KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  1. トップ
  2. Study Abroad プログラム

Study Abroad プログラム

SA支援センターウェブサイト案内

関西大学外国語学部SA支援センターウェブサイトはこちら

Study Abroad プログラムとは?

学部教育の一環として全員必修の留学プログラムを展開

外国語学部では、国際社会のフロントランナーとなりうる人材育成を目的とする学部教育の一環として、2年次に提携大学に1年間留学します。外国語学部の専門性に合致した科目を履修し、言語学・言語教育、異文化コミュニケーション、地域研究などの専門的知識を習得すると共に、外国語運用能力の一層の向上を目指します。

イギリス

クロス留学とは?

クロス留学とは、スタディ・アブロード・プログラムの中でも、英語と英語以外の言語(クロス留学先の言語)および専門科目を履修するものです。

現在、クロス留学先として選択できる派遣校としては韓国の韓国外国語大学と台湾の国立成功大学があります。韓国外国語大学では英語を主専攻言語として学習しながら、同時に朝鮮語を副専攻言語として学習することができます。国立成功大学では英語を主専攻言語として学習しながら、同時に中国語を副専攻言語として学習することができます。

クロス留学を希望する学生は、1年次の秋学期に「副専攻言語(各言語)クロス留学」科目を1科目履修しなければなりません。帰国後は3、4年次に副専攻言語科目履修を持続できるように科目を配置しています。また、すべての副専攻言語科目の単位を修得した場合は、成績証明書にその旨記載します。

各大学の概要

アメリカ オレゴン大学 (University of Oregon)

[概要]

創設 1876年
位置 オレゴン州ユージーン市
教職員 約1,700人
学部生 約20,000人
大学院生 約3,900人
留学生 約2,340人
学部 College of Arts and Science、School of Architecture and Applied Arts、College of Business、College of Education、School of Journalism and Communication、School of Law、School of Music and Dance
出身者 William Murphy(ノーベル生理学・医学賞受賞)、Walter Brattain(ノーベル物理学賞受賞)、Glenn Snyder(政治学者)、Ann Curry(ジャーナリスト、ニュース番組司会者)、原健三郎(政治家)、松岡洋右(外交官)
その他 オレゴン大学は、大学の街ユージーン市に位置し、1876年に設立された米国オレゴン州の基幹大学として260を越えるプログラムを開講しています。広大なキャンパスで2万人を超える学生が学んでおり、留学生は80を超える国々から集まっています。ユージーン市はオレゴン州第3番目の都市で、総合運動メーカーのナイキ発祥の地としても有名です。
冬は雨が多いものの温暖で、夏は乾燥していますが涼しく過ごしやすい気候です。治安もよく、清潔且つフレンドリーな町として有名で、小さい街ならではの良さを持ち合わせています。市内の主要交通機関はバスでポートランドまでは車で約2時間です。
大学サイト アメリカ オレゴン大学 (University of Oregon)はこちら

[プログラム]

全員英語スキル系科目を受講し、その後一定のレベルに達した学生は学部授業を受講することが可能になります。
またボランティアとして様々なコミュニティ活動に参加し、現地の人々と触れ合う機会が設けられています。




アメリカ カンザス大学 (The University of Kansas)

[概要]

創設 1865年 州立
位置 Lawrence (人口88,000)
敷地 4.5平方キロメートル
教職員 7,700名
学部生 20,300名
大学院生 8,900名
留学生 100ヶ国1,500名
学部 法、医、薬、教育、経営、社会福祉、芸術、建築、工、ジャーナリズム他
出身者 Elmer McCollum(ビタミンA発見)、Clyde Tombaugh(冥王星発見)。
その他 見渡す限り大平原の中西部に位置し、大らかなハートオブアメリカに触れることができます。
大学サイト アメリカ カンザス大学 (The University of Kansas)はこちら

[プログラム]

1) 春学期(3月下旬~4月):
英語スキル系科目授業
2) 夏学期開始前1か月:
コミュニティー活動
3) 夏学期(6月~7月):
夏期コース履修
4) 秋学期開始前2週間:
英語スキル系科目授業
5) 秋学期(8月下旬~12月中旬):
英語スキル系科目および正規大学学部授業を受講(英語レベルに応じて割合が異なります。)



