SEARCH MENU

海外留学プログラム

人間健康学部 国際健康福祉実習

ABOUT

対象 人間健康学部生
留学期間
言語 英語
目的 語学、語学以外
留学先 アジア、北米
募集期間
出発時期
費用 200,000円~300,000円
奨学金
問い合わせ先 堺キャンパス事務室

国際健康福祉実習

本実習では、グローバル化が進むなかで重要となる多文化社会のあり方と国際的なWell-beingの理解の醸成を目指します。机上の学習と合わせて、現地の文化や生活様式、地域福祉等について体験的に学びます。また、現地での実習に前後して、事前指導と事後指導を行います。
事前指導のなかでは、現地での実習時に必要となる基礎的な知識の習得と英語及び実習先の母国語でのコミュニケーション能力の向上のために専門家を招いての学習指導やE-Learningの指導、事後指導では、実習での学びをまとめるとともにその内容のプレゼンテーションを行います。

国際健康福祉実習(ハワイ)

ハワイでの屋外および屋内におけるレクリエーション・プログラムの受講、福祉施設の見学、地域社会における農園を活用した地域福祉の実際などを体験的に学びます。

■ 目 的 :多文化社会のあり方と国際的なWell-beingの理解の醸成
■ 出願・選考方法 :受講希望者が多数の場合は選考を実施
■ 必要経費 :約30万円
■ 派遣先・実施大学 :ハワイ大学マノア校
■ 留学時期 :2月下旬~
■ 募集人数 :15名程度
■ 期間:約2週間
■ 実施時期:2月

国際健康福祉実習(インドネシア)

コミュニケーションの手段としての英語を基調としながら、他言語(インドネシア語)及び、異文化への理解等をとおして国際人としての基礎の涵養を目指します。そのプロセスでは、机上の学習と合わせて、以下の点を体験的に学びます。

①多言語をとおして、コミュニケーションがとれる
②インドネシア学生と協働して、現地の子どもの福祉課題を理解できる
③現地の高校等において、日本語の授業・日本文化の紹介・スポーツでの 交流等ができる
④インドネシア学生と協働して、現地の児童養護施設の施設改善プロジェクトに貢献する

また、これらの目標達成プロセスでは、ホームステイしながら現地の文化や宗教、生活様式 を経験することとなります。

■ 目 的 :多文化社会のあり方と国際的なWell-beingの理解の醸成
■ 出願・選考方法 :受講希望者が多数の場合は選考を実施
■ 必要経費 :約20万円
■ 派遣先・実施大学 :ディアナ・プラ大学
■ 留学時期 :2月下旬~
■ 募集人数 :15名程度
■ 期間:約2週間
■ 実施時期:2月