KANSAI UNIVERSITY

  • HOME
  • 地域連携センター

地域連携センター

地域連携の活動

関西大学地域連携センターは、2005年4月1日発足しました。
本センターでは、地域との連携に関する本学の窓口としての役割を果たすと同時に、地域連携に関するノウハウの蓄積、連携活動の具体化を図ります。
また、教育・研究に加え、大学の第三の使命である、「社会貢献」の推進のため、教育・研究の成果を産業界、地域、自治体と連携して、広く社会に還元していきます。


『地域連携ポリシー』

  1. 自治体などを介して、地域社会と本学との教育研究の協働を実現することを通じて、地域社会の課題を解決することを目的とする。
  2. 地域連携を活発化することで、本学の教育研究活動の高度化を促進する。
  3. 持続的な事業の展開を実現するとともに、教育研究に関わる連携事業の成果を蓄積する。
  4. 地元大阪・関西地区において、長年にわたり教育研究活動を積み重ねる本学の地域性を発揮する。
  5. 総合大学としての強みを生かし、多様な考え方や価値観から生じる課題を有する、地域社会のニーズに対応する。
  6. 関西大学をハブとして、地域社会からグローバル社会における多様な主体間の連携を創造し、高等教育研究機関としての責を果たす。