ワークショップ・セミナー

RISSワークショップ

開催日時
2020年6月16日(火) 18:00-19:30
場所
Zoomにて開催いたします
報告者
松田一茂 (一橋大学大学院経済学研究科)
論題
“College Education and Income Contingent Loans in Equilibrium: Theory and Quantitative Evaluation” (with Karol Mazur)
要旨
This paper investigates the welfare and efficiency implications of income-contingent loans (ICLs) for financing risky college graduation. We show that the laissez-faire allocation is constrained inefficient. Furthermore, we show that although ICLs can restore the second best efficiency of the economy, the social planner may achieve the same outcomes using progressive income tax systems. Building on these insights, we construct an overlapping generations life-cycle economy with heterogeneous agents and calibrate it to the US education and labor markets. While the current design of ICLs induces significant redistribution across wealth-ability groups, it does not increase overall utilitarian welfare, as it is largely substituted by the existing progressive income tax system.
備考
※URLはメールにてご案内いたします。本機構研究員以外のメーリングリストに登録のない研究者で参加をご希望の方は、ご所属・ご氏名・メールアドレスを<riss@ml.kandai.jp>までお知らせください。

RISSワークショップ

開催日時
2020年6月10日(水) 17:00-18:30
場所
Zoomにて開催いたします
報告者
難波敏彦 (本機構PD)
論題
“The Cost of Gaming in Quota Contracts”
要旨
This paper studies the effect of system gaming in the dynamic moral hazard model. It is well known that the gaming is an important problem when firms use a nonlinear incentive contract such as quota-based contracts.However, it is not known how the gaming affects the type of the optimal contract. In this paper, we characterize the optimal incentive contract and show that if the agent's productivity is relatively high, quota-based contracts is more profitable for firms than linear contract even when the agent can manipulate outputs. Moreover, we compare this gaming situation with non-gaming situation in which the agent can not game the system in order to investigate the effect of gaming. We also show that if the agent is less productive, then the gaming effect is more profitable for firms.
備考
※URLはメールにて前日にご案内いたします。本機構研究員以外の研究者で参加をご希望の方は、前日までにご所属・ご氏名・メールアドレスを<riss@ml.kandai.jp>までお知らせください。

研究セミナー

資料
PDF
開催日時
2020年3月7日(土) 13:00~18:00 (開場12:30) 延期いたします
共催
関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構・国際ソシオネットワーク戦略学会
テーマ
社会科学における実験研究とRISSの役割
趣旨
近年、経済学のみならず社会科学全般において実験研究が盛んに行われている。経済実験室を有するRISSには、共同利用・共同研究拠点として、こうした流れを加速させることが期待される。 そこで本セミナーでは、商学・政治学の研究者の参加を得て、社会科学における実験研究の到達点を共有するとともに、経済実験室の利用者による研究成果報告を得ることで、 社会科学に対するRISSの役割と貢献のあり方を考える。
プログラム
開会の挨拶
13:00-13:05
 本西泰三 機構長 (関西大学経済学部・教授)

総合司会
13:05-13:10
 名取良太 副機構長 (関西大学総合情報学部・教授)

Session 1
 Chair 名取良太 (関西大学総合情報学部・教授)

13:10-13:55
「Optimal Timing for Retargeting: Evidence from Field Experiments」(Authors: Takeshi Moriguchi, Xueming Luo, Jing Li, Xianghua Lu)
 守口 剛 (早稲田大学商学学術院・教授)

13:55-14:40
「政治学における実験室実験の現状と課題」
 谷口尚子 (慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科・准教授)

14:40-15:25
「サーベイ実験を用いた2019年沖縄県民投票の分析:選択肢デザイン効果と投票参加効果」(著者:久保慶明・岡田勇・柳至)
 久保慶明 (琉球大学人文社会学部・准教授)
 岡田 勇 (名古屋大学大学院国際開発研究科・准教授)

15:25-15:45 Short Break

Session 2
 Chair 小川一仁 (関西大学社会学部・教授)

15:45-16:10
「多サイト経済実験はどのようにすれば可能か:被験者の認知能力と属性の制御」(著者:小川一仁・尾﨑祐介・川村哲也・高橋広雅・田口聡志・藤井陽一朗・渡邊直樹)
 小川一仁 (関西大学社会学部・教授)

16:10-16:35
「製品選択場面における眼球運動の分析手法について」(著者:川杉桂太、村上始、渡辺藍丸、竹村和久)
 川杉桂太 (早稲田大学大学院生)

16:35-17:00
「A School Choice Experiment:Cognitive Ability and Information」(Authors: Naoki Watanabe, Tetsuya Kawamura, Kazuhito Ogawa)
 渡邊直樹 (慶應義塾大学大学院経営管理研究科・准教授)

17:00-17:10 Short Break

17:10-17:35
「小刻みな税率引き上げが消費に与える影響:くじ消費実験による分析」
 竹本 亨 (帝塚山大学経済経営学部・教授)

