KANSAI UNIVERSITY

  • HOME
  • 知財センター

知財センター

知財センター関西大学では、2005年に従来の理工系研究所の内部組織であったリエゾン機能を、産学官連携センター 知財センターとして学長直下の組織の全学機関とし、2008年10月からは知財センターとして改組いたしました。
知財センターでは、研究成果(知的財産)の管理体制の整備(発明規程等取り扱いルールの整備・運用)を行い、研究成果を産業界へ技術移転するための積極的な活動を行っています。
また、知財セミナー等の開催により、教職員や学生に対する知的財産権に関する啓蒙活動を行っています。



『知財ポリシー』

  1. 本学における教育研究活動と事業者及び公共団体等の取り組みの協働をもって、社会的課題を解決することに寄与する。
  2. 本学で創生した研究成果を社会へ還元することを大学の使命として認識し、社会連携の推進、研究成果の知財化に積極的に取り組む。
  3. 知財に係る活動について、国内外を問わず多様な機関とも積極的に協力して推進する。このことにより、知財の社会的な活用の拡大を実践し、教育研究活動をもって社会貢献を行う。
  4. 知財に係る活動に対して、果敢かつ着実に取り組む人材を育成する。これにより、自己および他者の創出した知財を尊重し、学術や社会の発展に役立てる精神と能力とを有し、多種多様な多分野で活躍できる人材を輩出する。
  5. 知財全般について、適切な管理運営を行うとともに、関連する情報を幅広く学内外に開示する。これにより、知財のより効果的な活用を図るとともに、大学に課せられた説明責任を果たし、知財管理における厳正な点検評価とその実践を行う。