トピックス

HOME > トピックス > 教職員・学生によるFD/SD研修(第5回)を実施しました。

教職員・学生によるFD/SD研修(第5回)を実施しました。

2020年12月21日

教育開発支援センターでは、2020年10月26日(月)~1月18日(月)の間、2020年度FD/SD研修を開催しています。
本研修は、教職員そして学生が連携してこれから取り組むべき課題を発見し、社会の変革に対応しながら、時代に即した教育を展開できる能力を育成することを目的としています。

今年度のFD/SD研修は、「三者で考える関大の未来 ~大学教育のこれからを考える~」をテーマに【教員】【職員】【学生】がそれぞれの立場から、これからの大学の在り方について議論するPBL型ワークショップ(全5回+最終報告会)をオンライン(Zoom)で実施しています。

12月21日(月)に実施した第5回目のFD/SD研修では、「授業設計と学習環境」と題して、教育推進部 岩﨑千晶准教授および多田泰紘特別任用助教から授業設計の要素(学習目標、教育内容・方法、評価方法)について解説いただくとともに、これからの学習環境を考えるうえでのアプローチの仕方等についてご講演いただきました。続いて、最終報告会に向けたグループワークを実施しました。

次回のFD/SD研修では、「10年後の関西大学をよりよくするためにー私たちにできる教育施策・学習環境改革案ー」と題して各グループから最終報告をしていただきます(学内関係者視聴可能)。詳細は教育開発支援センターWEBページにて別途ご案内いたします。

SD研修(iwasaki).png

第5回担当教員の岩﨑先生