1. HOME >
  2. 研究班のご紹介

研究班のご紹介

文化交渉学研究拠点(ICIS) 言語交渉研究班
Language contact

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(1期目)

研究テーマ

周縁からのアプローチを基盤とした近代における東西言語文化交渉とアーカイブ構築
Cultural and linguistic interactions between East and West and the construction of an archive—from the perspective of their peripheral regions

研究目的および研究の特色



本研究班では東アジアの言語、特に中国語と日本語と、欧米言語との接触を中心に取り扱う。ここで言う「交渉」とは「ネゴシエーション」の意味ではなくて、「インタラクション」を指す。つまり、「言語接触」と置き換えてもいいものであり、たとえば、非東アジア言語圏の人々の東アジア言語研究を見ることによって、東アジア言語の特質をつかむと言ったことを目標としている。いわゆる「周縁からのアプローチ」というものであり、「文化交渉学」の一つの領域としても位置づけられるものである。具体的な内容としては、近代日中欧語彙交流史、概念史研究、漢語史、文体論、語法研究、欧米人の中国語研究などが含まれる。

In this research group, we focus on the contact between East Asian languages, especially Chinese and Japanese, and Western languages. The term "negotiation" here does not mean "negotiation" but refers to "interaction". In other words, it can be replaced with "language contact." For example, by looking at East Asian language research of people in non-East Asian languages, the goal is to grasp the characteristics of East Asian languages. It is a so-called "peripheral approach" and is also regarded as one of the areas of "cultural interaction". Specific contents include modern Japan-China-Europe vocabulary exchange history, conceptual history research, Chinese language history, style theory, lexical research, Chinese studies of Westerners, etc.

研究員

主幹 奥村 佳代子(外国語学部 教授)
  乾 善彦(文学部 教授)
  玄 幸子(外国語学部 教授)
  沈 国威(外国語学部 教授)
  高田 時雄(委嘱研究員・復旦大学歴史学系 特聘教授)
  田野村 忠温(委嘱研究員・大阪大学大学院文学研究科 教授)
  内田 慶市(客員研究員・関西大学名誉教授)
  楊 馳(非常勤研究員)
  王 婷(準研究員)
  金川 幾久世(準研究員)
  鄒 王番(準研究員)

ページの先頭へ戻る

文化交渉学研究拠点(ICIS) 東アジアの思想と芸術の文化交渉研究班
Cultural Interactions of Thought and Arts in East Asia

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(1期目)

研究テーマ

東アジアの哲学、思想、文学、芸術の文化交渉を研究する
Cultural Interaction Studies of Philosophies, Thought, Literature, and Art in East Asia

研究目的および研究の特色



われわれの研究班では、儒教や道教や仏教を始めとする中国や日本の哲学、思想、宗教から、内藤湖南らの日本近代の思想を研究対象にしつつ、東アジアにおける文化の伝播、交流、衝突など、文化交流のダイナミックな足跡を辿ることを目標とする。
また、日本や中国を中心とする東アジアの芸術について、建築、絵画、彫刻、工芸などの美術作品および杜甫らの唐代の詩などの文芸作品を考察するとともに、董其昌や岡倉天心らの芸術思想についても研究を深めたい。近年、発展しつつある東アジア芸術論を踏まえながら、新しい時代にふさわしい学問の方法論を究めることにする。
さらに、藤澤南岳を中心とする泊園書院の思想、歴史、文化について、多様な人物像を浮き彫りにしつつ、関西大学のルーツを明らかにする研究を進める。
こうした研究を深化させることで、東アジアの哲学、思想、芸術、宗教を文化交渉学的に明らかにする。

The Group aims to follow the dynamic paths of cultural interactions in East Asia, such as the propagation, exchanges, and conflicts of cultures through the Chinese and Japanese philosophies, thoughts, and religions including Confucianism, Taoism, and Buddhism as well as the modern Japanese ideas advocated by Konan Naito and others.
With regard to the art of East Asia, mainly that of Japan and China, the Group will examine artworks such as buildings, paintings, sculptures, and crafts, as well as literary works such as poems of the Tang Dynasty era written by Du Fu and others. The Group will also study in detail the philosophies of art developed by Dong Qichang, Tenshin Okakura, and others. In light of the development of the theories of East Asian art in recent years, the Group will study academic methodologies that are suitable for the new era.
Moreover, the Group will identify the roots of Kansai University, highlighting various figures in relation to the philosophy, history, and culture of Hakuen Shoin, with a focus on Nangaku Fujisawa. The Group will also clarify the philosophies, thoughts, art, and religions of East Asia from the perspective of cultural interactions by probing deep into these types of studies.

