KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  1. トップ
  2. 外国語学部 × 北京外国語大学中国語言文学学院 DDプログラム

外国語学部 × 北京外国語大学中国語言文学学院 DDプログラム Double Degree Program

4年間で二大学の学士号取得が可能!

外国語学部と北京外国語大学中国語言文学学院とのダブル・ディグリー・プログラム(DDプログラム)は、関西大学外国語学部のスタディ・アブロード・プログラム(SAプログラム)に参加した学生が、留学期間を半年間延長し、必要な単位を修得することによって、卒業時に両大学の学士号を取得することができるプログラムです。

外国語学部教員と北京外国語大学教員のダブル指導

DDプログラム期間は、北京外国語大学の教員が担任としてDDプログラム参加学生を受け持ちます。帰国後は、外国語学部教員による授業を受けますが、外国語学部の専門演習担当教員と北京外国語大学の担任とが連携して、卒業レポート(卒業論文)作成をサポートします。
DDプログラムに参加することによって、北京外国語大学の教員との距離がさらに縮まり、単に期間が長くなるだけでなく、1年間の留学にはない、「中国の大学生」としての経験をすることができます。(※)

※DDプログラムの内容は、SAプログラムスタート時のクラスにより、異なる場合があります。

SAプログラム~DDプログラム~卒業までの流れ(※)

DDプログラム申し込み期間は、SAプログラム参加中の12月中旬です。DDプログラムに参加するには、いくつかのクリアしておかなくてはならない条件があります。また、中国籍(香港、マカオ、台湾を含む)の者は、北京外国語大学の方針により、本プログラムには応募できません。
SAプログラム修了後、新学期からはDDプログラムがスタートします。DDプログラムは半年(一学期)で、帰国後、3年次秋学期からは外国語学部で授業を受けます。
3年次秋学期と4年次は、専門演習と卒業演習を受け、中国語の卒業レポート1編を作成し、両大学に提出します。
すべての卒業要件を満たし、両大学の卒業資格を同時に与えられます。

※詳しくは、DDプログラムの応募要項に記しています。

国際人への第一歩を踏み出そう

日本と中国は、あらゆる面で強く関わっており、特に、経済的、文化的な交流は両国にとって欠かせないものです。
日中関係は、日本と中国だけの問題ではなく、世界に影響を及ぼします。日中の言語と文化をしっかりと学び、深く理解している人材は、この世界で必要とされています。日本と中国、ふたつの大学の卒業証書は、この世界で生き抜くための強みとなり武器となります。
4年間の大学生活を、2年半を日本の大学生、1年半を中国の大学生として過ごした経験は、単なる「思い出」ではなく、一生の財産になることでしょう。

学生インタビュー

私がDDプログラムに参加した理由は主に2つあります。1つ目は、4年間で2つの大学の学位が取得できるという点です。これは将来、就職などにも必ず役に立つと思います。2つ目は、この延長した半年の間に、新たなことを学ぼうと思ったからです。私は高校から中国語の勉強を始め、今年で6年目です。日常会話程度なら、問題ないですが、実際、将来を考えたときに、自分の中国語はどの程度通用するのかを知りたくて、この半年の間にインターンをしようと考えていました。今はある日系の会社で翻訳の仕事をさせてもらっています。翻訳という仕事を通して、いかに自分の中国語が実践で使えないかを思い知らされました。また、新たな言語を勉強する上で母語もしっかりと把握する必要があるということを再認識させられました。将来は、自分で中国語教室を開いて、より多くの日本人に中国のよさや中国語の面白さを伝えたいと思っています。

北京外国語大学DDプログラム第1期生