キャンパスライフ

C棟(スタジオ棟) 調整室

C棟(スタジオ棟)

設備概要

主な利用目的:制作実習などの実習授業

 

スタジオを見下ろす位置にある調整室は、映像・音声などのコントロールの中枢です。ここには映像調整卓、音声調整卓、照明調整卓、テロッパー卓、VE卓、デジタルオーディオ卓が配置され、卓の前面に並んだ18台のHD液晶モニター画面ではスタジオカメラやVTRなどの映像を確認します。 また、併設された機器ラックには、素材の送出・収録用の各種フォーマットのレコーダーやVTR、映像音声信号切り替えのパッチ盤など、本格的な番組収録が可能となる機器のほか、スタジオのコンテンツをリアルタイムで学内自主放送を行なうケーブルテレビ(CATV)用のヘッドエンド、テレビチューナーおよび送出装置が組み込まれています。

各種実習で作品となる番組を制作する際、モニター画面だけでなく、スタジオフロアも見渡すことができるよう、この調整室はスタジオフロアにガラス張りで隣接されています。スタジオと連動した制作のほか、実習、卒業制作、教材作成、AV機材を使っての各種研究用に、高度なクリエイティブ・プロダクションとしての役割を果たしています。

このページの先頭へ