KANSAI UNIVERSITY

化学生命工学部

学部長メッセージ 学部長メッセージ

化学生命工学部 学部長 池田勝彦 化学生命工学部 学部長 池田勝彦

関西大学化学生命工学部は、2007年4月に関西大学工学部(1958年設立)の改組に伴い開設されました。化学物質と材料を対象とした化学・物質工学科と生物の構成要素と機能を対象とした生命・生物工学科の2学科から構成されています。

化学生命工学部の基本コンセプトは「ものづくり」です。『地球社会における「もの」と「いのち」の共生を図る科学技術の開発と創成』を基本理念として、「もの」に関する科学技術を通じて21世紀社会に貢献することを目的としています。現代社会における「ものづくり」には、情報デバイス、ナノテクノロジー、新規エネルギー産生、廃水処理、環境修復、医療素材・医薬品創製、醸造・発酵生産、バイオテクノロジーなどの技術が必要とされています。また、「もの」を精密に創製し、その品質を管理するには分析技術が必須です。これらの技術の基盤となるのは化学です。

関西大学化学生命工学部は、化学を基盤的ツールとして、新しい機能をもつ新素材・新物質の創成能力、新規な生体内物質の探索・分離・機能解析の能力、目的物質の製造プロセスを構築する能力、「もの」を精密に分析して数値化する能力を養成します。すなわち、関西大学化学生命工学部は、物質・材料や生体分子の機能を基礎的次元から解析する能力を有する、「ものづくり」の専門技術者を育成します。

関西大学には、「学の実化(がくのじつげ)」という学是があります。関西大学の第11代学長(1922年~1925年)、総理事 山岡順太郎によって提唱された学是です。これは、大学が研学の府として学問における真理追究にだけ終わるのではなく、社会のあるべき姿を提案し、その必要とするものを提供することによって、学理と産業界、官界との橋渡しをするという姿、すなわち、「学理と実際との調和」を求める考え方です。大学が、その成果を実社会へ還元すること、逆に、社会におけるニーズを吸収し、よりよい社会を目指した学問のあり方を追求することを学園に求めたもので、いまで言う、産学連携、産官学連携の基本となる考え方であると理解できます。まさに、現在の大学が目指すべきあり方を示しているのではないでしょうか。このような理念のもと、関西大学化学生命工学部は、新たな「ものづくり」の創出を目指して、発展していきます。

このページの先頭へ