CARES-Osaka|関西大学国際部
KANSAI UNIVERSITY

CARES-Osaka

KANSAI UNIVERSITY

CARES-Osaka

Communal Actions for Resident and Employment Support by Osaka

文部科学省 住環境・就職支援等受入れ環境充実事業

CARESコンソーシアムとは?

大阪の留学生の増加を促進し、留学生が卒業後も日本で就職し、大阪の地域住民とともに共生する「大阪=第二のふるさと」の創生を支援するために組織された、産・官・学・金(金融)・地(地域)コンソーシアムです。従来からの学術交流協定、文部科学省留学生交流拠点整備事業(平成24〜26年度実施)などを通してすでに連携体制が構築されている関西大学と大阪大学が舵取りを行い、産・官・学・金・地コンソーシアム参画組織それぞれの強みを生かし、また単独では脆弱な側面を互いに補い合いながら留学生の就職・住環境支援体制を強化し、

  • 優秀な(正規入学)留学生の獲得から
  • 日本・日系企業で活躍する優秀なグローバル人材としての輩出
  • 地域に溶け込み「共生するOsaka Residents(地域住民)」として生活していくプロセスを総括的かつロングスパンで下支えする(=ケアする)

取組を推進しています。
2016年には、大阪市立大学、大阪府立大学もコンソーシアムに加わり、2017年12月現在、4大学、30団体を擁しています。

CARES-Osaka

CARES-Osakaコンソーシアム参画機関