研究員

主幹 二階堂 善弘(文学部 教授)
  吾妻 重二(文学部 教授)
  酒井 真道(文学部 教授)
  長谷部 剛(文学部 教授)
  陶 徳民(文学部 教授)
  末村 正代(非常勤研究員)
  石 永峰(非常勤研究員)
  髙橋 あやの(非常勤研究員)
  村木 桂子(非常勤研究員)
  山寺 美紀子(非常勤研究員)
  横山 俊一郎(非常勤研究員)
  陳 莉莉(準研究員)
  陳 路(準研究員)
  劉 重越(準研究員)

ページの先頭へ戻る

文化交渉学研究拠点(ICIS) ユーラシア歴史文化研究班
History and Culture of Eurasia

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(1期目)

研究テーマ

文書・出土・石刻史料が語るユーラシアの歴史と文化
The history and culture of Eurasia told through the written, excavated, and carved historical materials

研究目的および研究の特色

中原高句麗碑

中原高句麗碑

アヤソフィア

アヤソフィア

河倉城(大方盤城)

河倉城(大方盤城)

本研究班は、ユーラシアの多様な歴史と文化を具体的に復元し、そこから新しいユーラシア史像を模索していく。
ユーラシアには、王朝の年代記の他、各地域特有な史料、たとえば簡牘史料や石刻史料、内陸アジアで出土した文書史料、宮廷における档案史料などが存在する。それらの分析を通じ、浮かびあがってくる多様なユーラシアの歴史像は、一見、バラバラなものに見える。これを、従来の古代―中世―近世―近現代というような時代区分ではなく、別の新しい時代区分を設定して、それぞれの歴史像をあてはめつつ、「ユーラシア史」を構築していこうというのが、本研究班の目的である。

The Group will concretely restore the diverse history and culture of Eurasia and seek a new picture of the Eurasian history.
In Eurasia, there are historical materials that are unique to each region, such as letters, stone carvings, documents excavated in Central Asia, and drafts of official documents from the royal court, apart from the chronicles of dynasties. At the first glance, the picture of the diverse Eurasian history that emerged from the analyses of these materials appears to be fragmented. The Group will structure the History of Eurasia, not by periodically dividing it in a conventional manner—such as ancient, middle ages, early modern, and modern to present—but by setting a new alternative periodization and applying a historical picture to each period.

研究員

主幹 森部 豊(文学部 教授)
  澤井 一彰(文学部 教授)
  篠原 啓方(文学部 教授)
  藤田 高夫(文学部 教授)
  池尻 陽子(文学部 准教授)
  吉田 豊(客員研究員・京都大学 名誉教授)
  毛利 英介(非常勤研究員)
  李 宇一(準研究員)

ページの先頭へ戻る

都市遺産と宗教文化研究班
Urban Heritage and Religious Cultures

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(1期目)

研究テーマ

東アジアの都市遺産と宗教文化
The urban heritage and religious cultures of East Asia

研究目的および研究の特色

平城宮 第一次大極殿

平城宮 第一次大極殿

西安大慈恩寺 大雁塔

西安大慈恩寺 大雁塔

本研究班は、古代・中世の飛鳥・難波・京都などの都市に展開した文化遺産の中から、主として寺院・神社や宗教文化に関する事象や要素に焦点を絞り、その歴史的・文化的変遷を考察する。従来の研究では、寺社や宗教文化の展開を考える際に、日本国内の地域性をあまり深く考慮せず、また、中国・朝鮮を中心とする東アジア世界との関わりが等閑視されてきた。本研究では、飛鳥・難波・京都などの地域性に配慮するとともに、東アジアの宗教施設・宗教文化との関わりについても検討し、文化交渉史の視点を活用しながら、日本の古代・中世都市における寺社・宗教文化の展開・変容の過程を追究したい。あわせて、日本国内における九州・畿内・東国などの各地域間の文化交渉についても、可能な限り検討したい。

