1. HOME >
  2. 研究班のご紹介

研究班のご紹介

東アジアの思想と芸術の文化交渉研究班
Cultural Interactions of Thought and Arts in East Asia

研究期間

2022年4月1日~2025年3月31日(2期目)

研究テーマ

東アジアの哲学、思想、文学、芸術の文化交渉を研究する
Cultural Interaction Studies of Philosophies, Thought, Literature, and Art in East Asia

研究目的および研究の特色

   平城宮 東院庭園

大同文廟尊経閣

平城宮 東院庭園

揚州大明寺

われわれの研究班では、東アジアの思想、宗教、文学、芸術を中心に、文化の伝播、交流、衝突や衰退などの現象について、文化交渉学の立場から研究するものである。
儒教は中国から、仏教はインドからアジア各地に伝来することによって、各地域で様々に変化し、また新たな文化を生み出していった。文学作品をはじめとする漢字による著作は、東アジアの標準的な文献となり、これも大きな文化現象を生み出した。『論語』や『法華経』は日本でも韓国でも重視される古典となり、東アジアでの標準的な古典となった。李白や杜甫などの唐詩も、東アジアの文化的な基礎を形成している。道教については限定的な影響ながらも、強く影響を与えている。中国の絵画や仏像なども、東アジア全体に大きな影響を及ぼした。
これらの影響を受けて、日本や韓国、それにベトナムなどの地域では、それぞれ独自の文化が形成された。こうした研究を深化させることで、東アジアの思想、宗教、文学、芸術に関連する現象を文化交渉学的に明らかにする。

Our research group studies phenomena such as cultural propagation, exchange, conflict, and decline from the perspective of cultural interaction, with a focus on East Asian thought, religion, literature, and art.
The introduction of Confucianism from China and Buddhism from India to various parts of Asia caused a number of changes in each region, including the creation of new cultures. Writings in Chinese characters, including literary works, became the standard literature of East Asia, and this in turn gave rise to major cultural phenomena. The Analects and Lotus Sutra became important classics in Japan and South Korea, and standard reading throughout East Asia. Tang poets such as Li Bai and Du Fu also contributed to the cultural foundations of East Asia. Taoism had a limited but powerful influence. Chinese paintings and Buddhist statues also had a major impact on East Asia as a whole.
With these influences, unique cultures were formed in Japan, South Korea, and regions such as Vietnam. An in-depth study of these topics may clarify phenomena related to East Asian thought, religion, literature, and art from the perspective of cultural interaction.

研究員

主幹 長谷部 剛(文学部 教授)
  吾妻 重二(文学部 教授)
  酒井 真道(文学部 教授)
  陶 徳民(客員研究員、関西大学 名誉教授)
  末村 正代(非常勤研究員)
  石 永峰(非常勤研究員)
  髙橋 あやの(非常勤研究員)
  村木 桂子(非常勤研究員)
  山寺 美紀子(非常勤研究員)
  横山 俊一郎(非常勤研究員)
  李 晶鑫(非常勤研究員)
  康 佳琦(準研究員)
  陳 路(準研究員)

ページの先頭へ戻る

都市遺産と宗教文化研究班
Urban Heritage and Religious Culture Research Group

研究期間

2022年4月1日~2025年3月31日(2期目)

研究テーマ

東アジアの都市遺産と宗教文化
East Asian Urban Heritage and Religious Culture

研究目的および研究の特色

平城宮 東院庭園

平城宮 東院庭園

杭州 浄慈寺

杭州 浄慈寺

本研究班は、古代・中世の飛鳥・難波・奈良・京都などの都市に展開した文化遺産の中から、主として寺院・神社や宗教文化に関する事象や要素に焦点を絞り、その歴史的・文化的変遷を考察する。従来の研究では、寺社や宗教文化の展開を考える際に、日本国内の地域性をあまり深く考慮せず、また、東アジア世界との関わりが等閑視されてきた。本研究では、飛鳥・難波・奈良・京都などの地域性に配慮するとともに、中国・朝鮮・琉球・契丹・ベトナムなど東アジア諸国の宗教施設・宗教文化との関わりについても検討し、文化交渉史の視点を活用しながら、日本の古代・中世都市における寺社・宗教文化の展開・変容の過程を追究したい。

This research group focuses on events in and aspects of temples, shrines, and religious culture within the cultural heritage that developed in ancient and medieval cities such as Asuka, Naniwa, Nara, and Kyoto, and examines their historical and cultural evolution. Previous research examining the development of temples, shrines, and religious culture has not considered the local characteristics of Japan in depth, and has neglected to observe its relationship with East Asia more broadly. In addition to considering the local characteristics of Asuka, Naniwa, Nara, and Kyoto, this research group will examine relationships with religious facilities and religious culture in East Asian countries such as China, Korea, Ryukyu, Khitan, and Vietnam. Further, by the perspective of the history of cultural interactions, it will investigate the development and transformation of temples, shrines, and religious culture in ancient and medieval cities in Japan.

