短期留学プログラム

ビジネスの市場が国境を越えて広がる昨今、世界で活躍できるスキルや感覚を身に付けた人材が社会で求められています。 経済学部では、2009年に学部独自の留学プログラムであるGoLDプログラム(Global Leadership Development Program)をスタートしました。 一般的な留学と同様に、語学力の向上が目的となるのはもちろんですが、具体的な特色として以下が挙げられます。

4つの特色

  1. 外国語を用いて経済学を学び、経済学に関する知識やスキルを身に付けます
  2. 現地企業等へ訪問し、他国のビジネスの現場に触れることができます
  3. 本学と連携している現地大学にて講義を受け、現地学生とディスカッションができます
  4. 現地大学の学生との交流や多様なアクティビティーを通じ、異文化社会を体感します

留学先実績

ニュージーランド(オークランド工科大学)

期間

30~40日間のプログラム

概要
  • 英語でニュージーランドの社会や経済を学び、ビジネス英語を学びます
  • ニュージーランド航空本社でキャリアガイダンスを受講します
  • ホームステイを通じ、日常的に英語に触れて生活できます
留学の様子(ニュージーランド)

オーストラリア(アデレード大学)

期間

30~40日間のプログラム

概要
  • 少人数クラスで集中的に英語を学び、英語力を飛躍的に向上できます
  • 関心のあるトピックに対しプレゼンを行うことで自身の考えを英語で相手に伝える力を養います
  • ホームステイを通じ、海外の生活を体験します
留学の様子(オーストラリア)

タイ(パンヤピワット経営大学)

期間

7~10日間のプログラム

概要
  • 英語による講義を通じ、タイの経済や文化など、タイに関する幅広い知識を学びます
  • 講義内容についてディスカッションを行います
  • タイの現地企業や日系企業を訪問し、ビジネスの最先端に触れます
留学の様子(タイ)

ベトナム(ダナン大学)

期間

7~10日間のプログラム

概要
  • 英語による講義を通じ、ベトナムの経済や文化など、ベトナムに関する幅広い知識を学びます
  • ベトナムの巨大ゴミ埋め立て場を訪問したり、現地学生とディスカッションを行います
留学の様子(ベトナム)

台湾(国立高雄科技大学・台湾大学・政治大学)

期間

7~10日間のプログラム

概要
  • 現地学生と双方の国の文化、社会についてディスカッションを行います
  • 日本語、英語、中国語を使って、考え・調べ・まとめるプレゼンテーションスキルを養います
留学の様子(台湾)

中国(復旦大学)

期間

7~10日間のプログラム

概要
  • 現地大学での講義や現地在住の日本人ビジネスパーソンから講演を聞き、中国の生きた経済事業を学びます
  • 上海の商業施設、日系企業訪問等を通じ、中国経済を多方面から考察します
留学の様子(中国)

※上記は過去(2018年、2019年)のプログラム実績となります。

※留学先や期間などは変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 4年次生
    坂本 祐香 さん

  • 参加学生×引率教員GoLDプログラムの
    魅力とは?

  • 国際経済コース
    岡田 啓介 准教授

GoLDプログラムに参加したきっかけは?

坂本
大学生になったら留学したいと考えていました。経済学部に入学すると決めた理由も、このプログラムがあると知ったからです。
岡田
坂本さんはオーストラリアのアデレード大学で、5週間のプログラムに参加しましたね。
坂本
はい。ホームステイができることと、アデレード大学で英語を学べることが魅力でした。長期休暇を有意義に過ごそうと考えて、2年次の終わりに参加しました。
岡田
英語を学ぶだけでなく、海外の学生と経済や文化についてディスカッションし、幅広く学ぶことも「GoLDプログラム」の特徴です。坂本さんはどのようなテーマについて話し合いましたか。
坂本
先進国と開発途上国との関係や人口問題など、グローバルなテーマを経済学の視点から学びました。授業をただ聞くのではなく、参加して自分の意見を伝える機会がたくさんありました。現地の人にインタビューをするという課題もあり、特に印象に残っています。

プログラムで特に印象に残っている内容は?

坂本
現地の引率の方と17人の参加者で、アデレードの近くにあるカンガルー島へ1泊2日の旅行をしたことです。携帯電話の電波が圏外になる環境で不安もありましたが、野生動物を探したり、自炊やキャンプファイヤーを楽しんだりと、とても楽しい思い出になりました。
岡田
引率の方ともいろいろな話ができるから、オーストラリアの文化に触れるいい機会になったでしょう。
坂本
オーストラリアの会話表現を学ぶと同時に、引率の方に日本語をレクチャーすることで、お互いに文化交流ができてよかったです。
  • 岡田
    その他にも、週末にアデレード大学の学生と植物園やビーチに出かけたり、地元のお祭りに参加したりと、充実した内容でしたね。
    坂本
    平日は午前中で授業が終わるので、クラスメイトと課題に取り組む日以外は、アデレードのさまざまな場所を訪ねました。街の人々は、おだやかで気さくに話しかけてくれる方が多く、コミュニケーションを取ることが楽しかったです。
    岡田
    そういった経験は大切ですね。教室での学びと並行して、日本とのさまざまな違いを街で感じてほしいと思います。

参加して変化したこと、成長したことは?

坂本
失敗を恐れず、積極的にコミュニケーションを取れるようになりました。最初はホストマザーの話が理解できなかったし、自分の思いをうまく伝えることもできなかったのですが、まちがえてもいいから言葉にして伝えようと意識して過ごすうちに、とても仲良くなれました。
岡田
こちらから積極的に話しかけることで、英語表現も相手との関係も良くなると思います。
坂本
お互いに信頼関係が生まれたおかげで、プログラムの最後の週末には、ホストマザーと協力してバーベキューを計画しました。ホストマザーと一緒に買い出しなどの準備を進め、当日は他の参加者とパーティーをしました。これも忘れられない思い出です。
岡田
オーストラリア以外の国から来ている留学生とも交流できましたか。
  • 坂本
    同じ語学センターに通っていた中国人学生と友達になりました。また韓国人学生とご飯を食べに行って、お互いの学生生活や趣味について英語で話し合ったりもしました。韓国の大学生はアルバイトをしない人が大半らしく、日本の大学生のアルバイト事情に驚いていました。
    岡田
    日本では当たり前だとされていることが、他の国では通用しない場合もたくさんあります。同じ世代の人と異文化交流ができることも、「GoLDプログラム」の魅力ですね。
    坂本
    見るものすべてが新しい環境で、たくさんの出会いと発見がありました。英語学習だけでなく考え方を広げ、人間的な成長につながる5週間になりました。

将来はどんなキャリアを考えている?

坂本
残りの大学生活や卒業後も、多くの国を訪れてたくさんの人々と出会い、その国の文化や価値観を知りたいと思うようになりました。
  • 岡田
    1・2年次のうちに留学を経験して、その後の大学生活に対する意識が変わったという人も多いですね。現在も英語でコミュニケーションを取る機会はありますか。
    坂本
    ホストマザーとはお互いの誕生日にプレゼントを贈り合ったり、メールのやり取りを続けています。いつか日本の観光名所を案内すると約束したので、その日を楽しみにしています。また、将来は私が外国人留学生を受け入れる側になりたいと思います。
    岡田
    すばらしいと思います。海外で経済学と英語を学んだ経験を生かして、異なる文化をもつ人々と対等にコミュニケーションを取れる人になってください。

page
top