KANSAI UNIVERSITY

研究費 [緊急募集]新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の 克服に関する研究課題 (教育研究緊急支援経費)

概要

今や世界中に猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界で死亡者数27.9万人、感染者402.4万人、国内死亡者数624人(2020年5月10現在)という甚大な被害をもたらしています。さらに、感染防止のために人と人との交流が遮断され、日常の活動も長期にわたり制約を受けるなど、社会には大きなストレスと閉塞感が蔓延しています。一刻も早くこの状況を克服し、人類の健全で文化的な暮らしを取り戻すことが、最大の課題となっています。
本学においても、総合大学としての強みを活かし、この最重要課題の解決に向けて、迅速に取組むことで、社会的な責務を果たすことが重要であると思料いたします。
つきましては、今般の新型コロナウイルス禍の克服に資する研究課題を下記のとおり緊急募集いたします。
なお、今回の課題募集は、事態の緊急性に鑑み、2020年度「教育研究緊急支援経費」予算から措置(今年度限り)しますが、次年度以降についても、「教育研究高度化促進費」の募集において、今回と同様の研究課題を含めることを予定しています。
また、審査は原則として、関西大学教育研究緊急支援経費取扱規程に基づいて行うものとします。


研究課題

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の克服に向けての社会的課題の解決に資するものに限る

具体的な研究アプローチの例示:

  • 大地震が発生し避難所への避難が必要になったときの感染症対策(複合災害発生時の問題)
  • 公衆衛生の立場から見た感染症対策の研究
  • ウイルス感染症の予防・治療につながる医薬品の開発
  • 医療崩壊を回避するための社会資源の研究
  • 経済界・産業界に与える影響に関する研究
  • ポスト・コロナに予想される時代の変革(働き方を含む生活様式の変化など)
  • 罹患者への差別や社会的孤立の解消に向けての研究(社会学的・心理学的アプローチ等)
  • SNSによるデマ拡散などを分析する社会行動学的アプローチ
  • 感染症対策にかかわる現行の法制度の限界と課題
  • エビデンスに基づいた修学困難な学生への支援について
  • 緊急事態宣言下(行動制約下)における学生の生活行動パターンについて
  • オンライン教育の功罪
  • 過去のスペイン風邪の研究(歴史研究)
  • 感染症と人類の戦いの歴史からみた時代の変化
  • 文化(活動)の復興 等

助成対象

区  分 個人研究 共同研究
募集形態 本学の専任教育職員(特別契約教授を含む)が単独で行う研究 本学の専任教育職員(特別契約教授を含む)が共同で行う研究
研究期間 2020年7月1日(予定)~2021年3月31日
助成額(1件あたり) 100万円以下 300万円以下
採択予定件数 4件程度 2件程度

申請

教育研究緊急支援経費計画書(COVID-19)を、所属長を経て、学長に提出。
(申請される場合は、あらかじめ研究支援・社会連携グループ(研究支援担当)にご相談ください。)

審査会

大学執行部において審査を行う。

タイムテーブル

申請(2020年5月21日~6月10日)
課題の発生時点 「計画書」等の作成
決定
審査会の開催 採択および支給額の決定
研究開始(2020年7月1日)
決定後 支出開始
決算(2021年3月15日)
当該計画等の終了後 「決算報告書」の作成
研究報告(2021年4月末)
終了後1カ月以内 「研究報告書」の作成
成果(2022年3月末)
終了後1年以内 「成果」(出版・刊行物)の提出

様式ダウンロード

以下より必要な様式をダウンロードしてください

採択実績・成果概要

                  
2020年度(令和2年度) 採択一覧 PDF(現在公募中です)

英文表記

制度名の和英対照表

作成中

成果発表の注記及び英文による謝辞

作成中

お問い合わせ先

研究費