アメリカ チャタム大学 (Chatham University)

[概要]

創設 1869年
位置 ペンシルベニア州ピッツバーグ
学生数 約2,200人
学部 Sustainability, Healthcare and Business Management, Communication など 40以上の学部
その他 ピッツバーグは大学街で、チャタム大学の他にピッツバーグ大学、カーナギー・メロン大学、デュケイン大学があります。グーグル、ウーバーなどの大企業がピッツバーグを東部の本拠地としてから街が急速に発展しました。キャンパスは緑に包まれており、銀行家で実業家であったアンドリュー・メロン氏から寄贈された建物が点在しています。大学から徒歩距離にギャップ、アメリカン・アパレル、J.クルーなどのおしゃれな店があります。
大学サイト アメリカ チャタム大学(Chatham University)はこちら

[プログラム]

2月~4月:
English Language Program (ELP)の英語スキル科目履修
5月〜8月:
ELPの夏学期英語スキル科目履修
8月〜12月:
(オプション1)
ELPのAdvanced 科目履修
(オプション2)
①ELPのAdvanced科目と学部科目履修
②学部科目履修

アメリカ ユタ大学 (The University of Utah)

[概要]

創設 1850年 州立
位置 Salt Lake City
敷地 6.21平方キロメートル
教職員 13,800名
学部生 23,000名
大学院生 6,500名
留学生 110ヶ国 500名
学部 自然科学、コンピュータ、人文、医学、ビジネス、教育、工学、芸術健康科学他
出身者 Alan Kay(パソコンの父)、Nolan Bushnell(ビデオゲームの父)、John Warnock(Adobe System創設者)
その他 2002年オリンピック開閉会式場。周辺に多くの国立公園があり、夏はアウトドア、冬はスキーと大自然を満喫できます。
大学サイト アメリカ ユタ大学 (The University of Utah) はこちら

[プログラム]

学力に応じて4つのレベルに分かれています。

  • 1)英語スキル系科目
  • 2)プレアカデミック英語
  • 3)ロールプレイ・スピーチ・ディベートを取り入れ、アメリカ文化や歴史を学びます。
  • 4)大学準備・アカデミックライティングに加えて、ビジネス英語・異文化間コミュニケーションについて学習。



イギリス アストン大学(Aston University)

[概要]

創設 1895年
位置 バーミンガム
教職員数 約1,250名
学部生数 約7,350名
大学院生数 約1,450名
留学生数 約1,900名
学部 Aston Business School、School of Engineering & Applied Science、School of Languages & Social Sciences、School of Life & Health Sciences
出身者 Laura Jones(BBCジャーナリスト)、Ravi Kant(TATA Motors副会長)、Veronica German(科学者,政治家)
その他 産業革命の発祥地でもあるバーミンガムの中心地に位置する、比較的小規模な大学です。ロンドンに次ぐイギリス第2の大都市での留学生活が楽しめます。
大学サイト アストン大学(Aston University)はこちら

留学プログラムの簡単な紹介

  • (1)General English(英語スキル科目)
  • (2)Pre-Sessional Programme(プレアカデミック英語)
  • (3)Junior Year Abroad(いくつかの専門分野の内容)



イギリス ウォーリック大学 (The University of Warwick)

[概要]

創設 1965年
位置 コベントリー(ロンドンから電車で北に70分)
教職員 4,400名
学部生 10,000名
大学院生 6,300名
留学生 2,500名
評価 英国大学でトップ10。ビジネス、政治経済、コンピュータでは常にトップ5以内。
学部 社会科学、自然科学、人文科学、医学
出身者 Tony Wheeler(ロンリープラネット)、Yakubu Gowon(ナイジェリア元首)、Sting(歌手)。
その他 大学近郊には、Stratford Upon Avon(シェークスピア生誕の地)、ウォーリック城、Bath(ローマ時代の温泉地)があり、イギリスの歴史と文化に触れることができます。
大学サイト イギリス ウォーリック大学 (The University of Warwick)はこちら

