KANSAI UNIVERSITY

システム理工学部

極微の素粒子から物質、生物、そして宇宙までを対象にその本質を探究する。 極微の素粒子から物質、生物、そして宇宙までを対象にその本質を探究する。

物理学は極微の素粒子から物質、生物、そして宇宙全体までを対象にする学問です。自然現象の本質を解明する研究成果や理論が社会に大きな変化をもたらしている例は、枚挙にいとまがありません。本学科では、このような研究成果を社会に還元し、世界の発展に貢献できる技術者・研究者の育成をめざしています。卒業生は、情報、電機、機械、化学などの産業界をはじめ、さまざまな分野での活躍が期待されています。

学びのスタイル

理工学研究科 システム理工学専攻
博士課程前期課程 1年次生
左手 宏毅

研究テーマ

4層構造の磁気トンネル抵抗素子に関する研究

ナノサイズの磁石で開発する次世代電子デバイス。電気抵抗を探る計算で、その素材を見極めます。 ナノサイズの磁石で開発する次世代電子デバイス。電気抵抗を探る計算で、その素材を見極めます。

パソコンのハードディスクやメモリなどの情報記録装置は、より小型化、大容量化が望まれています。それを実現する「ナノサイズの磁石を用いた次世代電子デバイス」が、私の研究対象です。コンピュータの中での情報の基本単位である「0と1」をナノメートル程度の大きさの磁石に担わせることで、大幅な性能アップが見込めます。ここで重要になるのが、デバイスを構成する金属などの素材。記録密度の高さや処理スピードの速さといった性能は、物質がもつ電気的・磁気的性質に影響されるため、素材の種類や使用条件によって性質、特に電気抵抗がどう変わるのか計算で求めています。企業における実用化試験に必要となる、重要な計算です。理論と実験の結果が一致しても「良かった」で終わらせず、なぜ一致したのか、改善点はないのかと、引き続き探ることが大切。物理の仕組みは探れば探るほどおもしろく、しかも社会に役立つことが実感できるところが大きな魅力です。大学院に進学してさらに研究を深め、培った力を開発職などで役立てたいです。

社会の発展に結びつく学びが学科全体に含まれ、次世代のものづくりへのアプローチが可能です。

左手さんがめざすのは、量子力学特有の物理現象に基づき、情報記録装置の未来を変えるという、全く新しい発想による次世代のものづくり。こうした社会の発展に直接結びつく学びが、学科全体にあります。大学院では、企業や研究所と連携する研究も少なくありません。左手さんのように考える力を鍛え、自分が一度出した答をも疑ってみる人が、科学技術の新しい境地を切り拓きます。

物理・応用物理学科
伊藤 博介 教授

学びのキーワード

【新しい実験装置を開発したい】
【コンピュータを使って大計算をしたい】
【自然法則を探究したい】

授業Pick upはこちら

コース紹介

基礎・計算物理コース

量子力学を中心に、解析力学、統計力学、流体力学など物理学の骨格となる科目を学び、研究者、技術者、教員となる基礎を身につけます。数値計算に関する科目も充実しており、コンピュータを駆使して数式を可視化する方法も身につけることができます。

応用物理コース

量子力学、電磁気学、波動などの基本的科目を学んだ上で、物理学の工学的応用に必要な基礎を身につけます。多くの実験科目が用意されており、知識のみでなく、装置開発や計測技術の習得を通じて技術者としての素養も身につけることができます。

  • 超高圧における物質構造の理論的予測

  • チャネル流における秩序構造

  • ガラス円柱の振動モードの光学的可視化像

  • 50ナノメートルのナノギャップ電極間に堆積したシリコンナノワイヤー

取得できる資格

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

中学校教諭一種免許状〔数学・理科〕
高等学校教諭一種免許状〔数学・理科〕、司書、司書教諭、学芸員

所定単位を修得すると在学時から受験資格が得られるもの

甲種危険物取扱者

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

物理・応用物理学科独自のホームページへ

このページの先頭へ