The Group will mainly focus on the events and elements related to temples, shrines, and religious cultures from among the cultural heritage developed in the ancient and medieval cities such as Asuka, Naniwa, and Kyoto and examine their historical and cultural transitions. When considering the development of temples, shrines, and religious cultures, the local nature within Japan has not been considered much in conventional studies, and its relationship with East Asia, mainly with China and Korea, has been neglected. In this study, the Group will consider regional characteristics of cities such as the three aforementioned ones and investigate the process of development and transformation of temples, shrines, and religious cultures in the ancient and medieval cities of Japan by examining their relationships with the religious facilities and cultures in East Asia from the perspective of the history of cultural interactions. At the same time, the Group will consider the cultural interactions between Kyushu, Kinai, and the Kanto provinces in Japan as much as possible.

研究員

主幹 西本 昌弘(文学部 教授)
  井上 主税(文学部 教授)
  長谷 洋一(文学部 教授)
  原田 正俊(文学部 教授)
  鈴木 景二(委嘱研究員・富山大学 教授)
  藤原 崇人(客員研究員・龍谷大学 准教授)
  大谷 渡(非常勤研究員)
  宮嶋 純子(非常勤研究員)
  山口 哲史(非常勤研究員)
  曽 昭駿(準研究員)
  貫田 瑛(準研究員)

ページの先頭へ戻る

風景表象研究班
Studies on Representations of Landscape

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(1期目)

研究テーマ

風景表象の比較文化史的研究
A study of the comparative cultural history of landscape representations

研究目的および研究の特色

イランの風景絨毯の仕上げ工程

イランの風景絨毯の仕上げ工程

トプカプ宮殿(イスタンブル)

トプカプ宮殿(イスタンブル)

奈良尾港(五島列島)

奈良尾港(五島列島)

風景はいつの時代もどのような場所にも存在するが、風景画や風景写真、地図や絵地図、あるいは建造物や基盤的構造体をも含むことができる風景表象は、人間の自然環境に対する態度に基づく、すぐれて文化的な営みの結果として、様々な諸相の下に現れる。人間と自然環境との動態的かつ流動的な相関関係は、地域、時代によって異なり、その精神性あるいは技術的諸条件などが無限の表象可能性をもたらしている。本研究班ではこのようにして実現されてきた風景の諸表象を対象とし、伝統的地域区分に基づいて調査研究をすすめるばかりでなく、自然風景と環境整備や都市における表象、また、コロニアルという政治経済史的文脈やヨーロッパの歴史的風景表象というサブタイトルの下、風景表象の包括的かつ先鋭的な比較文化史的研究をめざす。

Although landscapes exist in any time and place, landscape representations that can include pictures and photos of landscapes, maps, pictorial maps, or even buildings and infrastructures appear under various aspects as a result of excellent cultural practices based on the human attitude toward the natural environment. There are differences in the dynamic and fluid correlations between human beings and the natural environment, which are based on the specific region and time, and their spirituality and technological conditions bring about unlimited possibilities for representations. The Group aims to conduct a comprehensive radical study of the comparative cultural history of landscape representations that have been realized in the way described above. The research will not only be based on the traditional regional divisions but also under the subtitles of the representations in natural landscapes and the development of infrastructures in cities, the historical contexts of political economy, also known as colonialism, and the historical representation of landscapes in Europe.

