KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

英語Ⅰab (Listening & Speaking)

講義概要 指定のトピックに関するまとまった英文を[必要に応じてノートを取りながら]聞き (Listening)、その内容について口頭で要約したり議論したりする (Speaking)。1年次配当の英語Ⅰabでは、易しめの素材を使い、必要に応じてテクストの音読やシャドーイング練習を行って基礎的かつ自然な英語音声の聞き取り・発音能力を養うことに力点を置く。このような活動を通じて、日常およびアカデミックな状況に対応できる口頭でのコミュニケーション中心の英語運用能力の基礎を養成する。
到達目標 一般的な内容の話し言葉はとくに大きな支障なくほぼ理解することができ、簡単な文や単語を使って自分の意思を口頭で表現することができる。

英語Ⅱab (Reading & Writing)

講義概要 指定のトピックに関するまとまった英文を精読もしくは速読し (Reading)、これを要約するとともに自分の意見を加えて英文を書く (Writing)。1年次配当の英語Ⅱabでは、とくに基礎的な読解スキル・読解方法や英文ライティングの基礎(例:パラグラフ・テクスト構成、論理展開、要約、パラフレーズ等)について取り扱うとともに、文法・語法に関する能力を養う。このような活動を通じて、日常およびアカデミックな状況に対応できる書き言葉でのコミュニケーション中心の英語運用能力の基礎を養成する。
到達目標 一般的な内容の英文をとくに大きな支障なく読み、その内容を英語で要約したり自分の意見を加えながら、簡潔かつ論理的な文章で表現することができる。

英語Ⅲab (Advanced Listening & Speaking)

講義概要 指定のトピックに関するまとまった英文を[必要に応じてノートを取りながら]聞き (Listening)、その内容を口頭で要約したり、自分の意見を加えて議論したりする (Speaking)。2年次配当の英語Ⅲab では、英語Ⅰab を踏まえてより発展的な内容の素材を使い、Listening (Input) と Speaking (Output) が有機的に連関した授業を展開する。このような活動を通じて、とくにアカデミックな状況に十分に対応できる口頭でのコミュニケーション中心の英語運用能力を養成する。
到達目標 アカデミックな内容の話し言葉をとくに大きな支障なくほぼ理解することができ、より複雑で高度な文や単語を使って自分の意思を口頭で表現することができる。

英語Ⅳab (Advanced Reading & Writing)

講義概要 指定のトピックに関するまとまった英文を精読もしくは速読し (Reading)、これを適切に要約しながら自分の意見を加えて英文を書く (Writing)。2年次配当の英語Ⅳabでは、英語Ⅱabを踏まえてより発展的な内容の素材を使い、Reading (Input) と Writing (Output) が有機的に連関した授業を展開する。このような活動を通じて、とくにアカデミックな状況に十分に対応できる書き言葉でのコミュニケーション中心の英語運用能力を養成する。
到達目標 アカデミックな内容の英文をとくに大きな支障なく読み、その内容を英語で要約したり自分の意見を加えながら、より複雑で高度かつ論理的な文章で表現することができる。

英語Ⅴab (上級アカデミックライティング1,2)

講義概要 アカデミックライティングの基本を学習したのち、学生は各自、任意のトピックについて授業内でミニリサーチを行い、これに基づいて学期末までに所定の要件(書式・枚数・内容等)を満たす英文のアカデミックぺーパーを完成する。トピックの設定およびミニリサーチについては第1回目の授業で詳しく説明する。秋学期開講の「上級アカデミックライティング2」ではこれをさらに発展させた授業を行う。
到達目標 特定のトピックについて自ら情報収集をし、これを所定の基準を満たした学術的な論文または報告書としてまとめ上げることができる。

英語Ⅴab (上級リーディング1,2)

講義概要 学生は各自、自分の関心に応じた「リーディングプロジェクト」を計画し、これに従ってリーディング活動を行うとともに、その内容を「リーディングログ」に記録する。毎週の授業では、各自読んだものの要旨(感想やコメントを含む)を英語で発表し、質疑応答を行う。教室活動は原則として小グループで行う。秋学期開講の「上級リーディング2」では、これをさらに発展させた授業を行う。
到達目標 自らのイニチアシブでリーディング活動を継続的に行うとともに、読んだ内容を的確に要約し、自分の感想やコメントを加えて他人に伝えることができる。

