関西大学へのご寄付について

給付奨学生の声

給付奨学生の声

原 美都紀

給付奨学金のおかげで、充実した学生生活を送ることができています。

原 美都紀

文学部
原 美都紀さん

 私は現在、アジア文化専修に所属しており、日本を含めたアジアの諸文化について学ぶゼミに所属しています。また、体育会水上競技部にも所属しており、毎日他の部員たちと楽しく練習に励んでいます。勉学と部活動を両立させるにあたって、アルバイトに割く時間がほとんど確保できないため、給付いただいた奨学金は全て学費などの修学に関する費用に充てています。その結果、勉学面では希望するゼミに所属することができ、部活動ではインカレ(日本学生選手権)に出場することができました。奨学金のおかげで、何事にも目標に向かって全力で打ち込むことができ、充実した毎日を送ることができています。今後も学生である今しかできない様々なことに挑戦し、感謝の気持ちを忘れず、さらなる成長を目指し、勉強、練習に励んでいきます。

濱崎 大海

奨学金のおかげで充実した学生生活を送ることが出来ます!

濱崎 大海

経済学部
濱崎 大海さん

 私は、よりレベルの高い環境に身を置き、自分がどこまで通用するのか試したいと思い、体育会野球部に所属しています。入学当初から勉学にも力を注ぎ、文武両道を体現するために何事にも全力で取り組んでいます。
 給付奨学金を学費や部費として活用することで、経済面の不安が軽減され、加えて、アルバイトに割いていた時間を勉学や野球に充てることができ、充実した学生生活を送ることが出来ています。
 今後も現状に満足することなく、奨学生としての自覚と責任を持ち、社会に出た時にこの御恩を返せるよう、より一層身を引き締め、文武両道に励みたいと思います。

米田 紗菜

給付奨学金をいただいたおかげで、学業に打ち込むことができています!

米田 紗菜

心理学研究科
米田 紗菜さん

 私は心理臨床学専攻に進み、心理臨床について実践的に学びながら、体験過程理論やフォーカシングについて研究しています。合わせて、公務員試験の勉強にも励んでいます。
 給付奨学金は主に学費や学外実習での交通費、研究にかかる書籍や実習に必要なものの購入費用として活用しています。実習が多いため学業とアルバイトの両立が難しい中、給付奨学金をいただき、安心して研究や実習に専念することができました。
 コロナ禍の学生生活は思うようにいかないことも多くありましたが、給付奨学金を通して支えていただいていることに感謝し、今後もより一層研究活動に励みます。