関西大学 国際文化財・文化研究センター


平成25年度(2013年度)に関西大学において「国際文化財・文化研究センター」(Center for the Global Study of Cultural Heritage and Culture, CHC)が設立されました。このプロジェクトは、文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業で「国際的な文化財活用方法の総合的研究」が採択されたことを受けたもので、平成29年度 (2017年度)までの5年間の計画で研究を始めています。

関西大学では、すでに2008年度から2012年度まで文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業から助成を受けて「文化財の保存修復、技術開発と活用の研究-エジプトを中心にして」というプロジェクトを「文化財保存修復研究拠点」(ICP)にて行い、成果をあげてきました。今回のプロジェクトは、その成果を受けて、新たなプロジェクトとして始まったものです。

この新たなプロジェクトでは、(1)エジプト学・エジプト社会グループ、(2)文化財修復グループ、(3)国際文化グループ、(4)科学技術グループの4つのグループで、文化財の保全と活用のために文理融合型で国際的な研究を推進します。4つのグループの研究者は、エジプト学者や現代エジプト社会の研究者、文化財修復の研究者、異文化の研究を行う人文学研究者、地盤・建築工学、分析化学、微生物学、高分子化学、マルチメディア工学などの理工系研究者が日本、エジプト、ポーランドから加わり、共同して、国際的な文化財の保全と活用のセンターの形成を目指しています。

「国際文化財・文化研究センター」は、文化財の研究を推進するにとどまらず、若手研究者の育成や社会教育活動も大きな目的としており、文化財の修復技術を学ぶ講習会やエジプト学の専門的知識を学ぶ講習会を実施します。また、文化財の保全と活用のための文理融合型の総合的なアプローチの確立を目指し、各種のシンポジウムやワークショップを開催する予定です。

What's New!

More News

2016/8/2

研究活動を更新しました。

2016/6/13

「エジプト学研究セミナー」のご案内

「エジプト学研究セミナー」の詳細が決定いたしましたので、お知らせいたします。

当センターでは、2016年7月31日(日)に「エジプト学研究セミナー」を開催します。

このセミナーでは、日本のエジプト学研究の第一線でご活躍されている研究者をお招きし、古代エジプトの各時代にテーマを絞った研究をお話し頂く予定です。 本格的なエジプト学研究の入り口となるような内容の講義となりますので、古代エジプトの歴史や文化に強い関心をお持ちの方は、ふるってご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

皆さまのご参加をお待ちしています。

2016/5/17

「エジプト学研究セミナー」開催のお知らせ

当センターでは、2016年7月31日(日)に「エジプト学研究セミナー」を開催します。

このセミナーでは、日本のエジプト学研究の第一線でご活躍されている研究者をお招きし、古代エジプトの各時代にテーマを絞った研究をお話し頂く予定です。 本格的なエジプト学研究の入り口となるような内容の講義となりますので、古代エジプトの歴史や文化に強い関心をお持ちの方は、ふるってご参加ください。

講演予定者は以下の通りとなります。

「初期王朝時代」 中野智章 (中部大学国際関係学部)
「古王国時代」 吹田浩 (関西大学国際文化財・文化研究センター/関西大学文学部)
「新王国時代」 河合望 (金沢大学国際文化資源学研究センター/早稲田大学高等研究所)
「第3中間期/後期王朝時代」 藤井信之 (関西大学国際文化財・文化研究センター)

各講義の詳細な題目とプログラムについては、後日お知らせいたします。

2016/4/19

「中期エジプト語講座 初級」のご案内

当センターでは、2016年5月28日(土)・6月4日(土)・6月11日(土)・6月18日(土)に「中期エジプト語講座 初級」を開講します。

この講座では、古代エジプト語の基礎となる「中期エジプト語」の文法を基本から習得することができます。

社会人・学生の方でエジプト語に興味のある方は、ぜひご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

2016/3/15

「イスラーム教と他宗教の共存およびイスラーム教宗派間の共存」のご案内

当センターは現在、研究のためエジプトからアズハル大学のイスラーム学者、マジェッド・ナフス氏を招聘しております。それに伴い、2016年3月24日(木)に以下のタイトルでイスラーム教についての様々なお話しをして頂きます。

「イスラーム教と他宗教の共存およびイスラーム教宗派間の共存」

日時:2016年3月24日(木)13:00-14:30
場所:関西大学国際文化財・文化研究センター 多目的室(総合研究室棟2階)

