KANSAI UNIVERSITY

システム理工学部

さまざま問題を解決するための数学的構成能力、論理的思考能力を養う。 さまざま問題を解決するための数学的構成能力、論理的思考能力を養う。

急激な変化と発展を遂げる現代社会では、さまざまな分野で数学的思考に基づいて、現象の本質の解析と数理的定式化のできる人材に対するニーズが、非常に高まっています。数学科では高校までの数学の内容をしっかりマスターして最近の多方面への広がりを見せる数理科学に興味があり、計算だけではなく数学の論理的構造をじっくり学ぶこと、さまざまな事象に内在する本質を見ぬく洞察力を養成したい学生に対して、代数学、幾何学、解析学の基礎が身につくような学習プログラムを採用しています。また柔軟な思考力を養うために、意欲のある学生のために数学以外の理工系の科目も用意しています。

学びのスタイル

数学科 2016年3月卒業
西村 大

研究テーマ

微分幾何学

数式だけでなく、内容を論理的に組み立てて説明。理解を促す力を、教員の仕事にも生かしたい。 数式だけでなく、内容を論理的に組み立てて説明。理解を促す力を、教員の仕事にも生かしたい。

卒業論文で取り組んだテーマは「シルベスターの問題」。「n個の点が一直線上にないとき、2点だけを通る直線が少なくとも1本は存在する」という内容です。高校と違って大学の数学は、数式だけでなく論理的な説明が必要となります。卒業論文の中間発表でも、どのような公理や定理に基づくのかを提示しながら証明。数式を書きながら説明し、研究室のメンバーからの質問にも答えます。教科書では省略されていた部分に気付かず進めていると先生からも「どうして、そうなるの」と鋭い指摘が。友人たちから「こんな考え方を用いては」などと助けられながら補いました。塾のアルバイトで教えていた中学生がこの問題に興味をもったため、図を描きながら説明したところ「わかった」という反応が。証明できたうれしさと、教え子にも伝わった充実感の両方を味わいました。今の研究室を選んだのは、藤岡先生の授業の進め方を見て尊敬していたからです。卒業後は中学教員として、先生から吸収した理解しやすい説明方法や、授業運営を実践したいです。

論理立てる力、批判的な視点はすべての仕事に必須。思いがけない職種にも、数学の手腕を生かせます。

西村さんの強みは「自分で考える力」です。教科書にすら、省略や間違いが含まれているもの。ちょっと疑ってみるくらいのほうが成長できます。教員をめざす人の多い学科ですが、論理立てる力、批判的な視点は、どんな仕事にも欠かせません。金融、コンピュータなどの分野からは特に多くのニーズがあり、法律や制度を構築するなど意外な場面にも生かせる可能性が広がっています。

数学科 藤岡 敦 教授

学びのキーワード

【代数・幾何・解析】
【解法発見の喜び】
【魅惑の定理との出合い】

1年次では微積分、行列の計算力の向上をめざし、2年次では微積分の高度な理論、ベクトル・行列の理論、位相空間論など、3年次では群論やガロア理論などの代数学、複素解析学、ルベーク積分、位相解析学などの解析学、多様体論、位相幾何学などの幾何学、確率論、統計学、計画数学などの基礎を学びます。この基礎の上に立って4年次では、純粋数学、応用数学のどちらの分野でも将来専門性が生かせる、あるいは数学を使うほかの専門分野を志しても更に専門的能力を開発していけるようなカリキュラムを用意しています。

授業Pick upはこちら

取得できる資格

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

中学校教諭一種免許状〔数学〕、
高等学校教諭一種免許状〔数学〕、司書、司書教諭、学芸員

申請することで資格を取得できるもの

測量士補

一定の実務経験を積むと資格を取得できるもの

測量士

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

数学科独自のホームページへ

このページの先頭へ