KANSAI UNIVERSITY

センター長のメッセージ

地域に根ざし、提案する文理融合・総合型の地域貢献をめざします。

地域連携センターは、地域・ニの連携に関する本学の窓口として、また地域連携に関するノウハウの蓄積、連携活動の具体化を目的として2005年4月に設置されました。地域に開かれた大学を象徴する「公開講座」を提供する一方、キャンパスを出て積極的に地域で活動する大学として、教育・研究の成果を地域、自治体、産業界と連携して、広く社会に還元して、大学の使命の一つである「社会貢献」を推進しております。
   自治体との連携においては、関西大学は、キャンパスのある吹田市、高槻市、堺市を始めとする複数の自治体等と、地域連携に関する包括協定を締結しております。地域の各種教育活動の支援や安全・安心なまちづくりなど、さまざまな分野において具体的な事業展開に向けた活動を行っております。
   産業界との連携においては、2004年にりそな銀行と包括的連携協力に関する協定の締結など、相互の人的・知的資源の交流の促進・活用を図ることにより、教育・文化・産業などの分野において双方の発展と充実に寄与し、社会に貢献することを目的としています。また、近隣都市約10カ所の商工会議所と連携し、企業交流会、技術発表会などを通して地域の技術力向上に寄与しています。
    当センターは、地域と大学スタッフとの橋渡しをして、地域、自治体、産業界と大学との新たな可能性の展開を進めていきます。

地域連携センター長 品川哲彦

地域連携センター長
品川哲彦

地域社会との連携のサイクル

地域社会との連携のサイクル

  • まちづくりに関する助言を依頼したい
  • 学生への社会連携活動の場を提供したい
  • 地域の活性化、地域の再生、学生・市民向け講座の開催を検討したい
  • 地域社会における種々課題について相談したい
    …etc