[プログラム]

第1期(4月~7月):
英語スキル系科目の履修
第2期(7月~9月):
英語スキル系科目+招聘講師やプロジェクトを通じた英語学習
第3期(10月~12月):
レベルに応じて大学学部授業聴講もしくはスキルコースを受講。



イギリス カンタベリー・クライスト・チャーチ大学 (Canterbury Christ Church University)

[概要]

創設 2005年
位置 カンタベリー
教職員数 約3,000名
学部生数 約14,000名
大学院生数 約3,800名
留学生数 約1,000名
学部 Faculty of Arts and Humanities(人文学部)、Faculty of Education(教育学部)、Faculty of Health and Social Care(健康・社会医療学部)、Faculty of Social and Applied Sciences(社会応用科学部)
大学の紹介 カンタベリー・クライスト・チャーチ大学は1962年専門学校の設立から発展を続け、2005年に正式に大学の認可を受けた大学で、ケント地域の高等教育機関として最大規模を誇っています。大学はいくつかのキャンパスがありますが、メインキャンパスはカンタベリー市の歴史的なシティーセンターや荘厳な大聖堂から数分のところにあります。
その他 カンタベリーは、ジェフェリー・チョーサーの著作『カンタベリー物語』にも登場する、UNESCOの世界遺産である大聖堂のある都市として有名です。この街は街道、鉄道や海からも行きやすい場所にあり、何千年もの間来訪者を歓迎してきた街です。
大学サイト カンタベリー・クライスト・チャーチ大学 (Canterbury Christ Church University)はこちら

[プログラム]

最初の20週は全員英語スキル系科目を受講し、それ以降は英語レベルに応じて英語スキル系科目を継続するか、正規大学授業を受講します。




イギリス ケント大学 (University of Kent)

[概要]

創設 1965年
位置 カンタベリー
教職員数 約3,000名
学部生数 約15,000名
大学院生数 約2,200名
学部 Humanities(人文学部)、Sciences(理学部)、Social Sciences(社会科学部)
その他 タイムズ紙の高等教育機関年鑑2008年版に掲載され、2007年の全国学生調査において、学生満足度で英国大学の上位10位内にランクされました。 ケント大学では学生に安全な環境を提供しており、優れた施設も整っています。テンプルマン図書館には100万冊以上の書籍が収蔵され、コンピューターサービス課では様々なコンピューター設備を利用する事ができます。
大学サイト ケント大学 (University of Kent)はこちら

[プログラム]

最初の18週は全員英語スキル系科目を受講し、それ以降は英語レベルに応じて英語スキル系科目を継続するか、正規大学授業を受講します。




オーストラリア クイーンズランド大学(The University of Queensland)

[概要]

創設 1909年 国立
位置 ブリスベン
教職員数 約2,750人
学部生数 約33,000人
大学院生数 約12,000人
留学生数 約4,200人
学部 人文学部(Faculty of Arts)、商・経済・法学部(Faculty of Business, Economics and Law)、工学・建築・情報工学部(Faculty of Engineering, Architecture and Information Technology)、健康科学部(Faculty of Health Sciences)、理学部(Faculty of Science)、社会・行動科学部(Faculty of Social and Behavioral Sciences)など計8学部
出身者 Peter Doherty(ノーベル生理学・医学賞受賞)、Penny Wensley(クイーンズランド州知事)、Bill Hayden(元オーストラリア総督)、Geoffrey Rush(アカデミー賞の受賞者)、Lee Boon Yang(シンガポールの情報芸術大臣)
その他 セントルシア地区にあるメインキャンパスは、ブリスベン川に面しており、ブリスベン市の中心部から7キロ離れた所に位置しています。114ヘクタール(東京ドーム約24個分)の広さを持つ緑豊かな美しいキャンパスです。
大学サイト クイーンズランド大学(The University of Queensland)はこちら

留学プログラムの簡単な紹介

3月~7月:
ICTE-UQで英語スキル系科目の授業
7月~12月:
(コース1)ICTE-UQで英語スキル系科目の授業
(コース2)コミュニケーション若しくは言語学に関する科目を11月まで大学で履修、11月から12月までは、4週間のインターンシップに参加