研究員

主幹 西本 昌弘(文学部 教授)
  井上 主税(文学部 教授)
  長谷 洋一(文学部 教授)
  原田 正俊(文学部 教授)
  鈴木 景二(委嘱研究員、富山大学 教授)
  曽 昭駿(客員研究員、浙江工商大学 専任講師)
  藤原 崇人(客員研究員、龍谷大学 准教授)
  大谷 渡(非常勤研究員)
  宮嶋 純子(非常勤研究員)
  山口 哲史(非常勤研究員)
  貫田 瑛(準研究員)

ページの先頭へ戻る

風景表象研究班
Studies on Representations of Landscape

研究期間

2022年4月1日~2025年3月31日(2期目)

研究テーマ

風景表象の比較文化史的研究
A study of the comparative cultural history of landscape representations

研究目的および研究の特色

鴨川(京都市)

鴨川(京都市)

リギ山からのアルプス遠望(スイス)

リギ山からのアルプス遠望
(スイス)

ヴェルサイユ宮殿(フランス)

ヴェルサイユ宮殿(フランス)

本研究班では、歴史・地理・美術・文学・環境都市学等、複数の視点から風景表象の諸形態を考察し、風景表象の比較文化史の構築を目指す。
風景はいつの時代もどのような場所にも存在する。しかし、風景画や風景写真、地図や絵地図、あるいは建造物や基盤的構造体などをも含むことができる風景表象は、人間の自然環境に対する態度に基づく、すぐれて文化的な営みの結果であり、様々な諸相の下に現れる。人間と自然環境との動態的かつ流動的な相関関係は、地域、時代によって異なり、その精神性あるいは技術的諸条件などが無限の表象可能性をもたらしている。
本研究班ではこのようにして実現されてきた風景の諸表象を対象とし、アジアと西洋という伝統的地域区分に基づいて調査研究をすすめる一方、自然風景と都市環境の相関関係、植民地化という政治経済史的文脈、歴史的ないし歴史記述的風景表象とった観点を考慮し、包括的な比較文化史的方法も試みる。

This research group studies various forms of landscape representation from multiple perspectives, including history, geography, art, literature, and environmental urban studies, with the aim of constructing a comparative cultural history of landscape representation.
“Landscape” exists in all time periods and in all places. However, landscape representation, which can include landscape pictures, photographs, maps, pictorial maps, buildings, and basic structures, is the result of sophisticated cultural activities based on human attitudes toward the natural environment, and appears in various guises. The dynamic and fluid correlation between humans and the natural environment varies from place to place and from time to time, and its spirituality and technical conditions create infinite possibilities for representation.
This research group studies the various landscape representations that have been realized in this way. In addition to, conducting research based on the traditional regional divisions of Asia and the West, it also adopts a comprehensive comparative cultural and historical approach, taking into account the correlation between natural landscapes and the urban environment, the political and economic historical context of colonization, and the perspective of historical and historiographical landscape representations.

研究員

主幹 嶋中 博章(文学部 准教授)
  岡 絵理子(環境都市工学部 教授)
  森本 慶太(文学部 准教授)
  林 倫子(環境都市工学部 准教授)
  野間 晴雄(文学部 特別契約教授)
  蜷川 順子(客員研究員、関西大学 名誉教授)
  齋藤 鮎子(非常勤研究員)
  田邊 めぐみ(非常勤研究員)
  藤井 信之(非常勤研究員)
  毛利 美穂(非常勤研究員)

ページの先頭へ戻る

日本言語文化研究班
Studies of Japanese Language and Culture

研究期間

2022年4月1日~2025年3月31日(2期目)

研究テーマ

日本言語文化の内と外
The inside and outside of the culture of the Japanese Language

研究目的および研究の特色

廣瀬本萬葉集(関西大学図書館所蔵)

廣瀬本萬葉集(関西大学図書館所蔵)

本研究班の研究テーマは「日本言語文化の内と外」である。日本言語文化の結晶ともいえる古代から近代に及ぶ日本文学の内部と外部との関係を研究対象とする。
日本語母語者を日本言語文化の内部と措定すると、そうした内部に向かうベクトルを持った異文化受容、あるいは外部に向かうベクトルを持った異文化への波及が大きな課題として浮かび上がる。この点を考察することを通じて、日本言語文化の内外を相対化し、より広範な視座から「日本言語文化の内と外」について研究を進める。
内部/外部という視座は、やがて相対化されるべきものであるだろうが、その相対化の過程にこそ新たな研究地平が拓かれるものと考えている。

