お知らせ

岡本哲和教授が日本公共政策学会会長に就任しました

 本学部の岡本哲和教授(専門分野:現代政治・政策過程論)が2020年6月、日本公共政策学会の会長に就任しました(任期2年)。
 日本公共政策学会は「社会の公的な問題に関して、地方自治体や国をはじめ、NPOやNGO、住民などが担うさまざまな方針や施策、事業」である公共政策を科学的な分析対象として、よりよい公共政策のための研究を行っていくことを目標として、1996年に設立。会員は学際的で、公務員など実務家も含まれ、現在は約1,000名で構成されています。