ニュージーランド オークランド大学(The University of Auckland)

[概要]

創設 1883年 国立
位置 オークランド
教職員数 約3,500人
学部生数 約28,000人
大学院生数 約10,500人
留学生数 約4,200人
評価 ニュージーランド国内ナンバー1の大学です。
学部 教養学部(Faculty of Arts)、ビジネス・経済学部(Faculty of Business and Economics)、教育学部(Faculty of Education)、工学部(Faculty of Engineering)、法学部(Faculty of Law)、医療・健康科学部(Faculty of Medical and Health Sciences)など計8学部
出身者 Catherine Tizard(元オークランド市長)、Helen Elizabeth Clark(第37代ニュージーランド首相)、David Lange(第32代 ニュージーランド首相)、Winston Peters(ニュージーランド・ファースト党党首)、John Hood(第295代オックスフォード大学学長、元オークランド大学学長)
その他 キャンパスは青い海と澄み渡った空が美しいオークランド市を見下ろす丘の上にあります。
大学サイト オークランド大学(The University of Auckland)はこちら

留学プログラムの簡単な紹介

4月~7月:
ELAで英語スキル系科目の授業
7月~2月:
(オプション1)ELAで英語スキル系科目の授業
(オプション2)ELAで英語スキル系の授業を12月まで、1月からは応用言語・言語学部の科目を履修
(オプション3)応用言語・言語学部の科目を履修



クロス留学 韓国外国語大学(Hankuk University of Foreign Studies)

[概要]

創設 1954年
位置 ソウル
教職員数 約1,000人
学部生数 約2万4千人
大学院生数 約3,900人
留学生数 約1,400人
学部 西洋語学部、東ヨーロッパ学部、東洋語学部、英語学部、中国語学部、日本語学部、国際学部、人文学部、教育学部、通訳翻訳学部、国際地域学部、社会科学学部、法学部、商経学部、自然科学学部、工学部など計18学部
出身者 尹徳敏(国立外交院長)、房河男(雇用労働部長官)、尹庸老(韓国外換銀行頭取)、朴龍奎(駐ニュージーランド大使)、柳正煕(駐ポルトガル大使)
その他 人文・社会・自然科学の学部を有する総合大学。特に、外国語の教育研究では韓国でトップレベルを誇る大学で、84か国329大学・129機関と国際交流協定を締結しています。交通の便が良いソウル市内にあるため、市内見学などの学外活動も効率的に行うことができます。
大学サイト 韓国外国語大学(Hankuk University of Foreign Studies)はこちら

留学プログラムの簡単な紹介

3月~8月:
韓国外国語大学韓国語文化教育院で、さまざまな国の留学生と一緒に朝鮮語を学びます。授業は週5日(月~金)、毎日4時間で、合計20週、400時間。
9月~12月:
Visiting Studentの資格で、主に英語学部で開設している科目(留学生用のクラスではなく、通常のクラス)を学部学生と一緒に受講します。受講科目はすべて英語ネイティブ教員による英語だけで行われる授業です。韓国の学生と共に学ぶので、日常的な交流の機会に恵まれています。



クロス留学 中央アジア・アメリカ大学(American University of Central Asia)

[概要]

創設 1993年
位置 キルギス共和国 首都ビシュケク市
教職員数 約300名
学生総数 約1,300名
留学生数 約340名
学士プログラム 文化人類学(Anthropology)、応用数学・情報学(Applied Mathematics and Informatics)、 経営学(Business Administration)、経済学(Economics)、ヨーロッパ学(European Studies)、国際ビジネス法学(International and Business Law)、国際比較政治学(International and Comparative Politics)、ジャーナリズム・マスコミ学(Journalism and Mass Communications)、心理学(Psychology)、社会学(Sociology)、 ソフトウェア工学(Software Engineering)、リベラルアーツ(Liberal Arts and Sciences)
卒業生の
就職・進学先
BBC、シティバンク、Google、IBM、世界銀行、ハーバード大学、イェール大学など。
その他 1993年にアメリカ合衆国国際開発庁(USAID)、オープン・ソサエティ財団(Open Society Foundations)などの助成を受けて設立された私立大学で、2015年にビシュケク市郊外の新キャンパスに移転しました。アメリカ式のリベラルアーツ教育を提供しており、授業のほとんどが英語で行われています。国内だけでなく、中央アジア地域全体においても権威ある大学として認知されています。キルギス共和国では、公用語であるロシア語の他に国家語のキルギス語も使われており、多言語社会に身を置きながら留学生活を送ることができます。
大学サイト 中央アジア・アメリカ大学(American University of Central Asia)はこちら

