学部概要

少人数教育で経済学を学び、
社会で実践する

家計・企業・政府の行動とそれらを結びつける市場の役割を理解することで、経済の仕組みを学ぶとともに望ましい経済社会の在り方を模索します。

1・2年次で幅広い教養と経済学の基礎を学んだ上で、3年次からは学生一人一人の関心にきめ細かく応えられるよう、4コース(経済政策、歴史・思想、産業・企業経済、国際経済)に分かれて高度な専門性を磨きます。また、ゼミを中心とした少人数教育で経済学の知識を社会で実践する力を養います。

3つの特長

2021年度よりカリキュラムを刷新
学生一人ひとりが希望する多様な
学びのサポート体制を強化

導入・基本・展開科目を整備し、経済学の体系的な学習をめざします。3年次からは学生一人一人の目標や関心に応じてコースを選択。基礎から応用へとスムーズな学修が可能となり、幅広い基礎力と高い専門性を同時に獲得できます。

また、授業で身に付けた知識や技能を生かして学生自らがプロジェクトに取り組む実践科目を配置。教員や他学生との密接な交流を通じて、自らの思考力を高めると同時に社会で活躍するために必要な協働する力を養います。

ゼミを中心とした少人数教育・
プロジェクト型学習

3年次から所属するゼミでは、少人数教育を実施。各々の関心と目的に沿ったゼミにて、研究を進めることができます。約50あるゼミの内容は多岐にわたり、企業訪問や現場視察などのフィールドワーク、自治体と連携して政策提言を行うプロジェクト、他大学との合同ゼミ・プレゼンテーション大会などが行われています。学生一人一人の学修をサポートする体制が整っています。

学部独自の留学プログラム

ビジネスの市場が国境を超えて広がる昨今、世界で活躍できるスキル・感覚を身に付けた人材が社会で求められています。経済学部では、年に学部独自の留学プログラムであるGoLDプログラム(Global Leadership Development Program)をスタートしました。

現在、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、ベトナム、中国、台湾の大学と連携してプログラムを実施しています。外国語運用能力の向上のみならず、外国語を用いて経済学に関する知識やスキルを身に付けます。

学部紹介

経済学部では何を学べるのか、関西大学では経済学をどのように学ぶのか、関西大学で経済学を学ぶメリット、経済学部独自の留学プログラム、経済学部生の就職状況と就職先を紹介します。

page
top