関西大学へのご寄付について

遺贈・相続財産によるご寄付

「遺贈」は社会貢献のひとつの“カタチ”です。

「人生の集大成に社会貢献したい」「自身の遺産を社会に役立てたい」「将来を担う関西大学の学生のために、少しでも財産を使ってほしい」といったことを考えられる方が近年、増えてきています。

このような皆様方の声に寄り添うために、このたび、2021年4月から「関西大学遺贈寄付信託制度」を導入しました。

「遺贈によるご寄付」は、今回導入した「関西大学遺贈寄付信託制度」と、三井住友信託銀行及びりそな銀行と提携している従来の遺贈寄付の2種類があります。いずれも関西大学へご遺贈いただいた財産については、相続税は非課税となります。また、「相続財産によるご寄付」についても、ご逝去された翌日から10カ月以内に相続税の手続きを行っていただければ相続税は非課税となります。(関西大学にて文部科学省発行の「相続税非課税対象法人の証明書」の申請を行います。)

「遺贈」や「相続財産によるご寄付」をされた方に対して、寄付金額が100万円以上に達しますと感謝状や栄誉称号の贈呈をさせていただきます。(詳細は「顕彰制度・特典」をご参照ください。)

関西大学にご相談いただければ、提携金融機関へのご紹介や該当するパンフレットをお送りさせていただきますので、本学への遺贈寄付について是非ともご検討いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

関西大学遺贈寄付信託制度

「関西大学遺贈寄付信託制度」は、「遺言信託」から一歩進んだ、全く新しい「遺贈寄付」の制度です。株式会社りそな銀行による「関西大学遺贈寄付サポートプラン」を利用した、遺言書の作成が不要という、従来よりも簡便な手続きで申込みができる、本学独自の制度となっています。

また、本制度は、寄付者様が「遺贈への想い」をりそな銀行に託してから実際に関西大学に遺贈されるまでの間、有効活用して資産運用を行うというわが国で初めてとなる「資産運用型の遺贈寄付信託制度」です。

●本制度の特徴(りそな銀行による「関西大学遺贈寄付サポートプラン」より)
  • ■ 遺言信託よりも簡単な手続きで300万円から申込みが可能

    従来の遺言信託では、「遺言書の作成」といった複雑な手続きがありますが、本制度では、「りそなファンドラップ(投資一任)契約」と「資産承継特約付贈与契約」の2つを同時期に締結するだけで、300万円という金額から遺贈寄付ができます。

    また、医療費、介護費など健康上の理由等により不測の事態での資金が必要となった場合には、資金の一部または全部の解約が可能です。ただし、全部解約の場合は、運用資産の換金後資金のうち20%相当額が本学への寄付となり、残額を契約者本人に支払うことになります。

  • ■ 寄付者様には「感謝状」および「栄誉称号」を贈呈

    本学では従来、100万円以上の寄付者様に感謝状を贈呈していますが、本制度を利用された寄付者様に対しては、契約後に本人に「感謝状」の贈呈を行います。またご逝去後には、配偶者などの遺族の方へ「栄誉称号(寄付金額100万円以上の方が対象)」を贈呈し、ご芳名を末永く顕彰します。

  • ■ りそな銀行が寄付者様の意向に沿った形で資産を運用

    長年の年金運用で培った運用ノウハウを有するりそな銀行が、ファンドラップ契約に基づいて寄付者様の意向に沿った運用を行います。「関西大学遺贈寄付サポートプラン」は、利用者のライフプランや投資の意向に応じて最もふさわしい資産配分で運用を行う「りそなファンドラップ」に遺贈寄付機能をセットしたものです(遺贈寄付機能があるファンドラップは国内初)。利用者は将来の寄付資金の増額や、一定の運用収益を受け取ることができます。

●本制度の仕組み

仕組み

※ 関西大学へご遺贈いただいた財産は、原則として相続税は非課税となります。

●お問合せ先

りそな銀行天六支店 TEL:06-6353-2241

〈 遺贈によるご寄付の流れ 〉
  1. 遺贈によるご寄付をお考えの方

  2. 関西大学に事前のご相談

    1. 関西大学遺贈寄付信託制度
    2. りそな銀行(天六支店)による
      「関西大学遺贈寄付サポートプラン」を利用

      ※契約後、関西大学から感謝状の贈呈(生前顕彰)
    3. 寄付者様ご逝去後にご遺族様からりそな銀行へご連絡

    1. 信託銀行のご紹介

      ※三井住友信託銀行、りそな銀行と提携(直接のご相談も可)
    2. 信託銀行にてご相談

    3. 遺言書の作成・管理・保管

    4. 遺言の執行

  3. 関西大学への寄付金として受入れ

    ⇒関西大学から、寄付金領収書の送付、栄誉称号の贈呈(100万円以上の場合)
    ※通常の遺贈の場合、入金確認後に感謝状の贈呈(100万円以上)
〈 相続財産によるご寄付の流れ 〉
  1. ご遺族様からのご相談・お申し出

  2. 関西大学にて故人様、本学とのご関係等についてお伺い

  3. ご寄付に関する事前確認書類の送付

  4. ご遺族様から書類の提出・ご寄付の受入れ

    ※関西大学から顕彰
  5. 関西大学にて文部科学省に「相続税非課税対象法人の証明書」の発行申請、
    相続税の申告に必要な領収書等書類の送付

    ※ご逝去された翌日から10カ月以内に手続きを行ってください。
    文部科学省からの証明書の発行は、約2カ月を要します。
  6. ご遺族様にて相続税の申告・納付

お問い合わせは財務局募金室までお願いします。
(直通電話:06-6368-1137