17:35-18:00
「Reciprocity is different: Experimental evidence from trust game between Japanese domestic and international students.」 (Authors: Tetsuya Kawamura, Yoichiro Fujii, Yusuke Osaki, Gou Otani and Ryuji Saito)
 尾﨑祐介 (早稲田大学商学学術院・准教授)
お申込・お問合せ先
関西大学 研究所事務グループ(ソシオ機構)
E-mail riss@ml.kandai.jp
Tel 06-6368-1228

氏名・所属機関名・職名を記載の上、電子メールにてお申し込み下さい。 なお、事前の申込みなしでもご参加いただくことができます(当日お名前等を頂戴します)。

RISSワークショップ

開催日時
2020年2月26日(水) 17:00-18:30
報告者
澤田有希子 (龍谷大学 経済学部 講師)
論題
"Deep Regional Trade Agreements and Cross-border Technology Transfer: Theory and Evidence"
要旨
In this study, we examine whether deep regional trade agreements (RTAs) facilitate cross-border technology transfer. As a mode of technology transfer, we focus on licensing. We first derive a micro-founded structural gravity equation for cross-border licensing from a model in which heterogeneous firms choose to supply their goods to foreign markets by exports, foreign direct investment, or licensing. We show several comparative statics results regarding the effects of changes in fixed costs of serving the destination country, the freeness of trade, and the strength of intellectual property right (IPR) protection on exports of licensing fees. We then empirically test predictions from our model by using data on bilateral exports of royalties and licensing fees for 181 countries/regions for the period 1995-2012. Various dummy variables are used to measure the impact of shallow and deep RTAs. Consistent with our theoretical prediction, we find that a shallow RTA without IPR provision may reduce total exports of licensing and that a deep RTA with legally enforceable IPR provision will increase total exports of licensing. The net effect of forming a deep RTA is positive.

データ市場特集Ⅵ「異文化連携と生活空間イノベーション」国際シンポジウム
2nd International Symposium on Socionetwork Strategies in the Market of Data -Intercultural Collaboration and Life Space Innovation-

開催日時
2020年2月15日(土) 9:00-17:00
主催
東京大学国際オープンイノベーション機構、関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構
共催
データジャケット推進WG、イノベーション・システム研究環(愚人の輪)
プログラム
9:00-11:00

Openning

「人の生活を中心としたスマートシティづくりのあり方の一例」(An example of how to create a smart city centered on human life)
 Kazunori Takayanagi(高柳和則)(enebular Technology Unit, Business Planning, Uhuru Corporation)

「島根県高津川流域における関係人口創出事業と活動について」(Related population creation activities in Shimane Takatsu river basin)
 Yumiko Nagoh(Project Manager, Institute for Open Innovation, The University of Tokyo)

「The expected potential of living labs on the urbanism」
 Sae Kondo(近藤早映)(Assistant Professor, Research Center for Advanced Science and Technology (RCAST), The University of Tokyo)

11:40-14:00

Field Work and Lunch Break

14:00-16:30

「Social and active inclusion of the elderly in the city through walkability: innovative approaches from data collection until simulation」
 Stefania Bandini(Professor, Department of Computer Science, University of Milano-Bicocca(Italy) / Research Fellow, Research Center for Advanced Science and Technology (RCAST), The University of Tokyo)

「Data Jackets may Change with Your Drifting Speed in the Real Field」
 Yukio Ohsawa(Professor, Department of Systems Innovation School of Engineering, The University of Tokyo)

「Variable- and Context-based Knowledge Base for Reducing Belief Drift」
 Teruaki Hayashi(Associate Professor, Department of Systems Innovation School of Engineering, The University of Tokyo)

「Visualization of Clinical Activities in University Hospital」
 Shusaku Tsumoto(Professor, Department of Medical Informatics, Shimane University)

「DA Algorithm and its Applications: School Choice and Personnel Assignment」
 Naoki Watanabe(渡邊直樹)(Associate Professor, Graduate School of Business Administration, Keio University)
備考
言語:基本は英語
詳しい内容につきましては外部サイトをご参照ください。

データ市場特集Ⅵ「異文化連携と生活空間イノベーション」研究会

開催日時
2020年2月14日(金) 10:00-17:45
場所
島根大学 出雲キャンパス 看護学科棟2F N-21講義室
主催
電子情報通信学会、人工知能と知識処理研究会(AI研究会)
共催
東京大学国際オープンイノベーション機構、関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構、データジャケット推進WG、イノベーション・システム研究環(愚人の輪)
プログラム
10:00-10:10
オープニング
 早矢仕晃章(東大)

10:10-10:30
「共創的合意形成を支援する因子の解明とコミュニケーション環境の提案」
 ○近藤早映(東大)・宮前太一・葛谷正明・笹川佳蓮・関川博之(イトーキ)沼田崇志(日立)・大西耕大郎・大野裕子(ハウス)前田薫子・後藤智香子・小泉秀樹(東大)

10:30-10:50
「丸の内データコンソーシアムの取組について」
 ○奥山博之・小松原綾(三菱地所)

