KANSAI UNIVERSITY

センター長のメッセージ

地域に根ざし、提案する文理融合・総合型の地域貢献をめざします。

地域には、年齢も仕事も異なる人びとがさまざまなニーズを抱えて暮らしています。そこにひとつのまとまりができるとすれば、それは「ここに住んでいてよかった」という思いでしょう。13学部を擁する関西大学はその多彩な分野の豊富な人材を活かして、その地の直面している問題をともに考え、その解決に寄与する課題解決型地域連携を進めております。
   2005年4月に地域連携センターを設置して以来、関西大学は、キャンパスのある吹田市、高槻市、堺市を始めとする複数の自治体等と地域連携に関する包括協定を締結してきました。開かれた大学を象徴する「公開講座」を提供する一方、キャンパスを出て積極的に地域で活動する大学として、各種教育活動の支援、安全・安心なまちづくり、ニュータウンの再生、限界集落の活性化、市民の健康づくりなど、さまざまな活動を行っております。また、産業界とも、りそな銀行との包括的連携協力協定の締結を始め、近隣都市約10カ所の商工会議所と連携し、相互の人的・知的資源の交流を促進・活用する企業交流会、技術発表会等を開催しております。
   これらの地域連携活動の一部には、教員の指導のもと、大学院生・学部生も参加しています。教育機関としての関西大学は、地域で活動する若い力を奨励し、これからの地域を支える人材の育成に努めております。
    大学との新たな連携の可能性をお考えで地域と大学スタッフとの橋渡しをお求めの方々は、地域との連携に関する本学の窓口である地域連携センターにぜひお越しください。

地域連携センター長 品川哲彦

地域連携センター長
品川哲彦

地域社会との連携の流れ

地域社会との連携の流れ