トピックス

HOME > トピックス > 教職員・学生によるFD/SD研修(第1回)を実施しました。

教職員・学生によるFD/SD研修(第1回)を実施しました。

2020年10月28日

教育開発支援センターでは、2020年10月26日(月)~1月18日(月)の間、2020年度FD/SD研修を開催しています。
本研修は、教職員そして学生が連携してこれから取り組むべき課題を発見し、社会の変革に対応しながら、時代に即した教育を展開できる能力を育成することを目的としています。

今年度のFD/SD研修は、「三者で考える関大の未来 ~大学教育のこれからを考える~」をテーマに【教員】【職員】【学生】がそれぞれの立場から、これからの大学の在り方について議論するPBL型ワークショップ(全5回+最終報告会)をオンライン(Zoom)で実施しています。

10月26日(月)に実施した第1回目のSD研修では、「関西大学の教育改革」と題して、教育開発支援センター長 関口理久子からマクロ(全学)・ミドル(学部)・ミクロ(授業)レベルのPDCAサイクルやコロナ禍での教育改革の取組等についてご講演いただきました。続いて「関西大学の学生支援」と題して、3つの学生対応部局(学生相談・支援センター事務G、学生生活支援G、キャリアセンター事務G)から業務概要と課題・今後の展望についてご講演いただきました。

次回(第2回)のFD/SD研修では、「これからのアクティブラーニングとは」と題して、教育推進部 三浦真琴教授に担当いただく予定です。

関口先生.png

関口先生によるご講演


受講中の様子.jpeg受講中の様子