教員紹介

金融・会計専修

  • 大西 靖(会計専門職大学院教授)

    演習のテーマ
    日本企業のコストマネジメント
    研究内容
    経営管理における会計情報の利用:企業組織を管理するために、会計情報がどのように利用されているかを研究しています。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    会計で使われる言葉は、最初は難しそうに見えますが、慣れると非常に便利です。
  • 春日 秀文

    担当科目
    国際金融論
    担当科目の内容
    為替レートの決定要因、開放経済における経済政策
    演習のテーマ
    プレゼンテーション・論文作成の方法を学ぶ
    研究内容
    貧困削減や格差是正のために何をすべきなのかを経済学の理論およびデータに基づいて考える。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    経済学は私たちの生活に役に立ちます。多くの人に経済学の魅力を理解してほしいと思います。
  • 柴 健次(会計専門職大学院教授)

    担当科目
    経済学演習
    演習のテーマ
    ビジネス・行政と会計
    研究内容
    社会における会計の役割
    受験生/学部生への
    メッセージ
    わからないことを大切にすれば、いずれわかります
  • 菅田 一

    担当科目
    国際経済論
    担当科目の内容
    まず、国際貿易が比較優位の原理に基づいて行われることを解説する。次に、ゲーム理論等の最新の手法を用いて現代の国際経済問題を解明する。
    演習のテーマ
    現代経済入門
    研究内容
    GATT(関税及び貿易に関する一般協定)のもとでの数回にわたる多国間貿易交渉は、新たにWTO(世界貿易機関)を発足させることで各国による貿易政策を制限し、自由貿易を推進してきた。私は、市場が不完全であるという状況下で、貿易政策の代替措置としての競争政策・環境政策が国際経済に及ぼす影響について研究している。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    講義では日本経済新聞の中の記事を紹介しながら、現実の国際経済問題を考察し、経済学を使ってそれらを解明していきますので、頑張ってついてきて下さい。
  • 中川 竜一

    担当科目
    金融経済論
    担当科目の内容
    金融経済論では、金融取引に関する基礎的な知識を講義する。
    演習のテーマ
    ファイナンス論を通じて日本の経済問題を考える。
    研究内容
    (テーマ)
    適応的学習における金融政策の有効性
    (内容)
    人々が「適応的学習」という方法によって期待形成するとき、マクロ経済均衡の安定性(実現可能性)および金融政策の有効性がどのような影響を受けるかを分析する。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    大学では、楽しく勉強することができます。
  • 溝端 泰和

    担当科目
    金融政策
    担当科目の内容
    まず基礎的な金融の知識を紹介し、続いて現実のデータとの関係について触れながら、現行の金融政策を正確に理解するための足掛かりを提供する。
    演習のテーマ
    データを使って日本と世界の経済について考える。
    研究内容
    バブル崩壊以降、日本銀行は継続して金融緩和を推し進めているが、実体経済はなかなか復調の兆しを見せていない。なかでも、企業の設備投資や雇用は伸び悩んだままである。なぜ企業は設備投資や雇用を手控えるのか、どうすれば活発な投資・雇用活動につなげられるのか、このような問題を企業の資金調達との関係から理論的・実証的に研究している。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    経済学は、学者だけでなく多くの人にとって非常に役立つ学問です。また、比較的歴史の浅い学問でもあります。そこで、学生のみなさんには、基礎的な学力をつけることはもちろん、日々授業で教わる内容に関して疑問を持つ感性を養っていってもらいたいと思います。
  • 宗岡 徹(会計専門職大学院教授)

    担当科目
    会計学、ファイナンス論
    担当科目の内容
    会計学とファイナンス、資本市場、金融市場並びに行政等との関係
    演習のテーマ
    金融・会計と経営
    研究内容
    会計とファイナンス(金融)が企業の経営とどのようにかかわっているかの研究。会計はマニュアルベースを基礎とした古くからある学問で、ファイナンス(金融)はコンピュータの発達により20世紀の後半に発展した新しい学問です。高度情報化社会において、会計とファイナンス(金融)が企業(国、地方政府、NPO 等)の経営にどのように貢献しているかを研究するとともに、バーチャル投資を通して、実際の経済の動きを考察します。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    会計とファイナンス(金融)は実務に立脚しており、これらが相まって高度情報化社会における企業経営のインフラを形成しています。そこでは、会計・ファイナンス(金融)をバックボーンとし、深い専門知識と幅広い教養、豊かな人格を持つ人材(会計専門職等)が求められており、その最高担当責任者がCFOとして、経営に深くかかわっています。皆さんもそのような人材を目指して、「笑いながら、仲良く楽しく一生懸命」勉強しましょう。
Page Top