イスラーム研究の著名な研究者であるマジェッド氏との質疑応答もありますので、イスラームについての素朴な疑問をお持ちの方をはじめ、多くの方々のご参加をお待ちしております。

2016/2/1

国際シンポジウムのお知らせ

当研究センターでは、2016年2月27日(土)から28日にかけて、国際シンポジウム「世界の文化財保護-地域に根ざした活動と課題-」を開催します。

本シンポジウムでは、エジプト、バハレーン、ポーランド、シリア、中国の文化財保護の専門家を迎え、エジプト、サッカラの文化財および他国の文化財保護の現状や最新の動向について紹介し、議論を行います。

シンポジウムのプログラムは以下の通りとなります。

2月27日(土) 「エジプト文化財修復の成果と課題」
10:00- 開会の挨拶
10:10-11:00  「サッカラ地域の壁画群-イドゥートの事例にみる問題とその解決-」
アフメド・シュエイブ、アーデル・アカリシュ
11:00-11:50 「イドゥートの地下埋葬室での保全作業-母岩の強化-」
伊藤淳志、西形達明、鶴田浩章、中村𠮷伸
11:50-12:10 「サッカラにおける修復のためのデジタル・アーカイブ」
安室喜弘
12:10-13:10 休憩
13:10-13:50 ポスターセッション
13:50-14:20 「サッカラの遺跡群とそれらが抱える問題点」
サブリ・ファラグ
14:20-14:50 「サッカラにおける聖なる動物の墓」
ハムディ・アミン
14:50-15:35 「セラペウム-現実とクレームのはざまの修復作業-」
モスタファ・アブデルファッターハ
15:35-16:20 「階段ピラミッドの保存と修復に関する検討」
アシュラフ・ユーセフ
16:30~ 17:30 パネルディスカッション

2月28日(日) 「各国の文化財保護の現状と国際的なかかわり」
10:00-  開会の挨拶
10:10-10:50 「ポーランドの壁画」
ラファオ・クーン
10:50-11:30 「バハレーンの考古遺産」
サルマン・アルマハーリ
11:30-12:10 「シリアの文化遺産の悲劇-現在の状況とこれから-」
ユーセフ・カンジョウ
12:10-13:30 休憩
13:30-14:10 ポスターセッション
14:10-14:50 「敦煌石窟壁画の修復材料および技術」
蘇伯民
14:50-15:30 「大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC)の人材育成のための国際協力事業」
松田泰典
15:30-16:00 ベリーダンス演舞
(関西大学ベリーダンスサークル Belly Divas)
16:00-17:30 パネルディスカッション 閉会の挨拶

会場:関西大学大学院棟 尚文館1階 マルチメディアAV教室
同時通訳あり
セミナーへの参加は予約不要・無料となっております。

エジプト学やエジプト文化財の修復に関心をお持ちの多数の方の参加をお待ちしております。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。

2016/1/26

国際シンポジウムのご案内

2016年2月27日(土)・28日(日)に、関西大学にて、当研究センター主催の国際シンポジウム「世界の文化財保護~地域に根ざした活動と課題~」を開催いたします。
シンポジウムでは、エジプト、サッカラの文化遺産と他国の文化遺産の保護に関する現状、最新の動向などについて紹介し、議論を行う予定です。

「世界の文化財保護~地域に根ざした活動と課題~」
日時:2016年2月27日(土)・28日(日)
場所:関西大学大学院棟
尚文館1階 マルチメディアAV大教室
※事前申込不要

シンポジウムのポスターはこちらをご覧ください。

2016/1/23

「第2回 エジプト学・文化財研究セミナー」プログラム変更のお知らせとお詫び

本日1月23日(土)および24日(日)開催の「第2回 エジプト学・文化財研究セミナー」について、プログラムの変更とお詫びを申し上げます。
1月24日(日)10:40~12:10に予定しておりましたムスタファ・カリーファ氏の講演ですが、やむをえない事情により、ムスタファ氏が急遽帰国の途につかれる予定となり、ムスタファ氏の講演は中止となりました。
その他の講演につきましては、プログラムの通りとなります。
直前のプログラム変更となったことを深くお詫び申し上げます。

2016/1/19

当研究センターでは、2015年12月12日(土)から2016年1月9日(土)にかけて、全3回の集中講座「中期エジプト語講座 中級」を開講いたしました。

当研究センター長の吹田浩氏(エジプト学・エジプト社グループ)が講師を務め、「シヌへの物語」や「雄弁な農夫の物語」といった古代エジプトの文学作品に対して、初級で身に着けた知識を基にして文章を読み進めるとともに、当時の文化や社会をうかがうことができました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/12/22

