KANSAI UNIVERSITY

化学生命工学部

生命・医薬

酵素工学

老川 典夫 教授

oikawa@kansai-u.ac.jp

生命活動の根幹を担う生体分子、特に物質代謝、エネルギー代謝を支える酵素の機能、構造、触媒機能や応用、タンパク質科学および代謝工学的手法を用いて研究する。アミノ酸代謝関連酵素および補講素含有型酵素などを主な対象とし、多機能性生体触媒の基質認識並びに触媒機能を支える立体構造と、これらの情報に基づくタンパク質工学的研究を行う。また、工業的に有用な反応を触媒する新規酵素の探索とその応用研究や食品中のD-アミノ酸などの機能性物質の探索とその生合成機構の解明や応用研究を行う。

神経再生工学

下家 浩二 教授

shimoke@kansai-u.ac.jp

高次神経機能を司る神経細胞に関わるタンパク質を研究対象とする。神経細胞における細胞内情報伝達機構を生化学、分子生物学、細胞生物学的に探究する。特に、神経細胞の分化誘導や生存維持(アポトーシス防御)に働く神経成長因子(NGF)などの作用機構を、酵母two-hybrid systemによるタンパク質-タンパク質間相互作用解析や、培養動物細胞を使った細胞工学的手法を用いて分子レベルで解明する。さらに、小胞体ストレス誘導によるアポトーシスとその防御の細胞内情報伝達機構、環境汚染化学物質の神経細胞に対する影響とその防御機構、神経細胞の分化(突起伸長)に関わるエピジェネティックな遺伝子発現調節機構等の研究を行う。

医薬品工学

長岡 康夫 教授

ynagaoka@kansai-u.ac.jp

学術情報システム

医薬品や化粧品原料となることが期待される生理活性物質の探索や薬剤の創生を目指した研究を行っている。薬理学や分子生物学的な手法と有機化学や天然物化学の手法を駆使して、分子標的抗がん剤、遺伝子治療用製剤、美白剤を含むメラニン産生制御剤そして脳神経疾患の改善を期待した薬剤の開発を行っている。

医薬品工学

住吉 孝明 准教授

t-sumiyo@kansai-u.ac.jp

医薬品や化粧品原料となることが期待される生理活性物質の探索や薬剤の創生を目指した研究を行っている。薬理学や分子生物学的な手法と有機化学や天然物化学の手法を駆使して、分子標的抗がん剤、遺伝子治療用製剤、美白剤を含むメラニン産生制御剤そして脳神経疾患の改善を期待した薬剤の開発を行っている。

高等植物の細胞分裂と細胞形態形成の機構

安原 裕紀 准教授

yasuhara@kansai-u.ac.jp

学術情報システム

高等植物の形態形成機構すなわち、どのようにして植物の形が決まるのかを明らかにし、これを作物の増産に結びつけることを目標に研究を行っている。植物細胞は動物細胞と異なり、細胞が堅い細胞壁に覆われている。そのため、隣接する細胞との位置関係は基本的にこの細胞壁によって固定されており、動物の胚発生過程で見られるような細胞同士の位置関係のダイナミックな変化は起こらない。したがって、植物の形ができ上がって行くとき、どのように細胞が分裂するのかと、新たにできた細胞がどのような形になるのか(細胞形態形成)が非常に重要である。微小管やアクチン繊維に代表される細胞骨格は、細胞分裂と細胞形態形成にきわめて重要な働きをしている。そこで、それらの働きを制御する多様な細胞骨格関連タンパク質の機能に注目して研究を行っている。

酵素工学

山中 一也 准教授

kazuyay@kansai-u.ac.jp

学術情報システム

微生物は我々の社会生活に貢献する各種有用物質、抗生物質や抗がん剤をはじめとする医薬品及びそれらのリード化合物の生産者として産業上重要な役割を果たしている。当研究室では、遺伝子工学的手法を用いた産業上重要な微生物の改良研究や、次世代DNAシークエンス技術によってもたらされる膨大な環境微生物遺伝資源から、新規な有用生理活性物質の生産に関与する遺伝子群を探し出し、最新の遺伝子工学技術を駆使して、これら未開拓の遺伝資源を効率的かつ直接的に物質生産すなわち産業応用に結び付けることを目指した研究を行う。また、酵素学的、遺伝子工学的手法を用いた各種有用生理活性物質の生合成研究を通して得られる知見を応用し、天然には存在しない新しい生理活性物質の創生にも挑戦する。これらの研究活動を通して、当該分野の多様な技術の習得だけでなく課題解決能力も養う。

環境

環境微生物工学

岩木 宏明 教授

iwaki@kansai-u.ac.jp

学術情報システム

地球上には多くの微生物が生息している。これら微生物はさまざまな能力を有しており、その能力は環境・食品・医薬品・化成品などさまざまな分野に利用可能である。本研究室では、土壌・海洋・河川などのさまざまな環境に生息する環境汚染物質分解菌などの有用微生物を探索・分離し、分離菌の遺伝情報解析を行っている。さらに、得られた遺伝情報を利用し、環境浄化や物質生産を目的とした微生物育種を行っている。

