  • 池田 佳子 教授(Ph.D)
    IIGE副機構長
    池田 佳子 教授(Ph.D)

    池田 佳子 教授(Ph.D)

    IIGE副機構長

    池田 佳子 教授(Ph.D)

    関西大学国際部教授

    本学国際部教授およびKU-COILコーディネーター。「グローバル・キャリアマインドを培うCOIL Plusプログラム」の主任プロジェクトマネージャーであり、グローバル教育イノベーション推進機構(IIGE)の副機構長を務める。ハワイ大学マノア校で日本語学、外国語教育、会話分析を専門とする博士号を取得。国際教育分野における研究は、大学キャンパスでの国際化であり、海外の大学と共同で実施する学習プログラムを構築しています。現在、「グローバル・キャリアマインドを培うCOIL Plusプログラム」の他に、文部科学省委託事業:SUCCESS-Osaka(留学生の就職促進プログラム)2017-2021プロジェクトも担当し、日本で勉強した留学生の雇用促進に取り組んでいます。

  • Don Bysouth, Ph.D.
    教育推進部特別任用准教授
    ドン・バイサウス(Ph.D)

    Don Bysouth, Ph.D.

    教育推進部特別任用准教授

    ドン・バイサウス(Ph.D)

    関西大学

    オーストラリアのマードック大学で心理学の博士号を取得。研究分野は社会心理学の様々なテーマやトピックで共通の焦点を探り、人間の社会的相互作用を分析。日本のみならずオーストラリアやイギリスの大学での教育経験があり、開発、実施、評価において豊富な経験を持つ。現在、本学での教育においては日本や国際社会におけるCOIL関連活動のさらなる発展と促進を目指している。

  • Elvita Wiasih
    国際部特別任命助教
    エルヴィタ・ウィアシー

    Elvita Wiasih

    国際部特別任命助教

    エルヴィタ・ウィアシー

    関西大学

    名古屋大学で第二言語の習得と外国語としての日本語教育を専門とする日本語学の修士号を取得。
    来日前はインドネシアのジャカルタ(アル・アズハル大学)で日本語を教える。研究分野は、コンピューターによる言語学習、技術強化学習、異文化間コミュニケーション、および外国語教育。2014年より本学においてKU-COILアシスタントコーディネータとしてKU-COILコースの管理、計画、設計および実施の支援、COILコンテンツのビデオチュートリアルの作成などを担当。2019年4月より本学特別任命助教に就任。

  • Sajjad Pouromid, Ph.D.
    教育推進部特別任用助教
    サッジャド・プールオミッド(Ph.D)

    Sajjad Pouromid, Ph.D.

    教育推進部特別任用助教

    サッジャド・プールオミッド(Ph.D)

    関西大学

    イランのアラーク大学でTEFL(Teaching English as a Foreign Language)の博士号を取得した後、大阪大学で人間科学研究科人間科学専攻共生学系にて2つ目の博士号を取得。現在の研究テーマは、社会的インタラクションにおけるエスノメソドロジー・会話分析であり、特にテクノロジーを媒介とした学習環境での相互作用に焦点を当てている。また、COILやICTツールの活用を通じて、高等教育の国際化を促進することにも興味を持っている。2016年から関西大学でアジア、欧米の大学とのCOIL型教育を取り入れた授業を担当している。

  • 呉 俊彦(Ph.D)
    教育推進部特別任用助教
    呉 俊彦(Ph.D)

    呉 俊彦(Ph.D)

    教育推進部特別任用助教

    呉 俊彦(Ph.D)

    関西大学

    ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネススクールでMBA号を取得した後、京都大学経済学研究科で経済学の博士号を取得。研究分野はコンピューターのモデリングとシミュレーション、マルチレベルのチームダイナミクス、チームパフォーマンス。長年にわたり、台湾、米国、シンガポール、中国の企業で勤務し、企業レベルのプログラムを設計、開発、実施した幅広い経験がある。現在本学でCOILイニシアチブを推進しており、高等教育におけるオンラインでの協働学習を促進するためのICTツールの活用に興味を持っている。

  • Michele Fujii
    IIGE特別任命コーディネータ
    藤井 ミッシェル

    Michele Fujii

    IIGE特別任命コーディネータ

    藤井 ミッシェル

    関西大学

    マサチューセッツ大学アマースト校大学院にて日本の言語と文化の修士号を取得。興味ある研究分野は、日本の大学や専門学校の文化越境と国際化。フリーランスの翻訳家。ボストンの出版会社で日本語テキストの編集者として勤める。滋賀県でJETプログラムのALTとして従事。現在、関西大学でのCOILベースのプロジェクトの調整と推進を支援し、日米間のコミュニケーションの促進に務める。

  • 和田いづみ
    COIL Plus Program特命コーディネータ
    和田 いづみ

    和田いづみ

    COIL Plus Program特命コーディネータ

    和田 いづみ

    関西大学

    立命館大学大学院言語教育情報研究科で英語教育学の修士号を取得。学部卒業後一般企業に就職するが教育に携わる仕事をしたいと思い退社し、塾の講師をしながら通信教育で教員免許を習得。高校で英語教諭として働いた後大学院に進学し、現在は関西大学のCOIL Plus Program特命コーディネータとして主に学生モビリティに関わるプログラムを担当。興味のある分野は国際教育、英語学、日本語学。