「平成27年度 文化財保存修復セミナー」のご案内

当研究センターでは、2016年2月20日(土)から2月26日(金)にかけて、平成27年度 文化財保存修復セミナーを開講いたします。
本セミナーでは、文化財に興味や関心をお持ちで、文化財科学を中心に国際協力などを多面的に学びたいという方に向けて、文化財の修復や保全の第一線で活躍している研究者・技術者など一流の専門家を講師としてお招きし、本格的な講義を行います。今回のセミナーでは、取り扱う分野を前年度からさらに広げ、現場講義や修復作業の基本となる簡単な実習も行います。
学生や社会人の方でさらに深く文化財の修復や保全について学びたい方、既に文化財に携わる職にある方で、あらためて総合的に学びたい方は、この機会に是非ご参加ください。

セミナーの詳細や応募については こちら をご覧ください。

2015/12/11

「第2回 エジプト学・文化財研究セミナー」のご案内

当研究センターでは、2016年1月23日(土)から24日(日)にかけて、「第2回 エジプト学・文化財研究セミナー」を開催いたします。このセミナーでは、カイロ大学考古学部の研究者8名による、エジプト学とエジプト文化財保存についての研究報告を行います。来日する予定の研究者は以下の通りです。

開催日時:
1月23日(土) 保存修復
①10:40-12:10 サルワ・ガードエルカリーム
「考古資料としてのガラスの劣化と保存に関する一研究」
②13:00-14:30 ワフィーカ・ノスヒー・ワフバ
「パピルス紙と写本資料の保存処置」
③14:40-16:10 エルサイード・マフムード・エルバンナ
「国際憲章と国際会議における歴史地区の保存」
④16:20-17:50 ゴマー・アブデルマクスード
「考古資料としてのミイラの保存処置を目的とした実験と応用研究」

1月24日(日) エジプト学
①10:40-12:10 ムスタファ・カリーファ
「先史およびエジプト初期王朝時代の狩猟場面」
②13:00-14:30 ザケーア・ザキ・ガマールッディーン
「王家の示威行為とその歴史的背景」
③14:40-16:10 スライマーン・エルワヘリー
「古代メソポタミアの円筒印章に見る神へのとりなしの祈り」
④16:20-17:50 モハセン・ネグメルディーン
「エジプトの軍事会議―ヒクソス時代、トトメス3世時代、ラメセス2世時代―」

会場:関西大学国際文化財・文化研究センター 実験・講習室
使用言語:英語
セミナーへの参加は予約不要・無料となっております。

エジプト学やエジプト文化財の修復に関心をお持ちの多数の方の参加をお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/11/20

2015年6月に、日本防菌防黴学会の創立40周年を記念して、『菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝!防菌・防カビの新常識』(日本防菌防黴学会編、化学同人)が出版されました。

本著には、当研究センターの土戸哲明氏(科学技術グループ)、高鳥浩介氏(科学技術グループ)らも執筆協力しています。

2015/11/20

当研究センターでは昨年度に引き続き、2015年10月10日(土)から11月7日(土)にかけて、全4回の集中講義「中期エジプト語講座 初級」を開講しました。

当研究センター長の吹田浩氏(エジプト学・エジプト社会グループ)が講師を務め、2015年12月から開講予定の「中期エジプト語講座 中級」に向けて、中期エジプト語の基礎について講義が行われました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/11/6

国際シンポジウムのご案内

2016年2月27日(土)から28日(日)に、関西大学にて、当研究センター主催の国際シンポジウム「世界の文化財保護~地域に根ざした活動と課題~」を開催いたします。
シンポジウムでは、エジプト、サッカラの文化遺産と他国の文化遺産の保護に関する現状、最新の動向などについて紹介し、議論を行う予定です。

「世界の文化財保護~地域に根ざした活動と課題~」
日時:2016年2月27日(土)、28日(日)
場所:関西大学大学院棟
尚文館1階 マルチメディアAV大教室
※事前申込不要

シンポジウムのポスターはこちらをご覧ください。

2015/10/22

2015年10月17日(土)から18日(日)に、北海道大学にて日本オリエント学会第57回大会が開催され、当研究センター長の吹田浩氏(エジプト学・エジプト社会グループ)が「関西大学国際文化財・文化研究センターの活動」というタイトルでポスター発表を行いました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/10/9

