KANSAI UNIVERSITY

  • HOME
  • 産学官連携センター

産学官連携センター

産学官連携センター関西大学では、1964年に工業技術研究所を開設して以来、研究成果の活用を積極的に行い、社会へ還元することを目的に、産学官連携の促進を図ってまいりました。
産学官連携センターは、そのような長年の取り組みや実績を踏まえて設立された産業界等との連携の拠点です。
ここでは、企業および公共団体等との連携による共同研究や受託研究の推進、企業や外部連携機関からの技術相談への対応、技術交流セミナー等の開催による研究成果情報の配信、関西大学の産学官連携活動に関する学内外への啓発に取り組んでいます。


『産学官連携ポリシー』

  1. 本学における教育研究活動と事業者及び公共団体等の取り組みの協働をもって、社会的課題を解決することに寄与する。
  2. 産学官連携を促進することで、本学の教育研究活動の高度化を実現し、多種多様な課題を解決することによって社会貢献の使命を果たす。
  3. 地元大阪・関西において、教育研究活動を長年にわたり積み重ねた本学の地域との連携を重視するとともに、グローバル化社会への対応を視野に入れた総合大学としての多様性を活かした産学官連携を図る。
  4. 異分野融合型の産学官連携を推進し、新たな社会的課題を探求する。
  5. 関西大学をハブ(HUB)にして産官学の橋渡しをすることで地域に密着し、かつ国際的な課題をも解決しうる多様な連携を創出し、その連携の結節点として社会に貢献する機能を担う。多様なソーシャルネットワークを創造し、地域社会から21世紀型地球社会までを意識した高等教育研究機関としての役割を担う。