KANSAI UNIVERSITY

化学生命工学部

食品・医薬品・化粧品・環境関連分野など、多方面で活躍できる人材を育成する。 食品・医薬品・化粧品・環境関連分野など、多方面で活躍できる人材を育成する。

ライフサイエンス・バイオテクノロジーは、食品・医薬品の開発・製造、環境浄化・修復、多様な機能性素材の開発など、多岐にわたって活用され、更なる発展が望まれています。そこで本学科では、DNAやタンパク質の構造・機能を理解し、それらの相互作用に基づく高次の生命現象について学習し、食品・医薬品開発や基礎研究、植物の育種などへ幅広く応用できる能力を身につけます。また、今日の研究者・技術者に求められる高い倫理観を養うため、生命倫理に関する科目も配当し、食品・医薬品産業や医療、環境などの多方面で活躍できる人材を育成します。本学科でチャレンジできる研究テーマの多くは、社会的に注目されている分野である先端医療、遺伝子工学、地球環境保全、地球温暖化防止、食品安全などに直接または強く関連しています。

学びのスタイル

理工学研究科 化学生命工学専攻
博士課程前期課程 1年次生
荒西 佳織

研究テーマ

石クラゲ(Nostoc commune)の培養方法の改善と吸水性ポリマーの生産

海外の論文からヒントを得て、培養方法を開発。天然素材・石クラゲの可能性を学会で発表します。 海外の論文からヒントを得て、培養方法を開発。天然素材・石クラゲの可能性を学会で発表します。

道端にも群生する石クラゲの培養方法、生態、活用方法について調べています。石クラゲはラン藻類の仲間で、水を吸うとふくれ、乾燥すると縮むのが大きな特徴。吸水性ポリマーの新素材として、また紫外線カットの機能を化粧品などに活かせるなどの可能性を秘めています。難点は、量産しにくいこと。湿度、温度、培地の成分などさまざまな条件を試しても、増え方が変わりません。先生から励まされ、関連する海外の論文から情報を探るうち、赤い光を照射するというヒントを得ました。すると従来は1.2倍だった増え方が、3倍以上に。実験開始から約半年が経過しており、思わず先生と「シャーレを見てください!」「すごい、まったく違う! 」と喜びを分かちあいました。自分で考えて、諦めずに道を切り拓く大切さを実感できた瞬間です。今はこの成果を学会で発表する準備をしています。現在は大学院に進学し、吸水性、紫外線カットなどの機能について追究しています。ゆくゆくは食品や化粧品といったメーカーで、研究の成果を活かすことが目標です。

天然植物由来物質への評価が、見直されています。10年後の社会を見据えて「次」を考えましょう。

医薬品などに使われる物質は、従来の有機合成から天然植物由来へと移行しつつあります。このように社会の価値観や私たちが創造すべき対象は、常に変遷するもの。大学時代に変化への対応力を鍛えておくことは、大変有意義です。私の研究室では、学生一人につきワンテーマ。それぞれ1~3社程度の企業と産学連携で研究しています。10年後の社会に役立つテーマにトライしましょう。

生命・生物工学科
河原 秀久 教授

学びのキーワード

【ライフサイエンス】
【バイオテクノロジー】
【環境科学】

授業Pick upはこちら

コース紹介

生命科学コース

難治性疾患の解明や医薬品の開発と基礎研究など、人類の福祉に大きく貢献する生命科学を学びます。高等生物の高次機能まで操作・修復可能になりつつあるなか、技術が社会や環境にもたらす影響を認識する力も養います。

生物工学コース

遺伝子操作、食品・環境化学分析などの実験技術や、工業生産プロセスに必要な生物化学工学に関する技術を習得し、食品・環境・医療・医薬などの領域でバイオテクノロジーの技法を駆使できる力を身につけます。

  • 微量ミネラルを豊富に含有する水産物

  • バクテリアでリグニンが分解されセルロースが露出する

学びのステップ

生命科学コース

微生物から高等生物までの高次生命現象を、遺伝子・分子・細胞の各レベルで解明し、それらの現象を統合的にとらえ、制御システムとして理解。これを応用する技術を身につけ、医療、医薬品、食品などの領域で活躍できる人材の養成をめざします。

生物工学コース

微生物、食品、環境に関する知識を深めるとともに、遺伝子操作、食品・環境衛生、汚染物質の分析などの主要分野の実験技術や工業生産プロセスに必要な生物化学工学に関する技術を習得することにより、それらに関する領域で活躍できる人材の育成をめざします。

取得できる資格

1.所定単位を修得すると資格を取得できるもの

1)卒業に必要な単位の範囲内で取得できる資格(全学中、本学科のみ取得可)

食品衛生管理者(食品衛生監視員)

2)卒業に必要な単位とは別に、単位を修得する必要のある資格

中学校教諭一種免許状〔理科〕、高等学校教諭一種免許状〔理科〕、司書、司書教諭、学芸員

2.受験に一定の要件が必要で、本学科を在学中あるいは卒業後に受験資格が得られるもの

1)在学中に所定単位を修得すれば受験できる資格

健康食品管理士(在学中に受験する場合、3年次以上の学生のみ)
甲種危険物取扱者

2)在学中に受験できる資格

中級バイオ技術者(2年次以上)
上級バイオ技術者(3年次以上)

3.受験に特別な資格は必要ないが、本学科で学んだ内容が生かせる資格

本学科で学んだ内容が試験で出題される資格

公害防止管理者
環境計量士

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

生命・生物工学科独自のホームページへ

このページの先頭へ