KANSAI UNIVERSITY

化学生命工学部

食品・医薬品・化粧品・環境関連分野など、多方面で活躍できる人材を育成する。 食品・医薬品・化粧品・環境関連分野など、多方面で活躍できる人材を育成する。

ライフサイエンス・バイオテクノロジーは、食品・医薬品の開発・製造、環境浄化・修復、多様な機能性素材の開発など、多岐にわたって活用され、更なる発展が望まれています。そこで本学科では、DNAやタンパク質の構造・機能を理解し、それらの相互作用に基づく高次の生命現象について学習し、食品・医薬品開発や基礎研究、植物の育種などへ幅広く応用できる能力を身につけます。また、今日の研究者・技術者に求められる高い倫理観を養うため、生命倫理に関する科目も配当し、食品・医薬品産業や医療、環境などの多方面で活躍できる人材を育成します。本学科でチャレンジできる研究テーマの多くは、社会的に注目されている分野である先端医療、遺伝子工学、地球環境保全、地球温暖化防止、食品安全などに直接または強く関連しています。

学びのスタイル

理工学研究科 化学生命工学専攻
博士課程前期課程 2年次生
安田 真央

研究テーマ

微生物の生理活性物質生合成機構の解析とそれを応用した新規創薬リード化合物の創生

微生物の遺伝子を自在に操る後世に残る創薬手法の開発をめざす。 微生物の遺伝子を自在に操る後世に残る創薬手法の開発をめざす。

近年、薬剤耐性菌の出現が医薬品開発の障壁となっています。そうした医薬品化合物の生成過程を分子レベルで解明し、遺伝子組み換え技術によりその機構を自在に改変することで、新たな生理活性物質の創生が可能となり、さらに、その手法は将来の医療を支える重要な技術となり得ます。科学技術の進歩により、遺伝子の解読は容易に行えるようになりました。しかし、複数の遺伝子を狙ったとおり細胞から取り出し、設計どおりに改変して化合物を作らせることは容易ではなく、数カ月を要します。私は、それを1〜2週間程度に短縮した新たな遺伝子工学技術の開発を進めています。この手法が確立できれば、新しい化合物を簡単に作り出せるようになり、新薬の創生にもつながります。また、世界中の人が活用し、後世に残る可能性もあるため、やる気がみなぎります。将来は、研究職に就き、大学で培った能力を発揮したいと思います。

前例のない研究テーマにチャレンジ。失敗を繰り返すことで課題解決能力が養われます。

生命科学分野の多くは、医薬品をはじめ、世の中の役に立つものを作り出す、最先端の研究であふれています。前例のないテーマだからこそ、研究に費やす時間の9割は失敗です。そこから問題点を導き出し、解決策を考えながら進めることが大切で、社会に出て必要となる課題解決能力が磨かれます。自らの可能性を試したい人はぜひチャレンジしてください。

生命・生物工学科
山中 一也 准教授

学びのキーワード

【ライフサイエンス】
【バイオテクノロジー】
【環境科学】

授業Pick upはこちら

コース紹介

生命科学コース

難治性疾患の解明や医薬品の開発と基礎研究など、人類の福祉に大きく貢献する生命科学を学びます。高等生物の高次機能まで操作・修復可能になりつつあるなか、技術が社会や環境にもたらす影響を認識する力も養います。

生物工学コース

遺伝子操作、食品・環境化学分析などの実験技術や、工業生産プロセスに必要な生物化学工学に関する技術を習得し、食品・環境・医療・医薬などの領域でバイオテクノロジーの技法を駆使できる力を身につけます。

  • 微量ミネラルを豊富に含有する水産物

  • バクテリアでリグニンが分解されセルロースが露出する

学びのステップ

生命科学コース

微生物から高等生物までの高次生命現象を、遺伝子・分子・細胞の各レベルで解明し、それらの現象を統合的にとらえ、制御システムとして理解。これを応用する技術を身につけ、医療、医薬品、食品などの領域で活躍できる人材の養成をめざします。

生物工学コース

微生物、食品、環境に関する知識を深めるとともに、遺伝子操作、食品・環境衛生、汚染物質の分析などの主要分野の実験技術や工業生産プロセスに必要な生物化学工学に関する技術を習得することにより、それらに関する領域で活躍できる人材の育成をめざします。

取得できる資格

1.所定単位を修得すると資格を取得できるもの

1)卒業に必要な単位の範囲内で取得できる資格(全学中、本学科のみ取得可)

食品衛生管理者(食品衛生監視員)

2)卒業に必要な単位とは別に、単位を修得する必要のある資格

中学校教諭一種免許状〔理科〕、高等学校教諭一種免許状〔理科〕、司書、司書教諭、学芸員

2.受験に一定の要件が必要で、本学科を在学中あるいは卒業後に受験資格が得られるもの

1)在学中に所定単位を修得すれば受験できる資格

健康食品管理士(在学中に受験する場合、3年次以上の学生のみ)
甲種危険物取扱者

2)在学中に受験できる資格

中級バイオ技術者(2年次以上)
上級バイオ技術者(3年次以上)

3.受験に特別な資格は必要ないが、本学科で学んだ内容が生かせる資格

本学科で学んだ内容が試験で出題される資格

公害防止管理者
環境計量士

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

生命・生物工学科独自のホームページへ

このページの先頭へ