This research group studies “the inside and outside of Japanese language and culture.” The group’s research examines the relationship between internal and external aspects of Japanese literature, which can be considered an embodiment of Japanese language and culture, from ancient to modern times.
If one considers native speakers of Japanese as internal to Japanese language and culture, two major issues emerge: the reception of foreign cultures moving toward the inside, and the influence of Japanese culture moving outward toward foreign cultures. Examining this point will relativize the internal and external aspects of Japanese language and culture, advancing research on “the inside and outside of Japanese language and culture” from a broader perspective.
In time, this should lead to a relativization of the internal/external perspective itself, and this process of relativization may in turn open up new research perspectives.

研究員

主幹 村田 右富実(文学部 教授)
  関 肇(文学部 教授)
  高橋 美帆(文学部 教授)
  増田 周子(文学部 教授)
  関屋 俊彦(客員研究員、関西大学 名誉教授)
  山本 登朗(客員研究員、関西大学 名誉教授)
  小田 芳寿(非常勤研究員)
  北井 佑実子(非常勤研究員)
  中葉 芳子(非常勤研究員)
  福留 瑞美(非常勤研究員)
  木下 響子(準研究員)
  坂本 美樹(準研究員)
  瀧倉 朋世(準研究員)

ページの先頭へ戻る

東西の都市に見る異文化の衝突と受容研究班
Cities as centers of conflict and acculturalization in East and West

研究期間

2022年4月1日~2025年3月31日(1期目)

研究テーマ

東西新旧の都市における異文化の衝突と受容の探求
Exploration of cultural conflict and accommodation in Eastern and Western cities old and new

研究目的および研究の特色

   首相就任より遙か前の2004年に、自作の小説を自信ありげに発表していたボリス・ジョンソン。その内容は性差別的かつイスラモフォビックだとして批判されている。The Times(2019年7月26日)より。

首相就任より遙か前の2004年に、自作の小説を自信ありげに発表していたボリス・ジョンソン。その内容は性差別的かつイスラモフォビックだとして批判されている。The Times(2019年7月26日)より。

1373年にアイルランドのウォーターフォードで作成された勅許状に描かれたエドワード3世(在位1327-1377)の肖像(Waterford Museum of Treasures所蔵)

1373年にアイルランドのウォーターフォードで作成された勅許状に描かれたエドワード3世(在位1327-1377)の肖像(Waterford Museum of Treasures所蔵)

天明元年に筆写された廣瀬本『萬葉集』(関西大学図書館<廣瀬文庫>所蔵)

天明元年に筆写された廣瀬本『萬葉集』(関西大学図書館<廣瀬文庫>所蔵)

アレキサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(1799-1837)の自画像

アレキサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(1799-1837)の自画像

西洋文学と日本文学に見られる異文化の衝突と受容の実態を東西の都市に焦点を合わせて考察する。具体的には、8世紀の奈良、中世のウェールズ及びウェールズ国境地域、中世のウォーターフォード、19世紀のサンクトペテルブルク、現代のロンドン、ハンブルク、カラチ、ラッカ等で起こった現象について、物語論、多言語使用、文化地理学、都市論、表象文化論などの観点から明らかにする。時代は中世から現代にわたり、扱う都市と地域は文化も、歴史的・社会的背景も異にするが、そこに見られる異文化の衝突と受容に共通するパターンを探る。

The purpose of our research is to explore cultural conflict and accommodation in old and new Eastern and Western cities as represented in literature. Our study covers a wide range of time and space—cities and areas with various cultural, social, political and historical backgrounds from the early middle ages to the present day: chronologically, from 8th-century Nara to medieval Wales, 14th-centry Waterford, 19th-centry St Petersburg, ending with contemporary London, Hamburg, Karachi and Raqqa. Our approaches and methodologies, which vary according to time and place, include narratology, multilingualism, cultural geography and cultural representation. The aim is to look for common denominators and shared trends while being cognizant of differences.

研究員

主幹 和田 葉子(外国語学部 教授)
  板倉 厳一郎(文学部 教授)
  ローベルト・ヴィットカンプ(文学部 教授)
  近藤 昌夫(外国語学部 教授)
  アンドリュー・チャールズ・ブリーズ(在外李嘱研究員、ナヴァラ大学 教授)
  朝治 啓三(客員研究員、関西大学 名誉教授)
  パトリック・ポール・オニール(客員研究員、ノースカロライナ大学チャペルヒル校 名誉教授)

研究班のご紹介