生物化学工学

片倉 啓雄 教授

微生物の機能を理解し、有用物質を効率的に生産する以下の研究を行っている。(1)プロバイオティクスとしても注目される乳酸菌を従来よりも一桁以上高い濃度まで培養する方法。(2)乳酸菌・ビフィズス菌と腸管細胞の相互作用に及ぼす食物繊維の影響。(3)微生物による高分子量ヒアルロン酸生産。(4)古紙・廃繊維からの固体連続併行複発酵によるエタノール生産。

分子微生物学

長谷川 喜衛 教授

yoshie@kansai-u.ac.jp

学術情報システム

微生物は様々な物質を分解・生産する能力を有しており、環境浄化や医薬品・化成品などの生産に利用可能である。微生物機能の高度利用や新規機能の開拓を目指し、環境汚染物質分解や有用物質生産に関与する酵素遺伝子や制御遺伝子を取得し、構造や機能を解明する。さらに、取得した遺伝子を利用したGreen Chemistry Technologyによる物質生産系の構築を試みる。これらの研究活動を通じて、研究推進の考え方や遺伝子工学的手法を習得させる。

微生物制御工学

松村 吉信 教授

ymatsu@kansai-u.ac.jp

学術情報システム

生態系の分解者である微生物は、様々な酵素を利用して地球環境の浄化に寄与している。我々の研究室では、微生物がもつ未知なる環境浄化能を見出すと共にその効率的活用法の開発を目指している。その中で、(1)環境汚染物質分解菌の単離やその分解に関与する酵素群の取得、さらにそれら遺伝情報の解析を行っている。また、(2)このような微生物の機能は不安定で、遺伝情報の伝播も観察されるため、遺伝情報の変化の仕組みについても解析している。(3)環境中の微生物の中にはヒトの健康を脅かすものも知られているため、微生物の生長をコントロールする手法(微生物制御技術)の開発も行っている。この研究は環境分野のみならず、医療や食品製造分野にも活用できる技術である。さらに、(4)微細藻類や真菌類を活用したバイオ系エネルギー生産やバイオマス利用に関する研究も始めている。

生物化学工学

山崎 思乃 准教授

微生物の機能を理解し、ヒトの健康の維持・増進に役立てるための研究を行っている。腸内では多種多様な微生物が腸内細菌叢を形成し、宿主の健康状態に大きく影響するため、腸内細菌と宿主との相互作用の理解やプロバイオティクスによる腸内細菌叢の制御は重要な課題である。当研究室では、(1) 腸内細菌やプロバイオティクス、あるいはそれらが生産する膜小胞などの生産物による宿主の生体調節メカニズムの解明、(2) 腸内細菌やプロバイオティクスが腸管上皮や食物繊維と接着する現象の解析を通して、腸内環境の改善やプロバイオティクスの高機能化を目指している。

食品

食品化学

福永 健治 教授

fukunagk@kansai-u.ac.jp

研究分野としての食品・栄養化学は微生物やDNAに代表される「バイオ」とは一線を画している。論文指導では、食と健康に関連したテーマを選択させており、特に必須微量ミネラルのセレンや亜鉛等の食品中含有量や存在形態、脂質の機能解析と酸化の防止、水産廃棄物の有効利用に焦点をあて、ミネラルと脂質の機能解析と栄養有効性について学ばせている。講義・ゼミナールにおいても、食と健康の関連を採り上げており、周辺科学である疫学、統計学、動物栄養試験、食文化についても解説している。

食品化学

細見 亮太 准教授

hryotan@kansai-u.ac.jp

学術情報システム

研究分野としての食品・栄養化学は微生物やDNAに代表される「バイオ」とは一線を画している。論文指導では、食と健康に関連したテーマを選択させており、特に必須微量ミネラルのセレンや亜鉛等の食品中含有量や存在形態、脂質の機能解析と酸化の防止、水産廃棄物の有効利用に焦点をあて、ミネラルと脂質の機能解析と栄養有効性について学ばせている。講義・ゼミナールにおいても、食と健康の関連を採り上げており、周辺科学である疫学、統計学、動物栄養試験、食文化についても解説している。

栄養化学

吉田 宗弘 教授

hanmyou4@kansai-u.ac.jp

研究分野としての食品・栄養化学は微生物やDNAに代表される「バイオ」とは一線を画している。論文指導では、食と健康に関連したテーマを選択させており、特に必須微量ミネラルのセレンや亜鉛等の食品中含有量や存在形態、脂質の機能解析と酸化の防止、水産廃棄物の有効利用に焦点をあて、ミネラルと脂質の機能解析と栄養有効性について学ばせている。講義・ゼミナールにおいても、食と健康の関連を採り上げており、周辺科学である疫学、統計学、動物栄養試験法、食文化等についても解説している。

このページの先頭へ