過去のSFinX受賞結果一覧
SFinX Contest

コンテンツ
Contents

2020年度

コンテンツを開く コンテンツを閉じる

概要

第3回となる2020年度は、環境都市工学部滝沢泰久教授らの研究成果である「屋内測位システム」と「移動センシングクラスタ技術」、および同学部の安室喜弘教授らが開発した「3次元ランドマークによる多視点AR表示技術」を題材に10組がエントリーしました。

エントリー紹介

開催報告 | 審査員コメント

最優秀賞

チーム名「チーム文福」

学生の名前一覧

プラン名「転んだ後の杖」

チームの集合写真

優秀賞

チーム名「Bright」

学生の名前一覧

プラン名「DAS(Drainage Automatic System)-下水道自動点検システム-」

チームの集合写真

優秀賞

チーム名「Camel」

学生の名前一覧

プラン名「介護お助けサービス(みまもるんder&ARどこにARu?)」

チームの集合写真

アイチコーポレーション賞

チーム名「テイクアステップ」

学生の名前一覧

プラン名「ユニバル University value」

チームの集合写真

ソフトバンク賞

チーム名「メンフィス」

学生の名前一覧

プラン名「CraftAR:クラフタル」

チームの集合写真

パーソルAVCテクノロジー賞

チーム名「AmeX」

学生の名前一覧

プラン名「A・SA・FI -Aquarium・Save・Fish-」

チームの集合写真

TEQS賞

チーム名「チーム文福」

学生の名前一覧

プラン名「転んだ後の杖」

チームの集合写真

オーディエンス賞

チーム名「MATT」

学生の名前一覧

プラン名「SHARE墓 ARでお墓を未来へ継承」

チームの集合写真

審査員コメント
審査員長 環境都市工学部 滝沢泰久教授

SFinXは今年で3回目となりますが、今回は新型コロナウイルス禍のため活動に大きな制約があり、各チーム大変苦労したと思います。しかし、いずれのチームも提案内容およびそのプレゼンテーションの質が非常に高く、参加した皆さんの熱意を強く感じました。
今回の提案は、新たなイノベーションや価値を創出するスタートです。参加した皆さんは今後もその熱意を継続してまた互いに研鑽し、提案を次世代のビジネスへ、新たな価値の創出へと昇華させることを大いに期待しています。学の実化とともに夢の実化を期待します。

審査員コメント

審査員コメント
副審査員長 ITPC 代表 潮 尚之氏

年を追うごとに技術シーズが増え、参加者のダイバーシティも広がる中、文理連携とともにアントレプレナーシップの醸成も進み、今後、SFinXがますます盛り上がっていくことを確信することができた第3回のプログラムでした。今年はコロナ禍の影響でいろいろと制約も多い中での活動となりましたが、むしろオンラインの効用を生かしながら、良い意味で卒なくまとめた発表が目立ち、先輩方が培ってきた実績の上に、新たなレイヤを加えることができたと思います。ただし、その分「はっちゃけた」アイデアが少なかった印象がありましたので、今回の内容をブラッシュアップして外部のピッチコンテストにチャレンジしたり、この後のつづきを後輩に引き継ぐなど、是非、SFinXの文化を関大内にどんどん広げて下さい。

審査員コメント

2019年度

コンテンツを開く コンテンツを閉じる

概要

第2回となる2019年度は、環境都市工学部滝沢泰久教授らの研究成果である「屋内測位システム“SmartFinder”」と「移動センシングクラスタ技術」を利用したビジネスアイデアを募集し、15組がエントリーしました。

エントリー紹介

最優秀賞

チーム名「秀麗魂」

学生の名前一覧

プラン名「水耕栽培に革新を与える」

チームの集合写真

優秀賞

チーム名「EgyptiaN」

学生の名前一覧

プラン名「Trajectory Tracker」

チームの集合写真

優秀賞

チーム名「Queeeeentet」

学生の名前一覧

プラン名「smartEST」

チームの集合写真

アイチコーポレーション賞

チーム名「チームEmo」

学生の名前一覧

プラン名「Emomeet」

チームの集合写真

ソフトバンク賞

チーム名「EgyptiaN」

プラン名「Trajectory Tracker」

チームの集合写真

パーソルAVC賞

チーム名「Queeeeentet」

プラン名「smartEST」

チームの集合写真

TEQS賞

チーム名「AmazE」

学生の名前一覧

プラン名「MICEをスマートに」

チームの集合写真
記念撮影

2018年度

コンテンツを開く コンテンツを閉じる

概要

第1回となる2018年度は、環境都市工学部滝沢泰久教授らの研究成果である屋内測位システム「SmartFinder」を利用したアイデアを募集し、12組がエントリーしました。

エントリー紹介

最優秀賞

チーム名「KONAAT5」

学生の名前一覧

プラン名「Smart Experience with SmartFinder」

チームの集合写真

優秀賞

チーム名「ZAC Studio」

学生の名前一覧

プラン名「coco-ai(ココ―アイ)~屋内マッチングサービス~」

チームの集合写真

優秀賞

チーム名「飴野ゼミA班」

学生の名前一覧

プラン名「漆黒を追跡者(チェイサー)」

チームの集合写真
記念撮影
過去のSFinX受賞結果一覧 コンテンツ