留学プログラムの簡単な紹介

セッション1
ロシア語2コース:ロシア語力に応じてクラスが決定します。
英語3コース:英語力に応じて、英語関連科目または学部授業を履修します。
サマープログラム
開発や持続可能性に関する授業、ロシア語コース、文化プログラムが含まれます。
セッション2
ロシア語2コース:ロシア語力に応じてクラスが決定します。
英語3コース:学部授業を履修します。



クロス留学 国立成功大学(National Cheng Kung University)

[概要]

創設 1931年 (臺南高等工業學校として開校)
位置 台南市
教職員数 専任教員約1,300人 職員約5,200人(付属病院含む)
学生総数 約22,400人
学部 文学部(Liberal Arts)、理学部(Sciences)、医学部(Medicine)、工学部(Engineering)、電子情報学部 (Engineering & Computer Science)、企画設計学部(Planning & Design)、管理学部(Management)、社会科学部(Social Science)、生化学部(Bioscience & Biotechnology)の計9学部
出身者 鄭光遠(長榮航空 理事長)、魏幸雄(中華航空 理事長)、張鍾濬(アメリカニューヨーク科技大学学長)、黃至剛(香港賽馬協會總裁)、陳 堯(電信總局局長)、蘇南成(總統府國策顧問)、龍應台(作家)、殷允芃(天下雜誌發行人兼總編輯)など各界著名人多数
その他 全11キャンパスのうち本学SAプログラムを行うのは台南市に83ヘクタールの敷地をもつメインキャンパスです。キャンパス内には病院や図書館、博物館などの施設も充実し、リスなどの様々な動物も愛らしい姿を見せてくれます。キャンパス内の学生寮のすぐ近くには安くて美味しい台南名物の料理やスイーツのお店が所狭しと軒を並べており、1年滞在しても食べ尽くせないといわれています。
大学サイト 国立成功大学(National Cheng Kung University)はこちら
[中文] [英文]

留学プログラムの簡単な紹介

前半は華語センターの個人のレベルにあった6-12人の小グループクラスで中国語を集中的に学びます。希望者には並行して外国語センターの英語のクラスや自由に参加できる英語コーナも用意されています。
後半は成功大学学部の(英語による)正規授業を受講し現地学生と切磋琢磨しつつ英語のレベルアップを目指します。中国語は、学部の授業をぬって自在に時間割をくむことができるようにマンツーマンの個人レッスンを受けます。




中国 北京外国語大学 (Beijing Foreign Studies University)

[概要]

創設 1941年
学生総数 約6,000人
留学生数 約600人 31カ国語の外国語教育
職員 160名
大学サイト 中国最高峰の外国語大学、国家教育部直属の重点大学
中国 北京外国語大学 (Beijing Foreign Studies University) はこちら

[プログラム]

必修科目では中国語の「聞く」「話す」「書く」「読む」の基本運用能力を習得させることを主眼とし、選択科目では、さらに人と人とのコミュニケーションに必須である言語の背景にある「文化(広義の「文化」であり、その内容としては、歴史、文化、思想、ものの見方・考え方にまで及ぶもの)」を習得することを目的とします。 このほか、研修期間中、ブロードバンドを利用したテレビ会議システムを使用して日本から毎月1回、日本側の専任教員によるサイバー・レクチャーと、毎週1回のオフィスアワーを開設し、学生に対する研修期間中のきめ細かなサポート体制を整えています。