英語Ⅴab (検定試験対策1,2)

講義概要 上級者用TOEIC対策コース。TOEICに特化した授業を行うことで、より高いスコア取得を目指すとともに、高度な英語運用能力を養成する。春学期と秋学期では異なる目標レベルを設定する。(共通の目安として、少なくともTOEIC 670 以上のスコアの取得を目指すが、具体的な得点目標は原則として履修者が各自のレベルに応じて設定するものとする)。
到達目標 (1)自ら設定した目標の達成に向けて現実的な学習計画を立て、これを着実に実行することができる。(2)履修開始時と比べてより高いTOEICスコアを取得することができる。

英語Ⅴab (Integrated Skills for Communication1,2)

講義概要 In small groups, students engage in in-class mini research projects, prepare PPT (or poster) presentations, and present them to the entire class. The audience is required to take notes of each presentation and ask questions in a subsequent Q&A session. Four weeks will normally be allocated to complete one project (i.e., 1st week for in-class research, 2nd & 3rd weeks for PPT/poster preparation,and 4th week for presentation and class discussion). The class is conducted entirely in English, although the use of students' L1 is not necessarily forbidden as long as it contributes to the achievement of course objectives.
到達目標 Being able to actively participate in task-based communicative activities, making the full use of the language and communication skills learned in English I-IV.

英語Ⅵa (English for Science and Engineering)

講義概要 This is an introductory lecture course conducted in English, with a focus on English for  Science and Engineering.  Although primarily intended for students in Science and Engineering departments, this course is open to students from other departments/disciplines. Students are strongly recommended to take at least one of the three "English VIa" courses before taking "English VIb" offered in the Fall semester.
到達目標 Students can participate in in-class communicative activities conducted in English in the area of their specialization more actively and with confidence than they were able to before taking this class.

英語Ⅵb (Adv. Seminar in Science and Engineering)

講義概要 This is a content-based advanced lecture course conducted entirely in English, where students are given opportunities to make the most of the academic and language skills they learned in English I to V. May include language instructions, but the main focus of the course is on the acquisition and active learning of advanced knowledge in Science and Engineering.
到達目標 Students can participate in in-class communicative activities conducted in English in the area of their specialization more actively and with confidence than they were able to before taking this class.

英語Ⅵa (English for Business and Economics)

講義概要 This is an introductory lecture course conducted in English, with a focus on English for  Business and Economics. Although primarily intended for students in Business and Economics departments, this course is open to students from other departments/disciplines. Students are strongly recommended to take at least one of the three "English VIa" courses before taking "English VIb" offered in the Fall semester.
到達目標 Students can participate in in-class communicative activities conducted in English in the area of their specialization more actively and with confidence than they were able to before taking this class.

英語Ⅵb (Adv. Seminar in Business and Economics)

講義概要 This is a content-based advanced lecture course conducted entirely in English, where students are given opportunities to make the most of the academic and language skills they learned in English I to V. May include language instructions, but the main focus of the course is on the acquisition and active learning of advanced knowledge in Business  and Economics.
到達目標 Students can participate in in-class communicative activities conducted in English in the area of their specialization more actively and with confidence than they were able to before taking this class.

英語Ⅵa (English for Communication and Cultural Studies)

講義概要 This is an introductory lecture course conducted in English, with a focus on English for  Communication, Linguistics, and Cultural Studies. Although primarily intended for students majoring in social sciences, this course is open to students from other disciplines including natural sciences. Students are strongly recommended to take at least one of the three "English VIa" courses before taking "English VIb" offered in the Fall semester.
到達目標 Students can participate in in-class communicative activities conducted in English in the area of their specialization more actively and with confidence than they were able to before taking this class.

英語Ⅵb (Adv. Seminar in Communication and Culture)

講義概要 This is a content-based advanced lecture course conducted entirely in English, where students are given opportunities to make the most of the academic and language skills they learned in English I to V. May include language instructions, but the main focus of the course is on the acquisition and active learning of advanced knowledge in Communication and Cultural Studies.
到達目標 Students can participate in in-class communicative activities conducted in English in the area of their specialization more actively and with confidence than they were able to before taking this class.
page top