KANSAI UNIVERSITY

システム理工学部

機械工学科 授業Pick up 機械工学科 授業Pick up

機械工学入門(実技) 機械工学入門(実技)

機械工学を専門的に学ぶための導入科目です。応力とひずみの関係、等加速度直線運動、比熱とエネルギーの保存、流体の圧力など、基本的な物理現象について、実験を通して理解を深めます。また、エンジンの分解や組立に取り組み、エンジンの構造や2サイクルエンジン機構について学びます。実技を通して、実験を行うための能力やレポートをまとめる能力、機械工具の使い方などを身につけることも、この講義の狙いです。

材料力学I(演習含) 材料力学I(演習含)

材料力学は構造部材の形状や寸法と外力に関する機械的・力学的性質を扱う学問で、部材の強さや変形を調べて安全かつ合理的な強度設計を行うために重要な工学分野の一つです。この授業では、材料内部に生じる面積当たりの力である応力の向きや大きさと分布状況や、はり部材に外力が作用したとき生じる曲げ応力とたわみ、さらに、ねじりが作用する棒・軸の変形や応力の分布状態などについて学びます。

制御工学 制御工学

自動制御の基盤となるフィードバック制御について学習します。制御系を構成する個々の要素と制御系全体について、時間領域と周波数領域における動的挙動を解析する能力を養成します。また、制御系がどのような要素で構成されているかを表す図を構築する力や、制御系の応答特性や制御特性の評価を行う能力を身につけます。さらに制御系の安定性を解析する手法や制御系を設計するための理論的手法なども学びます。

超精密加工学 超精密加工学

電子・光学製品をはじめとする各種製品や構成要素部品の高機能化、マイクロ化にともない、要求される加工精度もサブミクロンからナノメータ・オーダになってきています。こうした加工を実現するための技術の一つが超精密加工です。この授業では、超精密加工を評価するための基本的事項や加工原理・原則などを学びます。また、超精密加工の現状や動向についても理解を深めます。

伝熱工学 伝熱工学

伝熱工学は熱の伝わり方に関する学問で、身近な現象や機器に直結する工学です。とくにエネルギーや環境の問題が重要となっている現在では、高性能・高効率の機器の開発、運用が強く求められており、伝熱工学の重要性が高まっています。この授業では、熱移動の三形態である熱伝導、対流伝熱、放射伝熱や、伝熱計算に必要となる基本的な用語、エネルギー保存式などについて学びます。

このページの先頭へ