研究員

主幹 野間 晴雄(文学部 教授)
  岡 絵理子(環境都市工学部 教授)
  嶋中 博章(文学部 准教授)
  林 倫子(環境都市工学部 准教授)
  西田 正憲(客員研究員・奈良県立大学 名誉教授)
  蜷川 順子(客員研究員・関西大学 名誉教授)
  齋藤 鮎子(非常勤研究員)
  田邊 めぐみ(非常勤研究員)
  藤井 信之(非常勤研究員)
  毛利 美穂(非常勤研究員)

ページの先頭へ戻る

日本言語文化研究班
Studies of Japanese Language and Culture

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(1期目)

研究テーマ

日本言語文化の内と外
The inside and outside of the culture of the Japanese Language

研究目的および研究の特色

廣瀬本万葉集

廣瀬本万葉集

エズラパウンド

エズラパウンド

本研究班は研究テーマを「日本言語文化の内と外」とした上で、日本言語文化の結晶ともいえる日本古典文学および日本近現代文学における内部と外部との関係を研究対象とする。
日本語母語者を日本言語文化の内部とした時に、日本言語文化という内部に向かうベクトルを持った異文化受容、あるいは、外部に向かうベクトルを持った異文化への波及について考察することを通じて、日本言語文化の内外を相対化し、広範な視座から「日本言語文化の内と外」について論じる。たとえば、俳句の英詩化や謡曲の英訳で知られるEzra Pound(1885-1972)は、本研究班の重要な研究対象となるだろう。
最終的には内部/外部という視座は相対化されるべきものであると考えるが、その相対化の過程にこそ新たな地平が拓かれるものと考えている。

The Group studies the relationship between the inside and outside in Japanese classical literature regarded as the crystallization of the culture of Japanese language and Japanese modern, contemporary literature under the research theme the inside and outside of the culture of Japanese language.
The Group will thoroughly discuss the culture of Japanese language from a broad perspective by relating the two through an examination of the acceptance of a foreign culture directed inward to the culture of Japanese language and the spread of a foreign culture directed outward when native Japanese speakers are regarded to be the inside of the culture. For instance, Ezra Pound (1885–1972), known for his English poetization of haiku and the English translation of Noh songs/chants, will be an important research subject for the Group.
The perspectives of the inside and the outside should be relative to each other, and the Group believes that a new horizon will open up in this process of relating.

研究員

主幹 村田 右富実(文学部 教授)
  関 肇(文学部 教授)
  高橋 美帆(文学部 教授)
  増田 周子(文学部 教授)
  関屋 俊彦(客員研究員・関西大学 名誉教授)
  山本 登朗(客員研究員・関西大学 名誉教授)
  小田 芳寿(非常勤研究員)
  北井 佑実子(非常勤研究員)
  中葉 芳子(非常勤研究員)
  福留 瑞美(非常勤研究員)
  木下 響子(準研究員)
  坂本 美樹(準研究員)
  瀧倉 朋世(準研究員)

ページの先頭へ戻る

西洋文学における信仰とフィクション研究班
Faith and Fiction in Western Literature

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(2期目)

研究テーマ

西洋文学における宗教とテキストの関係について
Representations of Religion in Western Literature

研究目的および研究の特色

London, British Library, MS Cotton Nero D.iv, fol. 211v; ヨハネの福音書第1章3節のラテン語テキストの行間に古英語による訳が書き込まれている。

London, British Library, MS Cotton Nero D.iv, fol. 211v; ヨハネの福音書第1章3節のラテン語テキストの行間に古英語による訳が書き込まれている。Copyright ©The British Library.

London, British Library, MS Harley 913 f. 3;中英語による諷刺詩の最初のページ。

London, British Library, MS Harley 913 f. 3;中英語による諷刺詩 The Land of Cokaygne の最初のページ。Copyright ©The British Library.