浜本隆志氏(国際文化グループ)が2015年9月に、『欧米社会の集団妄想とカルト症候群』(編著、明石書店)を出版しました。

本著には、当研究センターの柏木治氏(国際文化グループ)、森貴史氏(国際文化グループ)らも分担執筆しています。

2015/10/8

「中期エジプト語講座 中級」のご案内

当センターでは、2015年12月12日(土)、19日(土)、2016年1月9日(土)に、「中期エジプト語講座 初級」を受講した方や古代エジプト語の学習経験がある方を対象として、全3回の「中期エジプト語講座 中級」を開講します。

この講座では、「シヌヘの物語」や「雄弁な農夫の物語」などの文学作品の読解を行う予定です。

社会人・学生の方で関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/10/2

2015年9月20日(日)に関西大学で日本物理学会2015秋季大会市民科学講演会「科学技術と私たちのくらし」が開催されました。

当研究センターからは、センター長の吹田浩氏(エジプト学・エジプト社会グループ)が講演「古代エジプト文明の技術」を行いました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/10/2

2015年9月、バハレーン王国にて「2015年度バハレーン調査」を実施しました。

この調査では、バハレーンの様々な時代の遺跡や神殿を数多く見学し、それぞれの文化財の現状や活用状況を実見しました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/10/2

2015年8月、エジプト・サッカラにて「2015年度エジプト現地調査」を実施しました。

この調査では、前回の調査でおこなった薬剤試験の結果の確認や、現地の修復家との議論を中心とした活動に取り組みました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/9/18

2015年9月14日(月)から16日(水)にかけて、関西大学にて、国際シンポジウム「イスラムと国際社会」が開催されました。

16日(水)には、当センター長の吹田浩氏(エジプト学・エジプト社会グループ)が、2011年のエジプト革命やそれ以後のエジプト情勢、革命が文化財へ与えた影響などについて報告を行いました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/9/14

特別講演のご案内

当センターでは、2015年9月18日(金)に、ハーニー・アボエルアズム氏(エジプト考古省外国隊部門、パーマネント・コミッティー総局長)による特別講演「エジプトにおける近年の考古学の発見」を開催いたします。

「エジプトにおける近年の考古学の発見」
日時:2015年9月18日(金) 10:30-12:00
場所:関西大学国際文化財・文化研究センター 実験・講習室(総合研究室棟2F)
使用言語:英語のみ
※事前申込不要

詳細はこちらをご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2015/9/1

2015年8月26日(水)から29日(土)にかけて、「2015東アジア文化遺産保存国際シンポジウム in 奈良」が開催されました。

このシンポジウムは、東アジア地域における文化遺産保存修復技術の向上と、文化的・歴史的背景を共にする東アジア地域の文化的交流を目的として開催されました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/8/7

2015年7月29日(水)から31日(金)まで、当センター研究員の澤田正昭氏(文化財修復グループ)が集中講義「文化財科学研究A」の前期講義を行いました。

講義では、文化財科学の概要や保存修復に関する基礎知識を学び、文化財および文化遺産の保存と活用に関する理解を深めることを目的に、多くの事例と最新の動向が紹介され、みな興味深く講義を受けました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/7/27

国際シンポジウム「イスラムと国際社会」のご案内

2015年9月14日(月)から16日(水)に、関西大学主催の国際シンポジウム「イスラムと国際社会」が開催されます。
3日目の16日(水)には、当研究センター長の吹田浩氏(エジプト学・エジプト社会グループ)、ハーニー・アフマド氏(エジプト考古省外国隊部門、パーマネント・コミッティー総局長)、前田耕作氏(和光大学)による報告「世界遺産および文化遺産の保護」が行われます。

日時:2015年9月14日(月)~16日(水) 13:00-18:00
場所:関西大学 千里山キャンパス
尚文館1階 マルチメディアAV大教室
使用言語:日本語および英語(同時通訳つき)

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/7/15

「東アジア文化遺産保存国際シンポジウムのご案内」

2015年8月26日(水)から29日(土)に、「2015東アジア文化遺産保存国際シンポジウム in 奈良」が開催されます。

このシンポジウムでは、日本、中国、韓国を中心とした東アジアの文化財保存修復の専門家が集まり、最新の調査研究成果の発表と討議を通じての文化交流が行われます。
専門家会議や日本人専門家修理現場見学会、外国人専門家エクスカーションに加えて、
8月29日(土)には一般公開講演会も行われます。

