KANSAI UNIVERSITY

国際インターンシップ

日本は世界との交わりや、国際的なビジネスの中で、成り立っています。
そんな「グローバル社会」に対応するため、キャリアセンターでは、国内外を問わず国際的な仕事に就くことをめざす学生をサポートするプログラムを用意しています。

国際インターンシップ〔問題発見・解決型〕(上海・ベトナム)

現地でしかできない経験を通じて、「海外で働く」ことを体感できる研修プログラムです。
アジアの2 大都市、中国の上海とベトナムのホーチミンを舞台に、2 種類のプログラムを実施しています。現地に事業展開している日系企業への訪問や、現地の大学生とのグループワーク、現地で活躍している本学OB・OGとの交流会などが設けられており、「グローバル人材とは何か」を学び、さまざまな視点から自らの見識を拡げ、大きく成長する絶好の機会となります。
グローバル人材への第一歩を踏み出す学生を支援するため、学部1年次生から参加可能なプログラムです。2017年度は、51人の学生を派遣しました。

国際インターンシップ〔就業体験型〕(ロサンゼルス・ニューヨーク・インド)

近年「グローバルスタンダード」という言葉が当たり前のように使われるようになるとともに、日本社会のグローバル化は喫緊の課題として捉えられ、多くの企業が海外に進出し、ビジネスを展開しています。
国際インターンシップ〔就業体験型〕は、海外にある日系企業や現地企業で約1ヶ月間、実際に就業体験を行います。世界を代表する都市での就業体験や多くの社会人との出会いを通じて、異なる文化や価値観に触れ、グローバル社会で活躍するために必要な姿勢・スキルを学びます。2017年度は、41人の学生を派遣しました。                               

国内のインターンシップ

国内で実施されるインターンシップについては「インターンシップについて」(内部リンク)をご覧ください。

インターンシップについて

ページの先頭へ戻る