KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  1. トップ
  2. 関西大学外国語学部創設10周年記念行事

10/12(土)外国語学部10周年記念式典 中止のお知らせ

予定しておりました外国語学部10周年記念式典は気象状況の影響により中止いたします。
なお、講演会については、日程を変更しての開催を検討中です。
詳細が決まり次第、改めてお知らせいたします。
※ 10/11(金)記念講演会は開催いたします。

教育関係者の方々はもちろんのこと、外国語に関心のある高校生、
大学生、大学院生、そして何よりも本学部の卒業生や在学生、
ご父兄の皆さんに、奮って参加いただけるよう、ご案内させていただきます。

記念講演会

日時:
2019年10月11日(金)13:00~15:00
場所:
関西大学千里山キャンパス第1学舎1号館千里ホール
アクセスマップ

プログラム

  1. 1. 挨拶 竹内 理学部長

  2. 2. 講演 本講演は英語で行います。(日本語の同時通訳はありません。)

    題目:
    “Open new doors in life through learning languages.”
    <邦訳>「ことばの学びを通して人生の可能性を広げる」

    講演者:
    アンディ・ガオ先生(ニューサウスウェールズ大学)

    講演概要:
    One language opens a corridor for life. Two languages open every door along the way (Frank Smith)

    In this talk, I share and reflect on my language learning experience in the last 30 years. At the very beginning, I was forced by the educational curriculum to learn a foreign language (i.e. English). Like many other language learners, I felt obliged to work hard on learning the language because I needed to do well in examination. Nevertheless, in the process of learning the language, I began to see how I can appreciate the world from different perspectives. Through extensive reading and interaction with people in foreign languages, I began to open new doors in my life as I increasingly use them to understand and construct the world around me. The languages I have been learning enable me to see the world where I grew up in a new light. They also help me pursue the life I aspire to live. In other words, language learning has made who I am.

    プロフィール:
    Associate Professor of TESOL
    School of Education, University of New South Wales, Australia
    Ph.D. (Hongkong University, HK), MAs (Warwick University, UK; Leuven University, Belgium), BA (Wuhan University, China)「Editor for SYSTEM (Elsevier)」

記念式典

日時:
2019年10月12日(土)13:00~17:00
場所:
関西大学千里山キャンパス第1学舎1号館千里ホール
アクセスマップ

プログラム

  1. 1. 挨拶

    芝井 敬司学長、池内 啓三理事長、竹内 理学部長

  2. 2. 講演 本公演は一般公開です。奮ってご参加ください。

    題目:
    「外国語の基礎として必要な日本語のスキル」

    講演者:
    三森 ゆりか先生(つくば言語技術教育研究所所長)

    講演概要:
    言語技術は、欧米言語圏で母語教育として指導され、外国語教育もそれに基づいて実施されている。日本人が母語で、この言葉を運用するためのスキルを獲得すると、英語をはじめとする欧米言語習得の近道となる。

    プロフィール:
    東京生まれ。中高の4年間を西ドイツで暮らす。上智大学外国語学部ドイツ語学科卒。株式会社丸紅勤務後上智大学文学部博士前期課程中退。1984年より言語技術の指導を開始し、現在に至る。教育現場での教員・生徒の指導を中心に、スポーツ団体(日本オリンピック委員会・日本サッカー協会・日本テニス協会・日本バスケットボール協会)、企業などで言語技術の指導と普及に努める。(財)ソニー教育財団評議委員、言語教育に関わり文科省の委員を複数経験。

  3. 3. 卒業生のスピーチ

  4. 4. 在校生のスピーチ

  5. 5. シンポジウム

    「これからの外国語学部」

    コーディネータ:水本 篤教授
    パネリスト:小田桐 奈美准教授、李 佳樑准教授、クリス・ラモンダ准教授、
    田島 義士准教授、松岡 雄太准教授、塩田 紗矢佳助教

懇親会
式典終了後
関西大学千里山キャンパス校友・父母会館

岩崎卯一先生胸像について

コロンビア大学でPh.D. を取得した関西大学国際化の象徴的人物。
関大出身者として初の学長(第17・19・20代)となり、「関大ルネッサンス」「正義を権力より護れ」などのスローガンを掲げて新制関西大学を牽引した。
外国語学部のオフィスが置かれている建物は彼を記念して岩崎記念館と命名されている。