東西の文学に「信仰」の形がどのように表れているのか、そして、そこに見られる異文化接触の性質と意味を明らかにすることが研究の目的である。扱う国々は、日本とヨーロッパ諸国の広範囲にわたる。また、二つの比較研究も行う。一つには中世の東洋(日本)と西洋(ブリテン諸島)において、それぞれ、中国語で、あるいはラテン語で書かれた宗教の正典の読み方を示すために生み出された訓点の東西比較研究である。二つ目は、中世初期における西洋と日本の年代記を説話の観点から比較する研究である。

The purpose of our research is to investigate “faith” as represented in the literatures of the East and West, and to identify the nature and significance of the forms of contact between different cultures evidenced in these literatures. Our literary studies cover wide areas within Europe and Japan. We will also conduct comparative research in two areas of study. The first involves the practice of construe marks, systems of dots and other symbols which were independently devised in both the medieval East (Japan) and West (the British Isles), with a view to help students read authoritative religious texts written in Chinese and Latin, respectively. The second area of study involves narratological comparisons between Western and Japanese chronicles of the early Middle Ages.

研究員

主幹 和田 葉子(外国語学部 教授)
  ローベルト・ヴィットカンプ(文学部 教授)
  近藤 昌夫(外国語学部 教授)
  パトリック・ポール・オニール(在外委嘱研究員・ノースカロライナ大学チャペルヒル校 教授)
  朝治 啓三(客員研究員・関西大学 名誉教授)

ページの先頭へ戻る

身体論研究班
Studies of the Architectural Body

研究期間

2019年4月1日~2022年3月31日(2期目)

研究テーマ

荒川+ギンズ『建築する身体』をめぐる考察
A Study of the Concept of “Architectural Body” in Arakawa + Gins

研究目的および研究の特色

天命反転住宅外観(撮影:中野正貴)

天命反転住宅外観
(撮影:中野正貴)

荒川修作、マドリン・ギンズ

荒川修作、マドリン・ギンズ

本研究班は、現代美術家の荒川修作、マドリン・ギンズが唱えた思想「建築する身体」「天命反転」を、学際的な視点から考察し、「22世紀へ向けての身体論」を提案することを目的とする。
本研究の一番の特徴は、新しい身体論の構想を、荒川+ギンズ研究をフィルターにして目指す点にある。荒川+ギンズが自身を芸術・科学・哲学の総合を目指すコーデノロジスト(coordinologist、荒川による造語)と称したように、荒川+ギンズ研究には学際的な視点が不可欠である。その点をふまえて各研究員は、以下の研究を行う。体験過程理論(三村研究員)、東西身体論比較研究(村川研究員)、身体教育学とボディワーク論(小室研究員)、絵画・建築作品の表象分析(門林研究員)、生態学的アプローチ(染谷研究員)、リハビリテーション・精神医学臨床研究(稲垣研究員)、荒川+ギンズプロジェクトの継続展開の研究(本間研究員)。これに加えて、学外研究者(脳神経科学、システム論、芸術学など)との対話を通じて、総合的視点に立つ身体論を提唱していく。

The purpose of our research is to adopt an interdisciplinary approach to examining the recent theories advanced by Shusaku Arakawa and Madeline Gins,namely the concepts of “architectural body” and “reversible destiny”, in order to propose a new body theory for the twenty-second century.
The attempt to construct a new body theory by investigating the theories of “Arakawa + Gins” is the defining feature of our study. An interdisciplinary approach is indispensable for studying their theories since “Arakawa + Gins” call themselves “coordinologists”(the term coined by Arakawa) who aim at unifying art, science and philosophy. With that interdisciplinary principle in mind, we propose a new body theory constructed from knowledge of fields such as experiencing theory, comparative studies between Eastern and Western body theories, physical education, the theory of bodywork, representational analysis of fine arts and architecture, environmental ecology, clinical research on rehabilitation and psychiatry and the deployment of the ”Arakawa + Gins” project, as well as neuroscience, systems theory and science art.

研究員

主幹 三村 尚彦(文学部 教授)
  門林 岳史(文学部 教授)
  村川 治彦(人間健康学部 教授)
  小室 弘毅(人間健康学部 准教授)
  稲垣 諭(委嘱研究員・東洋大学 教授)
  染谷 昌義(委嘱研究員・高千穂大学 教授)
  本間 桃世(委嘱研究員・㈱コーデノロジスト代表)
  岡村 心平(客員研究員・神戸学院大学心理学部 専任講師)
  富井 玲子(非常勤研究員)
  閔 スラ(非常勤研究員)

研究班のご紹介