学部長メッセージ

時代をとらえ、担いつづける総合力を
― 「政策」で結ぶ社会の変化、人びとの生活 ―

政策創造学部長 小西 秀樹政策創造学部長 小西 秀樹

 21世紀、関西大学が社会の変化と向き合い、「学の実化」の深化を図るべく導き出したのが、2007年4月の政策創造学部の設立です。社会の多様な価値観を理解し、そのうえで複雑な課題を解決するための望ましい政策を考案し、実践しうる人間力の養成、これが本学部の使命です。

 本学部教育の基軸は、国際関係論、政治学、経済学、経営学、法律学を主とする専門科目、思考力と表現力を磨く1年次からの少人数ゼミ科目、世界の各国や地域の多様な政策課題を扱う科目です。特色ある取り組みとしては、海外教育プログラム、公務員志望者を主対象とする政策公務セミナーがあります。ゼミ活動の成果にもとづく「政策提言シンポジウム」も開催しています。

 これら多様な学びを貫くものは、「政策」をキーワードに社会を担おうとする学生の主体性です。多様な学問分野や実践を通じてこそ、今この社会で起きていることを理解し、変化の方向性を展望することができるでしょう。人間行動の本質を根本的に考察するうえで歴史に学ぶ姿勢も必要です。多角的な学術的観点を磨き、社会生活に対する鋭くも温かい理解力を深めていくことが要請されます。生きた社会を学ぶことは、キャリアデザインにも多くの刺激を与えてくれるでしょう。

 2021年4月、本学部は、政策学科2専修(政治経済専修、地域経営専修)と国際アジア学科として新段階を迎えました。本学部で「政策」を学ぶことは、「国際」、「地域」に関わる諸問題を縦横に、この時代をとらえ、担いつづける力、いわば、あらゆることを学び、あらゆることに携わって、なお意気高く、自らを活かしきろうとする総合力を養うことです。「学の実化」の真髄は、まさにこのことでしょう。学生のみなさんの志が磨かれ、実現されうる、主体的な学びの場でありつづけるため、本学部は、ひきつづき教育の質向上に取り組みます。