KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  1. トップ
  2. 学部長からのメッセージ

学部長からのメッセージ

外国語学部は、2009年4月、関西大学の学是である「学の実化」に謳われている「国際的精神の涵養」と「外国語学習の必要」という教育理念の具現化に向けて、本学第11番目の学部として千里山キャンパスに誕生しました。教育界・実業界はもとより、国際協力や通訳翻訳などの多彩な分野で活躍し、異文化間の橋渡しが可能な「外国語のプロフェッショナル」を育てることを目的とし、入学定員150名の少数精鋭で、その第一歩を踏み出したのです。

主専攻言語は、現在のところ英語と中国語に特化されており、これに加えて3年次以降の専門プログラムとして、「言語コミュニケーション教育」、「言語分析」、「地域言語文化」、「異文化コミュニケーション」、「通訳翻訳」の5プログラム(入学後に選択)が設置されています。また、多言語・多文化主義の考えに沿い、プラスワン外国語として、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語、中国語、朝鮮語などの幅広い外国語を系統的に学ぶことができるよう科目を配置しています。この他にも「スタディ・アブロード(1年間の海外留学)」、「クロス留学(2外国語の習得をめざした留学プログラム)」、「英語・中国語の教職免許課程」、「日本語教師養成講座」、「メディア・リテラシ教育」にも力を入れており、外国語や異文化のリテラシはもちろんのこと、母語表現のリテラシ、メディア利用のリテラシ、そして学問・教養のリテラシをも兼ね備えた人材を育てることができるよう、十全の配慮を行っています。

カリキュラムだけではありません。本学部のスタッフには、外国語・外国文化に関する教育・研究の分野において国内外で大活躍する優れた教授陣をそろえており、本学全体の誇りの1つとなっています。この教授陣は、学部の専門教育のほかに、全学の外国語科目、ならびに大学院外国語教育学研究科の教育にも携わっており、まさに関西大学の外国語教育・研究の中枢といえる存在です。必ずしや、その能力をフルに発揮して、学生諸君の学びを多様に支援してくれることでしょう。

近年、日本の若者は海外への関心を急速に失いつつあり、内向き指向になっていることが指摘されていますが、これは憂慮すべき事態といえるでしょう。活力ある社会をこれからも維持していくためには、従来の考え方や内輪の論理に拘泥されることなく、広く国際社会と交わり、新しい考え方や外の論理を積極的に取り入れ、自らの文脈に合せて取捨選択し、そこから独自の視点を創造していかねばなりません。そのためには、コトバとその関連分野の知識を武器にして、国際社会において異文化の架け橋となれるような「外国語プロフェッショナル」の育成が急務と言えるでしょう。外国語学部は、この目標達成に向けて、これからも着実に歩みを続けていきます。

外国語学部学部長・教授
博士(学校教育学)
竹内 理