詳細は「2015東アジア文化遺産保存国際シンポジウム in 奈良」のホームページをご覧ください。

シンポジウムのリーフレットはこちらからもご覧いただけます。

文化遺産や保存修復、異文化理解にご関心をお持ちの方は、この機会に是非ご参加ください。

2015/7/8

「中期エジプト語講座 初級」のご案内

当センターでは、昨年に引き続き「中期エジプト語講座 初級」を開講します。

この講座では、古代エジプト語の基礎となる「中期エジプト語」の文法を基本から習得することができます。また、今年度の冬に開講される「中級」講座の基礎固めにもなります。

社会人・学生の方で関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/5/25

2015年5月25日(月)より、当センターホームページにて、「エジプトの文化財」を掲載しています。本ページでは、エジプトの文化財が晒されている現状や、文化財に関するコラムなどを、普段日本語にはなかなか翻訳されにくいアラビア語の記事の要約を通じて、紹介していきます。

エジプト学に興味のある方、文化財の保存について学んでいる方、学ぼうとされている方に向けて、ありのままのエジプトの文化財の現状をお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/4/22

2015年4月22日(水)、当センターHPに新しく、文化財・文化遺産に関するニュースや情報をお知らせするページ「文化財の現在(いま)~発見、保存・修復そして破壊、世界の文化財に今、何が起きているのか~」をつくりました。国内国外における文化財・文化遺産に関する様々なニュース、ユネスコなど国際機関の活動の紹介、また文化財・文化遺産に関する学会やシンポジウム、研究会などの情報をご紹介したいと思います。

文化財保護に興味のある方、これから文化財のことを勉強したいと考えている方に、もっと関心をもっていただけるような記事をピックアップしていきますので、ぜひご覧ください。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/3/23

2015年3月18日(水)、当センターは講演会「シリアの文化財とその現状 2015」を行いました。
本講演会では、シリア・アレッポ国立博物館前館長ユーセフ・カンジョウ氏をお招きし、現在シリアの文化財が置かれている状況、並びにそれらの保存・修復に向けてどのような取り組みが行われようとしているのか、といった詳細をお話しいただき、講演会後は熱い議論が交わされました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/3/3

講演会のご案内

当研究センターでは、シリア・アレッポ国立博物館前館長のユーセフ・カンジョウ氏をお招きし、講演会を開催いたします。

「シリアの文化財とその現状 2015」
日時:平成27年3月18日(水) 13:00-14:00
場所:関西大学国際文化財・文化研究センター 実験・講習室(総合研究室棟2F)
使用言語:英語のみ
※参加申込不要

詳細はこちらをご覧ください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2015/3/2

2015年3月1日(日)に当センターは、公開シンポジウム「天空の古代都市『マチュピチュ遺跡』を護れ」を開催しました。ペルーからマチュピチュ遺跡保護管理の専門家、ピエダッド・チャンピ氏とグラディス・ファルパリマチ氏をお招きし、マチュピチュ遺跡に関する最新の研究成果の報告を行いました。
あわせて、当センターのメンバーを含む日本人研究者が現地での研究成果を発表し、その後、ペルーと日本の研究者によるパネルディスカッションが行われ、世界遺産マチュピチュの今後あり方を巡って活発に議論しました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/3/1

当センターでは昨年度に引き続き、「文化財保存修復セミナー」を2015年2月22日(日)から3月1日(日)にかけて開催しました。
文化財関係を学ぼうとする大学生や文化財保護に強い関心を持ち、学ぼうとする一般社会人の方々を対象に、既に現場で活躍している研究者や技術者など、一流の専門家を講師陣に迎えて講義が行われました。今年は、新たに簡単な実習も行われ、実践的なセミナーとなりました。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/1/30

2015年1月28日(水)から1月30日(金)にかけて、関西大学大学院にて、当センター研究員の沢田正昭氏(文化財修復グループ)が集中講義「文化財科学研究」(秋学期)を行いました。
この講義は、文化財の保存修復に関する自然科学的な基礎知識を学び、保存修復の実例から、保存修復技術への応用についての理解を深めることを目的としています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015/1/17

当研究センターでは、2014年12月13日(土)から2015年1月17日(土)にかけて、全4回の「中期エジプト語講座 初級」の集中講義を開講しました。
当研究センター長の吹田浩氏(エジプト学・エジプト社会グループ)が講師を務め、中期エジプト語の基礎知識について講義を行いました。

詳細はこちらをご覧ください。