教員紹介

経済理論専修

  • 秋岡 弘紀

    担当科目
    初級ミクロ経済学
    担当科目の内容
    マクロ経済学は一国全体の経済を対象とする学問分野である。たとえば、国内総生産、物価水準、利子率などの大きさがどのようにして決まるのか、それらがなぜ変化するのか、変化した場合には経済にどのような影響を及ぼすのか、といった問題を扱う。

    初級マクロ経済学では、その導入部分を講義する。
    演習のテーマ
    経済の「一般理論」についての考察
    研究内容
    (テーマ)
    マクロ計量モデル分析,経済政策(実証研究)
    (内容)
    マクロ計量モデルとは、過去のデータにもとづいて一国の経済全体を簡潔に描写した連立方程式体系のことである。これを用いて、「過去に実施された政策が経済にどのような影響を与えたか」ということを分析したり、あるいは「今、ある政策を実施すれば、経済にどのような影響を与えるか」ということを実験的に予想したりすることを、マクロ計量モデル分析という。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    「大学」というものを端的に表現すると、「複雑極まりない現実の事象の裏に潜む普遍性を理論的に解明して、それを学生に教授することにより、研究成果の社会への還元を行なう機関」ということになる。したがって、高度な論理的思考能力と教養知識の事前的修得が、大学で学ぶための大前提となっていることを、しかと心得ておかれたい。未だ学に志したばかりの貴殿らに多くを望むは、もとより詮なきことなれど、毎回これを繰り返さずにはおられぬ。
  • 稲葉 大

    担当科目
    初級マクロ経済学
    担当科目の内容
    マクロ経済学は、経済全体の成長と景気循環のメカニズムを考察する学問です。マクロ統計データの見方、基礎的なマクロ経済学理論の考え方を紹介し、新聞等に出てくる経済問題を考察する目を身につけることを目標とします。
    演習のテーマ
    経済・社会の様々な問題の因果関係に迫る
    研究内容
    動学的一般均衡モデルを用いたシミュレーション・実証分析により、マクロ経済の成長と循環の要因を考察する。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    最もリターンが高いと考えられる投資先は、自分自身に投資することです。限られた時間を有効に活用して、公私ともに充実した学生生活を目指していきましょう。
  • 岸 慶一

    担当科目
    経済成長論
    担当科目の内容
    経済成長論では、「私たちの所得の時間を通じた動き」について学びます。具体的には、機械設備などへの投資・教育・新技術の開発・既存技術の模倣が経済成長に果たす役割を明らかにしていきます。
    演習のテーマ
    経済理論分析-経済成長理論を中心に-
    研究内容
    企業の研究開発活動に基づく経済成長理論を利用して、以下のような研究をしています。
    ・特許政策と企業間の生産性分布の関係
    ・貿易と企業間の生産性分布の関係
    受験生/学部生への
    メッセージ
    よく学び、よく遊んでください。大学での様々な出会いや学習を通じて、将来、社会で生きていく力を身に着けましょう。
  • 坂根 宏一

    担当科目
    上級ミクロ経済学
    担当科目の内容
    消費者および企業の合理的行動と市場均衡の理論
    演習のテーマ
    一般均衡理論を学ぶ-均衡の安定性を中心に-
    研究内容
    完全競争および不完全競争下の均衡の安定性
    受験生/学部生への
    メッセージ
    社会に潜む数理を講義や演習で伝えたいと考えています。
  • 杉本 佳亮

    担当科目
    初級マクロ経済学、中級マクロ経済学
    担当科目の内容
    一国全体を分析対象とし、長期の経済成長や短期の景気変動がなぜ生じるのか、またそれらに関わる政策などを考察する。
    演習のテーマ
    社会の発展と経済学
    研究内容
    経済成長と以下がどのような相互依存関係を持っているかを、理論的・歴史的な観点から考察する。
    • 1)教育投資(過小から過剰投資への変化)と技術進歩
    • 2)人口成長(人口規模の拡大および縮小)
    • 3)政治体制(日本の長期に渡る天皇制など)の持続性
    受験生/学部生への
    メッセージ
    一国全体の経済の動きを分析するマクロ経済学は、ミクロ経済学と比べると抽象的で遠い存在のように感じるかもしれませんが、少子化問題や学校教育といった身近なトピックと結びついており、とても面白い学問分野です。また、経済成長論は産業革命などと関わりがあり、歴史好きな人には楽しく学べると思います。
  • 鈴木 智也

    担当科目
    初級マクロ経済学
    担当科目の内容
    マクロ経済学は経済全体の動きを分析対象とし、経済成長や景気変動のメカニズムを理論的に明らかにする。
    演習のテーマ
    国際マクロ経済とデータ解析
    研究内容
    小国開放経済の景気変動を実物景気循環理論のモデルに基づいて実証分析する。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    社会で起きている様々な事象を、経済学を通して、自分の頭で理解しようとしてみてください。
  • 土居 潤子

    担当科目
    上級マクロ経済学
    担当科目の内容
    経済主体の長期的視野に基づいた行動を取り入れたモデル(動学モデル)を用いて、経済の短期的変動(景気循環)や長期的変動(経済成長)のメカニズムを考察します。学習した内容を用いて、経済政策の効果や社会問題の解決方法などを自ら分析できるようになることが目標です。
    演習のテーマ
    今後の世界の経済成長を考える
    研究内容
    少子高齢化社会において安定した成長を維持するための政策の提示、途上国の自律的発展、貧困削減を目指して経済成長に関する研究を行っています。また、政治や制度がどのように経済成長に関わるかについても関心を持っています。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    様々な人に出会い、様々な経験を通じて新たな自分に出会い成長することができます。そのチャンスは関西大学に溢れています。でも、そのチャンスを掴むには、基礎力が必要です。今の積み重ねの上に未来があります。二度と来ないこの瞬間を大切に一緒に成長して行きましょう。
  • 長久 良一

    担当科目
    初級ミクロ経済学、中級ミクロ経済学
    担当科目の内容
    初級・中級レベルのミクロ経済学
    演習のテーマ
    社会的選択と正義論
    研究内容
    複数の自由で合理的な個人から構成される社会において、人々の間で協業編成と成果分配の安定的な原理は構成可能か?また可能であるとしたらそれはいかなる原理なのか?秩序形成の論理的基礎を社会的選択とゲームの理論によって解明していく。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    物事を根本にまで遡って理解していく。そういう思考を身につけてください。
  • 藤中 裕二

    担当科目
    ゲーム理論
    担当科目の内容
    自分の利益が自分の行動だけでなく、他人の行動にも影響を受ける状況を戦略的状況と呼ぶ。
    ゲーム理論は、戦略的状況において、人々がどう行動するか、またそれらの行動の結果がどうなるのかを分析する学問である。
    戦略的状況は多くの社会・経済現象で見られ、ゲーム理論はそれらを分析するために有用である。
    演習のテーマ
    メカニズムデザイン
    研究内容
    メカニズムデザインはより良い結果をもたらす制度の設計問題を、ミクロ経済学やゲーム理論に基づいて分析する。分析対象には、売り手の収入をより多くするオークションルール、研修医を希望する病院に配属させるアルゴリズム、多くの腎移植を実現するドナー交換アルゴリズム、民意をより反映させる選挙制度などがある。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    大学時代に、自分で考え自分なりの答えを導き出せる力を身に付けて下さい。
Page Top