KANSAI UNIVERSITY

システム理工学部

現代社会の先端科学技術を支える幅広い視野と高い専門知識をもった人材を育成。 現代社会の先端科学技術を支える幅広い視野と高い専門知識をもった人材を育成。

電気電子工学及び情報工学は、現代社会を支え、発展させるための基礎となる学問です。そこで、本学科では両分野の観点から幅広い知識と技術を身につけ、社会に貢献できる人材を育成する教育・研究をめざします。まずは数学や物理学などをベースに、電気・電子系の演習を通じて、実践的な能力や応用力を育成します。また専門的な能力と併せて環境や自然に配慮し、倫理観を持って思考できる能力を養うためのカリキュラムを編成。3つのコースでは、それぞれの分野を中心的に学ぶ以外に、コース内容を横断的に学べる科目群も配置しています。

学びのスタイル

理工学研究科 システム理工学専攻
博士課程前期課程 1年次生
勝屋 亨介

研究テーマ

ウエアラブルセンサ

世界初のウエアラブル繊維が「2015トレたま年間大賞」で優秀賞を受賞。 世界初のウエアラブル繊維が「2015トレたま年間大賞」で優秀賞を受賞。

帝人株式会社と共同開発した「ウエアラブル繊維」が、テレビや新聞で何度も大きく取り上げられ、テレビ東京のワールドビジネスサテライト「2015トレたま年間大賞」では優秀賞を受賞。私たち学生も、研究成果をテレビで実演しました。「ウエアラブル繊維」とは折り曲げると電気を発生させる世界初の繊維です。生地にセンサが織り込まれ、着た人の動きを感知することで、ロボットに同じ動きをさせることができます。体の動きがそのまま連動するため、リハビリなどへの応用も可能です。展示会で、卓球やサッカーをさせてみせると「すごい!」と声が上がりました。素材に使っているのは、軽くて透明性があり、丸めたり伸ばしたりできて柔軟性もある、圧電性繊維。回路設計、通信システム、プログラミングなど、学生の力で企業との共同開発を実現させていきます。今後は大学院で引き続き今のテーマを究め、商品化するのが目標。学生一人ひとりの個性を把握したうえで指導してくださる先生のもと、ものづくりの最先端に精一杯取り組みたいです。

分野の異なる10社以上の企業とともに開発。大企業の担当者と接し、成長するチャンスです。

圧力を受けると電圧を発生させる圧電性ポリマーフィルムが世界的に注目を浴び、さまざまな分野の企業10社以上と連携して開発しています。学生は名だたる大企業の担当者とのやりとりを通して大きく成長し、未来を左右するデータを提供。そして「何でもやってみよう」という意欲と楽しむ力を発揮しています。学生にとってはチャンスに満ち、社会に出るステップを経験するメリットも多大です。

電気電子情報工学科
田實 佳郎 教授

学びのキーワード

【エネルギー&エレクトロニクス】
【ネットワーク&コミュニケーション】
【コンピュータ&インフォメーション】

授業Pick upはこちら

コース紹介

電気電子工学コース

電気回路、エネルギー、半導体デバイスなど多様な科目群を実践的に学び、電気電子の根幹となるさまざまな現象を理解し、応用力を身につけます。電気電子の知識だけでなく、広い視野の獲得にも力を注ぎます。

情報通信工学コース

通信工学、情報工学、電気工学、電子工学などについて、実験、実習を通じて体験的に学習します。通信方式だけでなく、通信用ハードウエアからソフトウエア、その応用といった広い範囲の技術・知識の習得をめざします。

応用情報工学コース

電気電子工学を基礎に、情報工学とコンピュータサイエンスを体系的に学習するコース。ハード、ソフトウエア両方を十分に理解し、先進的な情報処理システムの開発を行える、高度な情報処理技術者の養成を目標としています。

  • 放電型中性子源研究における放電

  • 電気自動車

  • 車両間通信実験

  • 3Dオーディオシステム

  • 指文字認識システム

  • 感性ロボットのソフトウェア開発

取得できる資格

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士
中学校教諭一種免許状〔数学・理科〕
高等学校教諭一種免許状〔数学・理科・情報・工業〕
司書、司書教諭、学芸員

所定単位を修得後、一定の実務経験を積むと資格を取得できるもの

電気主任技術者(一種~三種)

所定単位を修得すると試験が一部免除されるもの

第二種電気工事士、第一級陸上無線技術士
電気通信主任技術者

卒業時に受験資格が得られるもの

甲種消防設備士

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

電気電子情報工学科独自のホームページへ

このページの先頭へ