10:50-11:00
ディスカッション

11:00-11:20
「地域体験プログラム「いわみん」の展開と効果について」
 ○伊藤康丈(一般社団法人イワシノチカラ代表理事)

11:20-11:40
「子育て支援策と出生率の全国市町村データ流通・集積の必要性」
 松永佳子○日紫喜光良(東邦大)

13:00-13:40
[招待講演] 「最先端スマートシティにおけるAI活用の実践 日本初の民間主導による益田サイバースマートシティ」
 豊崎禎久(アーキテクトグランドデザイン株式会社 ファウンダーーフアーキテクト、一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会 専務理事)

14:00-14:20
「決定木学習と多項式モデルを用いた麻酔薬目標血中濃度推定に関する研究」
 ○荊 天・榮坂俊雄(北見工大)

14:20-14:40
「データ分析手法を用いたストレスチェックデータの活用」
 ○岡田佳也・大西圭介・秋元正博(構造計画研)

14:40-14:50
「データの分析と合成を巡るクワイン哲学 現代の観点から「経験主義の2つのドグマ」を再考」
 ○小池誠(小池誠マイクロ波研)

15:00-15:10
ディスカッション

15:10-15:30
「データジャケット論理に基くデータ価値連成の可視化」
 ○大澤幸生・早矢仕晃章・石村源生(東大)・白水督久(DJWG)

15:30-15:50
「創造的データバリューチェーン記述モデルの提案」
 ○早矢仕晃章・石村源生(東大)・白水督久(DJWG)・大澤幸生(東大)

15:50-16:10
「IMDJ (Innovators Marketplace on Data Jackets)を利用した新しい科学技術コミュニケーション手法の提案」
 ○石村源生・早矢仕晃章(東大)・白水督久(DJWG)・大澤幸生(東大)

16:30-16:50
「次世代専門商社のビジネスモデルとデータジャケット 本モデルの10年間とこれから」
 ○宇治桂一(INS)

16:50-17:10
「共通変数から推定が容易な潜在変数を融合対象とするデータフュージョン」
 ○西尾義英・谷田泰郎(シナジーマーケティング)

17:10-17:30
「t-SNEを用いたベネフィットセグメンテーションによる顧客分析」
 ○齊藤史哲(千葉工大)

17:30-17:45
講評・クロージング
 大澤幸生(東大)

18:00-
参加者交流会
備考
言語:日本語
詳しい内容につきましては電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会のウェブサイトをご参照ください。

RISSワークショップ

開催日時
2020年1月29日(水) 17:00-18:30
報告者
渡辺誠 (VU University Amsterdam)
論題
"Endogenous repo cycles" (with Vyacheslav Arbuzov, Yu Awaya, and Hiroki Fukai), June 2019
要旨
This paper presents a simple and tractable equilibrium model of repos, where col-lateralized credit emerges under limited commitment. We show that even if there is no time variation in fundamentals, repo markets can fluctuate endogenously over time. In our theory, repo market fragilities are associated with endogenous fluctuations in trade probabilities, collateral values, and debt limits. We show that the collateral premium of a durable asset will become the lowest right before a recession and the highest right after the recession and that secured credit is acyclical.

RISSワークショップ

開催日時
2019年11月26日(火) 17:30-19:00
報告者
尾山大輔 (東京大学 大学院経済学研究科(経済学部))
論題
”Adversarial Information Design in Binary-Action Supermodular Games” (with Stephen Morris and Satoru Takahashi)

RISSワークショップ

開催日時
2019年11月12日(火) 18:00-19:30
報告者
須永美穂 (京都大学 経済研究所 学振PD)
論題
“Risk Aversion, Longevity, and Fertility in an Overlapping Generations Model”
要旨
This study analyzes how population aging affects an economy through the behavior of the young and the old’ financial assets selecting. We construct an overlapping generations model where an economy grows by capital and production goods created by individual activities. Outcomes of this activities are stochastically determined. Moreover, old individuals are supposed to be more risk averse than young individuals. We show that how capital accumulated in an economy with population aging depends on the degree of risk averse of old individuals. Both increasing longevity and decreasing fertility do not promote capital accumulation in an economy where old individuals are much more risk averse. Moreover, populating aging decreases output of final goods in such an economy.

RISSワークショップ

開催日時
2019年10月15日(火) 18:00-20:00
報告者
Jauer CHEN (東京国際大学 国際戦略研究所 准教授)
論題
“Causal Random Forests Model using Instrumental Variable Quantile Regression”
要旨
We propose an econometric procedure based mainly on the generalized random forests method of Athey, Tibshirani and Wager (2019, The Annals of Statistics). Not only does this process estimate the conditional quantile treatment effect nonparametrically, but our procedure yields a measure of variable importance in terms of heterogeneity among control variables. We also apply the proposed procedure to reinvestigate the distributional effect of 401(k) participation on net financial assets, and the quantile earnings effect of participating in a job training program.