• Youtube
  • Facebook
  • Twitter
  • instagram
  • LINE

What's New詳細

information2017/02/13 【関西大学国際活動事例集(2)】環境都市工学部 江川直樹「カンボジア、カンポンプロック村の実測調査と、継続的な村の変容調査」

関西大学には700名を超える教員が所属し、その中には特色ある国際活動を行っている教員も多数存在します。
そのような活動を広く学内外に周知するために、「関西大学国際活動事例集」として公開しております。  

第2弾は、環境都市工学部 江川直樹先生の「カンボジア、カンポンプロック村の実測調査と、 継続的な村の変容調査」をご紹介します。  
2005年以降、江川先生の研究室に所属する学生が継続的に現地を訪ね、「伸縮する湖」の調査を続けています。カンポンプロック村の美しい景色もお楽しみいただける記事となっております。詳しくはPDFファイルをご覧ください。  

今後も引き続き特色ある事例を紹介することで、「関大には、人がいる」ことを伝えてまいります。お楽しみに。

環境都市工学部 江川直樹「カンボジア、カンポンプロック村の実測調査と、継続的な村の変容調査」

【ご参考】 (1)化学生命工学部 老川典夫「理工系学生とドイツの研究者および学生との国際交流」」